1: 2015/07/01(水) 07:03:49.53 ID:???.net
2015年06月30日 19:01 発信地:モスクワ/ロシア
【6月30日 AFP】ロシア宇宙庁(Roscosmos、ロスコスモス)は30日、国際宇宙ステーション(ISS)の現船長(コマンダー)を務めるロシアの宇宙飛行士ゲナディ・パダルカ(Gennady Padalka)氏(57)の累積宇宙滞在時間が803日に達し、新記録を打ち立てたと発表した。

ロスコスモスの報道官はAFPに「記録は公式なものだ。ゲナディ・パダルカ氏は宇宙で最も長い時間を過ごした人物になった」と述べた。
今月21日に57歳の誕生日を迎えたばかりのパダルカ氏は、旧ソ連時代に軍のパイロットとして訓練を受け、1998年に初めてロシアの宇宙ステーション「ミール(Mir)」の一員として宇宙空間へ出た。

続きはソースで

ダウンロード (2)

(c)AFP

画像
http://www.afpbb.com/articles/-/3053248?act=all
カザフスタンにあるロシアのバイコヌール宇宙基地で宇宙服を試着する露宇宙飛行士ゲナディ・パダルカ氏(2015年3月15日撮影)。(c)AFP

引用元: 【宇宙】露飛行士のパダルカ氏、累積宇宙滞在時間で新記録

スポンサーリンク
2: 2015/07/01(水) 07:33:25.81 ID:ElZHJYWW.net
骨スカスカじゃないかと心配です

ところで人類はいつニュータイプになるのでしょう

10: 2015/07/01(水) 08:43:38.44 ID:VshgzGAi.net
>>2(;゚Д゚)<あああああああああーーー



(´・ω・`)骨の事言われちゃった・・・ショボーン

3: 2015/07/01(水) 07:49:27.59 ID:zcZAsd1x.net
宇宙飛行士ってUFO見まくってるのかな?
宇宙空間にはうようよいそうUFFO

4: 2015/07/01(水) 07:50:10.61 ID:FRYLzLYB.net
骨筋肉だけじゃなく
横隔膜・・肛門などのヘルニアもこわい

5: 2015/07/01(水) 07:58:41.89 ID:vEAedoi8.net
リンとカルシウムの比で骨密度がきまる。
それは運動や重力の影響でもリンの過剰状態で発生するのが主原因である。

食品を長持ちさせる為にほとんどの食品にリン酸化合物が大量にはいっている。
体内でATPが作られないとリンが余りカルシウム余る、また血液中のCO2濃度が
有酸素運動や過呼吸などでアルカリ性に傾かないとカルシウムは血管に溶け出し
代謝されてしまう。リンが多いとこれが過剰に発生する。
リンの添加物を完全に排除するしかない、リンが入っていない食品などほとんど
なく、リンの必要量以下の状態にするのは事実的に不可能である。

6: 2015/07/01(水) 08:09:24.01 ID:3zrvXZy4.net
ジャミラ候補生

9: 2015/07/01(水) 08:36:39.28 ID:7g9cIN60.net
宇宙で引きこもりなの?

12: 2015/07/01(水) 09:46:41.95 ID:bQ91gLE/.net
宅急便とネット通販が使えるなら俺でも出来る

13: 2015/07/01(水) 16:02:18.81 ID:a6qXAbqd.net
骨の話題が出てるけど
最近では骨粗鬆症の治療薬のおかげで骨密度の低下はマシになったらしい

15: 2015/07/01(水) 19:25:10.55 ID:MI5pR9qo.net
1000日くらい住んでるとタコ星人になれるかも。

17: 2015/07/03(金) 06:44:08.80 ID:XvdniyQg.net
住民票移してないと住んでたことにならないだろ

19: 2015/07/05(日) 02:08:24.16 ID:QOXhdnd8.net
脳の血流が良くなって灰白質が肥大してたりせんかな

18: 2015/07/04(土) 13:46:37.25 ID:A9gMChmz.net
ゲナディ・パダルカさん、骨粗しょう症が進んで骨がスッカスカだろうな

20: 2015/07/08(水) 00:15:06.01 ID:6rG6i9qs.net
運動器具も発達したので、ほとんど骨密度の低下はないよ。いまは。

7: 2015/07/01(水) 08:14:07.62 ID:1NJd8xZY.net
進化してそうだ いや退化か