1: 2015/07/14(火) 12:24:30.77 ID:???.net
恐竜:国内初の大型ティラノサウルス科 長崎で歯の化石 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150714k0000e040154000c.html

画像
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20150714k0000e040159000p_size8.jpg
長崎市の三ツ瀬層から発見されたティラノサウルス科の大型種のものとみられる歯の化石=福井県勝山市の県立恐竜博物館で2015年7月13日、村山豪撮影
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20150714k0000e040163000p_size8.jpg
ティラノサウルス科に属するティラノサウルスのイメージ画像=山本匠さん提供
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20150714k0000e040164000p_size8.jpg
タルボサウルスのイメージ画像=山本匠さん提供


 福井県立恐竜博物館(同県勝山市)と長崎市は14日、長崎市の長崎半島西海岸に分布する白亜紀後期(約8100万年前)の地層「三ツ瀬層」から、ティラノサウルス科の獣脚類(肉食恐竜)の大型種のものとみられる歯の化石2点が見つかったと発表した。歯の大きさから体長は10メートル前後と推測される。ティラノサウルス科の大型種の化石は北米やアジアで多数見つかっているが、国内では初めてという。

 恐竜博物館によると、長崎市との共同調査で昨年5月に発見した。1点は先端から歯根部の長さが8.2センチ、歯冠基部(根元)は最大幅が3.8センチ、厚さが2.7センチ。保存状態が良く、水平断面は膨らみのある楕円(だえん)形。歯の形状や大きさが、北米のティラノサウルスやアジアのタルボサウルスなどティラノサウルス科の大型種と似ているという。

 もう1点は欠損や変形があるが、いずれも獣脚類の特徴であるノコギリのような突起「鋸歯(きょし)」や「血道(けつどう)」と呼ばれる溝があった。2点の発見場所は約1メートルしか離れていなかったが、同じ個体のものかは不明。

 ティラノサウルス科の恐竜や祖先的な種類を含むティラノサウルス上科の化石は近年、福井、石川、兵庫、熊本、福島の5県で見つかっているが、いずれも体長3〜5メートルの小型個体とみられ、年代も今回より古い。

続きはソースで

ダウンロード (2)



引用元: 【古生物学】恐竜:国内初の大型ティラノサウルス科 長崎で歯の化石

スポンサーリンク
4: 2015/07/14(火) 12:48:19.36 ID:yyEDbRPJ.net
鶏はT-REXの子孫。

5: 2015/07/14(火) 13:06:45.29 ID:cPhVRh5q.net
>>1
もうそんなかっこよくないことバレちゃったんだから
ケモジャで軍鶏のでかいのみたいなカッコ悪い復元画にしなくちゃ

13: 2015/07/14(火) 13:48:55.74 ID:KIUKrVmZ.net
>>5
お前が言ってるのは 「鳥が恐竜の子孫だというのが妬ましい連中」 が
カッコ悪く仕上げた想像図にすぎん。
軍鶏は観賞用に飼われてたほどカッコ良いんだが。

6: 2015/07/14(火) 13:07:18.53 ID:ANE6L2bq.net
それってコブラはコモドオオトカゲの子孫っていうくらいトンチンカンなことだぞ。

8: 2015/07/14(火) 13:20:28.15 ID:ANE6L2bq.net
一応中国で見つかったティラノ科(ディロング)は羽毛見つかってるけど、ティラノ自身は一切見つかってないからな。

あくまでそこからの想像にすぎない。

10: 2015/07/14(火) 13:36:03.36 ID:hC6wEGDs.net
恐竜は哺乳類だよ。

12: 2015/07/14(火) 13:41:47.82 ID:MwQeEYRr.net
長崎って、なんでこんなにショボイのしか見つからないんだろう?

@長崎市民

15: 2015/07/14(火) 14:33:12.67 ID:3QUTRI/G.net
>>12
長崎の三ツ瀬層の恐竜化石

2010年に初の恐竜化石として、ハドロサウルス類の大腿骨の一部を発見

2012年に鳥脚類(ハドロサウルス類?)の大腿骨の一部や翼竜化石を発見

2013年に獣脚類の歯を発見

2014年に曲竜類の歯と新たな獣脚類の歯を発見

18: 2015/07/14(火) 17:02:22.90 ID:9c4qKi2l.net
>>15
北海道も似たようなのでてるけどあっちは海成層でこっちが淡水ぽい感じなの考えるとそうかもね。
欲を言えばもう少し状態のいいのをのぞみたいが。

50: 2015/07/15(水) 19:03:29.75 ID:Km6nJzNH.net
>>15
大型ティラノサウルス類、ハドロサウルス類、曲竜類って、白亜紀後期の東アジアの定番メニューって感じ

モンゴルや、近年大量の化石が出た中国山東の諸諸も、そんな感じだし

次はテリジノサウルス類あたりが出たりして

66: 2015/07/15(水) 21:07:54.60 ID:XWvJdqyf.net
>>50
>次はテリジノサウルス類あたりが出たりして
熊本とか北海道とか国内のここの年代前後の地層でも出てるからかなりありうるメンバーかも。

トロオドンティド、ケラトプシド、パキケファロサウリドなぞ出てくれないもんだろうか。

19: 2015/07/14(火) 22:54:25.86 ID:QXkouptw.net
テレビではジュラシックパークのTザウルスの映像流して
こんなのが長崎に居たーってやってたぞ。

23: 2015/07/15(水) 17:18:31.82 ID:CxN1odnt.net
大型で蓄熱に余裕のある成体までフサフサってのは当時の気温考えてもなんか無理がある気がする
身体が小さくて熱を溜めにくい幼体とか成体でも繁殖期のアピール用に一部に生えてたなら分かりやすいけど

24: 2015/07/15(水) 17:19:39.77 ID:9k8kV5gp.net
>>23
フサフサなユウティラヌスは寒冷地仕様だし
温かい地域or時代に棲息してたティラノはまた勝手が違うんじゃない?
体型or体格or体重or住んでる環境が似通っている現代のゾウやサイを基準に考えると
毛の類の退化は案外簡単におこるんじゃないかなと思うんだ

25: 2015/07/15(水) 17:20:43.38 ID:kv2FXvz3.net
>>24
マンモスも寒冷地仕様だしね。温暖化で滅んだとかいわれているらしいけどぶっちゃけ巨体に毛系だなんてデメリットしかないもんねえ
そんなのは命に関わる疾患or欠陥要は劣勢遺伝性の身体障害でしかないわけだし

29: 2015/07/15(水) 17:29:39.06 ID:XWvJdqyf.net
>>23
ティラノサウルス自体は鱗の印象化石も出てるし、
同地同時代に生息しててより鳥に近いオルニトミムスですらこんな感じ(羽毛つき化石からの復元)なのに
http://blogs.smithsonianmag.com/dinosaur/files/2012/10/feathered-ornithomimus.jpg

なんであんな羊ですか?みたいなデザインを思いつく奴がいるのか疑問。
せいぜい成体じゃ背中に申し訳程度の奴なんじゃないのかね。

ウシ類だってゾウだってアフリカでジャコウウシやマンモスみたいな格好はしてないよな、
あのティラノサウルス描くなら雪原を歩かせなきゃね。

32: 2015/07/15(水) 17:40:53.68 ID:X8MswElJ.net
>>29
ワニと同じ鱗だったらしいな
ワニ皮に毛の生える余地なんかあるわけないのにな
だいたいあんな外骨格みたいな皮膚に毛が生えた生物とかありえんだろ
二足の草鞋は無理だと先人も言ってた筈。強欲は身を滅ぼすようにそんな生物は現れても直ぐ滅ぶから存在しない
現代の生物が鱗または外骨格か、あるいは毛、二つに一つしか皮膚を覆えないのを見ればわかる筈
専門馬鹿はすぐ欲張ろうとするからそれがわからないのだ
だいたい鳥と獣以外に毛が生えた生物自体存在しないだろ?どう転んでも恐竜のようなでかいだけの下等生物に毛は身分不相応なんだよ、化石と歴史はそれを証明している

26: 2015/07/15(水) 17:21:51.70 ID:kv2FXvz3.net
まあ、種は保てないだろうな。温暖な場所、巨体だと保温機能しかない毛があるのは哺乳類でいえば汗をかけなかったり足が一本以上足りなかったりするレベルでやばいだろうjk

43: 2015/07/15(水) 18:17:52.36 ID:flNJvOSv.net
ゴジラだろ

74: 2015/07/16(木) 08:16:12.60 ID:lgZJZZbu.net
もっとはっきりした化石は出て来ないのかな?

75: 2015/07/16(木) 11:04:58.86 ID:DZICCtQX.net
>>74
2010年に初めての恐竜化石が見つかってから、まだ5年目

まだまだこれから

76: 2015/07/17(金) 03:02:51.15 ID:WWGT0326.net
>>1
歯の長さが10cm
歯根が折れた状態でこの長さか

これって8~10mクラスの個体だな
タルボサウルスはそのくらいの大きさでもがっしりした体型で
しかもハドロサウルスの多いユーラシアに適応して、足が速かったんだよなあ

かなり強烈な捕食者だっただろうな

77: 2015/07/17(金) 03:07:51.61 ID:WWGT0326.net
と思ったら、8500万年前とか書いてあるwww
その古さでティラノサウルス系の大型種かよ!

南米やアフリカじゃ3本指のカルカロドントやギガノトなんかが大型捕食者だった時代だぜw

78: 2015/07/17(金) 11:42:19.23 ID:S6clGj2Q.net
>>77
ティラノサウルス科としてはリトロナクスを超えて最古なわけだが(しかもそいつより大きそう)、
リトロナクス自体は既にティラノサウルスとアルバートサウルスの系統が分岐して以降の系統だから、
それより古い時代にティラノサウルス科の大型種が既にいたというのも不思議ではないのだが、
その証拠が出たのが日本というのがすごい。

さて明日はリトロナクスを見に行こうかしら。

79: 2015/07/18(土) 04:33:36.20 ID:eKPkWH/c.net
>>77
古い系統のティラノ形類は3本指だったな
こいつはどっちかねえ?

81: 2015/07/18(土) 14:12:06.91 ID:eKPkWH/c.net
ティラノサウルス類は歯が太くて分厚いんだよな
それゆえ噛み砕き型だから死体も良く食べた?などと言われる

だがスレ内で散々出てきたリトロナクスは、むしろ歯が「分化している」などという
突き刺し型、切り裂き型、噛み砕き型が混在していると

この種類はどうだったのかなあ?
画像を見たら、やや細めの歯に見えたが

タイあたりのティラノサウルス形類だと、イモみたいな歯のが出土してたかなw

82: 2015/07/18(土) 14:17:16.81 ID:eKPkWH/c.net
>>1見たら10mとか書いてあるんだよなあw

何か、死体も食えば生きた獲物も襲う、あるいは海辺で半端に上陸してくる海性は虫類でも襲う
現在のアラスカヒグマとホッキョクグマの中間みたいな生態だったのかなあ?とか考えてみたくなるw
調子が良ければティタノサウルス形類の全長15mサイズくらいでも襲ったかも知れんし

でも相手が25mオーバーなら尻尾を超音速で振り回す大型竜脚類には歯が立たんなw

20: 2015/07/14(火) 23:03:39.14 ID:zCteolhg.net
さすがに歯だけで全身を想像するのは無理があるだろ