1: こたつねこ◆AtPO2jsfUI 2014/03/13(木)14:14:49 ID:SdtfBUDEg

北大、アレルギー応答を調節する新たな細胞内タンパク「STAP-2」を発見

北海道大学(北大)は3月12日、花粉症や喘息、じんましんなどに代表されるアレルギー応答を調節するマスト細胞内タンパク「STAP-2」を同定したと発表した。

同成果は、同大大学院薬学研究院の関根勇一 助教、同 今重之 助教、同 室本竜太 助教、同 硎澄仁氏、同 齋藤浩大氏、同 松田正 教授、理化学研究所 統合生命医科学研究センターの西田圭吾氏、山崎哲氏、柏倉淳一氏、慶應義塾大学医学部の吉村昭彦 教授、大阪大学大学院医学系研究科の織谷健司 准教授らによるもの。
詳細は免疫分野の学術誌「The Journal of Immunology」に掲載された。

日本では人口の約3人に1人がなんらかのアレルギー疾患に罹患していると推定されており、その対策に向けた研究が進められている。近年の研究から、発症メカニズムや悪化因子などの解明が進められているものの、まだ完全に解明されたという段階には至っておらず、治療の中心は抗原(アレルゲン)からの隔離をはじめとした生活環境の確保と抗アレルギー剤、抗炎症剤などの薬物療法による長期的な対症療法となっているのが現状だ。

また、ハチ毒や食物、薬剤に対して全身性に起こる即時型アレルギー応答である「アナフィラキシーショック」は、抗原(アレルゲン)の体内への侵入によりIgE抗体を介してヒスタミンなどの化学伝達物質が放出され、皮膚や呼吸器などの臓器が急速に障害される状態となり、最悪の場合、血圧の急速な低下による急性呼吸不全を引き起こし、生命を脅かすこともある。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://news.mynavi.jp/news/2014/03/13/196/

マイナビニュース 2014/03/13


2: 名無しさん 2014/03/13(木)14:16:07 ID:Nj2hrjT0l

悪いことは言わないからやめとけ


3: 名無しさん 2014/03/13(木)14:21:49 ID:Nj2hrjT0l

ソース読んでなかった・・・全くの別物なのね
ただ別の名前にした方がいいんじゃないですかね?
風評被害が酷いことになりそう


5: 名無しさん 2014/03/13(木)17:00:34 ID:8ZhCXNHK0

すたああああああぷ(AA略


6: 一般人♪ 2014/03/13(木)17:06:39 ID:td7P0MzNz

紛らわしいんだが…
ごっちゃになりそう!!


7: 名無しさん 2014/03/13(木)17:30:19 ID:nZYKcoGb7

これは期待しても大丈夫なんだろうね


引用元: 【科学】北大、アレルギー応答を調節する新たな細胞内タンパク「STAP-2」を発見