1: こたつねこ◆AtPO2jsfUI 2014/04/01(火)11:57:32 ID:FVQt3LieZ

医学部新設で「現場の医師が減る」 厚労系議員が反発

自民党は31日、日本経済再生本部などの合同会議を党本部で開き、政府の国家戦略特区について、関係省庁の説明を受けた。東京圏での大学医学部新設構想に対し、厚生労働部会の議員らから「医学部の教員確保のために現場の医師が減る」などと反発が相次いだ。

ただ、塩崎恭久本部長代行は記者団に「昨日、今日始まった話ではないので、方向性としては変わらない」と構想を大筋で容認する姿勢を強調した。一方で「上手な説明をして納得してもらわなければ前には進めない」とも述べ、再度会議を開き、意見集約する考えを示した。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140331/plc14033122250014-n1.htm

MSN産経ニュース 2014.3.31 22:23



スポンサーリンク
2: 名無しさん 2014/04/01(火)15:11:23 ID:OhMIVXKLz

そりゃあなあ。
少なくとも全科をまんべんなくそろえた付属の大学病院が最低一つは必要だし、
それだけで医師、看護師、各種技師、それに見合った設備など莫大な人数と費用がかかる
ポストを用意すれば確かに教授クラスは集まるだろうがその下につく中堅医師は集まらないだろうな。メリットないもん
それだけ中堅で、臨床も教育も研究もまんべんなくできる、地方の病院なら中心になるくらいのレベルの人材が大量に必要となる。

それだけやっても出来るのは新設の教育実績のない私立大学。
今時の私立医大は偏差値が下落し続けている。そりゃそうだ。今時高い学費払って医者になるメリットなんてないし、
そもそも親世代が貧乏なんだからそんな金出せない。
医学部の学費と学生の質は反比例する傾向にあるから補助金を超大量に入れて学費を安くしないと教育に多大な負荷がかかることになる。
奨学金を入れて学費を安くしても将来、行き先の決まった枠に集まる連中は劣悪。
それでうまくいくなら駅弁医学部の地域枠はもっとまともな物になっている。
そもそも医学部の教員の職務体系が「学生は放置気味にしても勝手に勉強する物である」という前提に立っているので良質な教育を学生に提供出来ない。

今年の帝京大学の国試合格率なんて64%だぜ?馬鹿は所詮馬鹿。6年間、試験でふるい落としてノウハウを持った教育をほどこしてそれでもこの結果だ。
ましてや教育の実績が全くないスタッフがどこまでできるか。そこまでやっても彼らが曲がりなりにも使えるようになるのは10年後。
医療需要が一番ある時期に一番脂ののったスタッフを引き抜いて、需要が一段落過ぎてから人が少し増えるわけだ。

これって誰得?


3: 名無しさん 2014/04/01(火)15:18:51 ID:kik3JPrWJ

とりあえず小児科と産婦人科どうにかしようぜ


4: 名無しさん 2014/04/01(火)15:26:21 ID:OhMIVXKLz

>>3
産科はなあ・・・もう終わった問題、としか言い様がないな。
まず男が集まらない。男が行くと人生破滅。
理由は女医が多いのに彼女らはきつい所は請け負いたがらないから男の医者にその分の負担が集中する。
加えて産婦人科の引退先として婦人科クリニック開業があるが、これが女性じゃないとほぼ成功しない。
だから男が主戦力なのにそこに集中的に負荷が行き、しかも休む場所もないって言う構造になってる。
さらにきつい仕事は訴訟も多い上にトンチンカンな裁判官のせいで理不尽な敗訴も多く・・・
はっきり言って改善出来る点が見当たらない。

小児科はこれまた女医さんが多いが地味に響いているのは需要の低下だな。
特殊な事例で完璧な対応が求められるのももちろんだが、若年層が少なくなっているので小児が常にいる場所が少なくなっている。
だから長期的な視野を持って一所にいることもできない。
しかも小児はもれなく意思疎通不可能、体調も崩しやすいために難しい。
内科とも以外に接点がないのでつぶしもきかない。そういう理由できつい。


5: 名無しさん 2014/04/01(火)18:39:46 ID:sB0qDr5OS

現状はともかく、20年後を見据えてるならええとおも


引用元: 【政治】医学部新設で「現場の医師が減る」と厚労系議員が反発[14/03/31]