1: 2015/07/16(木) 07:25:31.59 ID:???.net
世界最古天文図によみがえる古代ロマン キトラ古墳壁画解析、秋に特別展 - 産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/150715/wst1507150069-n1.html

画像
http://www.sankei.com/images/news/150715/wst1507150069-p1.jpg


 世界最古とされる奈良県明日香村のキトラ古墳壁画の天文図(西暦700年ごろ)について文化庁は7月15日、解析の結果、古代中国の洛陽や長安付近で観測、製作された天文図をもとに描かれた可能性があると発表した。

 天文図の粉本(ふんぽん=手本)として有力だった「古代中国」説を裏付けた。調査成果は10月9日から飛鳥資料館で開かれる特別展で紹介される。

 キトラ古墳の天文図には68星座約350個の星とともに天の赤道、黄道、内規(常時観測できる天空)、外規(観測可能な天空)の4つの円が描かれ、世界最古の天文図とされる。

 調査は文化庁と国立天文台の相馬充助教、OBの中村士(つこう)元帝京平成大学教授らが実施。天文図の写真をもとに、星座の位置や天の赤道・内規と星座の位置関係などを詳細に解析し、観測時期や観測地の緯度を割り出した。

続きはソースで

images

引用元: 【考古学】世界最古とされるキトラ古墳壁画の天文図を解析 「古代中国」説を裏付け 文化庁

スポンサーリンク
2: 2015/07/16(木) 07:26:35.33 ID:DMeYLaaI.net
そもそもキトラってなんでカタカナなん?

124: 2015/07/17(金) 10:26:59.61 ID:y+OnKmW2.net
>>2
『日本大百科全書』によると
>鬼虎古墳とも書く。

『大辞泉』によると
>「キトラ」は地名「北浦」からという

と諸説あって、明確に漢字を当てはめられないらしい

3: 2015/07/16(木) 07:26:51.61 ID:5vy8SIWF.net
古代の日本人がアタマ悪かったぽくて面白くない

6: 2015/07/16(木) 07:31:55.54 ID:e5Cy34/d.net
>>3
昔の中国は先進国だったことはすなおに認めようや。昔の中国はな。

昔の中国が今の上海の狂乱状態を見たら、「こんなの俺らの子孫じゃないっ!」ってつぶやくだろう。
実際、繋がりがないかもしれないw

34: 2015/07/16(木) 09:14:07.14 ID:YH/x5xK8.net
>>6
中国なんて言葉ができてから100年ですが

91: 2015/07/16(木) 16:22:09.33 ID:4AZLFETM.net
>>34
嘘つき低能ネトウよwww
元寇の時代にモンゴル皇帝から贈られた国書に中国という言葉が出てるぞw

日本密迩高麗、開國以來、亦時通中國、
日本は高麗にごく近い。また開国以来、時には中国と通交している。

94: 2015/07/16(木) 17:02:10.58 ID:p6KR3sXI.net
>>91
確かに東洋圏は昔から自国の美称に中国って言い方使うもんな
日本ですらそう
ただ、中華人民共和国の略称とは違うけどね

4: 2015/07/16(木) 07:28:21.08 ID:ZvIWHcgs.net
ああ黒っぽい染みじゃなくて
白っぽい点々のほうか

8: 2015/07/16(木) 07:38:02.56 ID:diYk82s/.net
キトラ=亀・虎=玄武・白虎

俺の推測な。

68: 2015/07/16(木) 12:10:54.84 ID:Vsk+4i10.net
>>8
ピラミッド古墳が出たときに実際に現地に行ってキトラ古墳も見てきた俺としては
現地の丘陵北の字名である「北浦」が詰まってキトラになったとする説を推すね

81: 2015/07/16(木) 13:40:26.35 ID:2wE6ld+D.net
>>68
キトラ古墳の名付け親が、奈良県の原住民が古墳のあるあたりをキトラと呼んでいたから
と書いているね
北浦が訛ってキトラになったという説が有力だが実証されてない

11: 2015/07/16(木) 07:46:55.84 ID:LHaSLt8R.net
古代中国、古代朝鮮、古代メキシコ・・・
みんなどこへ行ってしまったん?
今いる人は侵略者なん?

56: 2015/07/16(木) 11:19:53.38 ID:Zul+luAd.net
>>11
朝鮮以外は混血が進みすぎて現在の民族との同一性が無い
前漢時代の漢民族と今の漢民族とは別物

75: 2015/07/16(木) 12:58:00.70 ID:XggSwdvO.net
>>56
古墳造営に測量は必要だし、航海には天体観測無しで正しい航路をとるのは難しく
農耕においても季節を知るのに天体観測は必要
3世紀には古墳があり、大陸への航海も行なわれ、季節により繊細な育成が必要な絹糸を輸出している事から
技術が無いとするのは早計

14: 2015/07/16(木) 07:50:43.85 ID:APa+T68s.net
日本人なんて今でこそ、プロ・アマ問わず優秀な天文観測者が多いのに、明治より
前は天文学があまり発達しなかったのは不思議。暦とか測量技術を自前で発達させる
必要が少なかったのか。

15: 2015/07/16(木) 07:54:25.49 ID:PpY6ktMx.net
>>14
農業に必要だったからある程度までの知識はあったはず
もっと知りたかったから中国に学んだんじゃないかな

20: 2015/07/16(木) 08:03:56.69 ID:uny4jy4R.net
>>14
星から暦を読む必要はなかったのかと俺も不思議なんだけど
古代エジプトに比べたら動植物も多くて季節の変化を知る手段が他にもあったからなのかな
エジプトはナイルの氾濫が主たる脅威だったけど、日本の噴火や地震は星からは読めないし

23: 2015/07/16(木) 08:14:13.16 ID:7BVxkhr5.net
>>20
>季節の変化を知る手段が他にもあった

真っ先に山の雪形が浮かんだ
その年の気候がわかるから星より大切かも

109: 2015/07/16(木) 20:32:55.99 ID:uYDMIyj/.net
>>14
1600年以降、航海をしなくなったから
精密な天測航法が無いと生きて帰れない

29: 2015/07/16(木) 08:32:14.56 ID:rw4DPkMz.net
四大文明の一つから最新科学を得ていたって雄大なはなしだな

31: 2015/07/16(木) 08:35:15.18 ID:gkuACJzh.net
かつて高松塚古墳が調査されたとき、日本に中国・韓国、そして国交のなかった
朝鮮の学者が一堂に会し日本の考古学者とともに研究会を開催したことは記憶に新しい。
 
そこには歴史遺産を前にした謙虚さ、学問に対する真摯さがあった。
研究のために門戸を開放したのである。学者が連帯して真実を追求したいという
要求があった。

33: 2015/07/16(木) 09:08:55.84 ID:VXuBQO2e.net
現代の中国と韓国が2流なのは明らかだけど、古墳時代、西暦700年頃の中国は先進国だったのは素直に認める。
その中国がいまだ民主化を阻害して2流国なのは悲しい。

42: 2015/07/16(木) 09:38:22.21 ID:AxurcEZU.net
>>33
> その中国がいまだ民主化を阻害して2流国なのは悲しい。
いや、中国は明の時代に朱子学を起こして失敗した
日本は既に近世に変わろうとしていた時代に、現実を無視して封建制度を極限化しようとした
それを更に酷くした小中華思想のあの国の前進は、実質文明が崩壊した

37: 2015/07/16(木) 09:32:17.87 ID:A4sEprVo.net
むしろ新しい概念を理解するのは得意だろ
明治初期を見ればよくわかる

苦手なのはゼロから何かを作り出すこと


そして、そんな日本人から技術を強奪しようと躍起になっているのが産業スパイを送り込みまくっているキチガイ犯罪民族w

44: 2015/07/16(木) 09:44:06.83 ID:AxurcEZU.net
>>37
> 苦手なのはゼロから何かを作り出すこと
厳密に言うと、ゼロから何かを作り出すというものは文明社会では存在しない
ゼロから始まったものの大半は、数千年~数万年掛かって偶発的に発明されていると考えられる
経験則に頼るしかなかった原始社会では、何代にも渡り時間を掛けて進歩していった

中国が比較的開かれていたのは、人口、面積が大きいことと、
外部との交流が大きかったという点
更には内乱を含め、大規模な戦争が頻繁にあったことが上げられる
今日でもそうだが、軍事が最も科学を進歩させていた

例えば、銅器・鉄器は西のメソポタミアから来ている
これらを利用して人類は新しい発明をしていった

日本人に想像力がないというのも、朝鮮人、中国人の考えたデマだと考えられる
島国で小国だった日本は、比較的新しい発明が遅れた

63: 2015/07/16(木) 11:49:02.36 ID:I9xgssj2.net
>>37
>苦手なのはゼロから何かを作り出すこと

それほどでもない。
青色LED以外にも日本人の発明・発見は多い。

高峰譲吉のアドレナリンの抽出結晶化の成功は、
アメリカ人医師エーブルが盗んで「オレが発見した」と嘘を言い、 
米医師会は知っていながら高峰の手柄を盗った。 

岩手の農業試験場で開発した多収穫小麦「農林10号」を盗んで、アメリカ人がノーベル賞をとった。 

戦艦大和の造波抵抗止めバルバスバウも盗んで先に特許をとってしまった。 

レーダーは、もとは日本人技師八木秀次、宇田新太郎によって開発されたアンテナだった。 

西澤潤一の発明した光ファイバーもアメリカのコーニング社が盗んだものだった。 
なのに同社は住友の光ファイバー技術を特許侵害で訴え、莫大な賠償金を取り立てた。 

オゾンホールを発見したのは南極観測していた日本人研究者・中鉢繁なのに、 
これもアメリカ人ローランドが「オレが先」といって、ノーベル賞を横取りした。

実験参加しただけのアメリカのクソ企業にエイズ治療薬の特許を
勝手に分捕られて高額で薬を売りさばかれるのにぶちきれた満屋裕明は、 
別の薬を速攻で開発して見せしめに低価格で売るのを条件にして広めた。

3Dプリンタも日本人が発明したが、特許はアメリカが取った。

65: 2015/07/16(木) 11:54:13.72 ID:uny4jy4R.net
北斗七星やオリオン座に現代と同じように星と星を繋ぐ線がひかれてるけど
これ最初に引いたのどこなんだろね
ヨーロッパでも中国(シナっていえばいいの?)でも同じなのは起源が同じだからなのかたまたまなのか

79: 2015/07/16(木) 13:16:51.26 ID:QiCIWCC6.net
>>65

各時代、各地域ごとに星のグループ分け、結び方は違ってくるよ。
北斗七星は北極星を天子と見立てて、その乗り物とされた。
オリオン座は天の赤道周りに配された二十八宿の一つだったと思う。

107: 2015/07/16(木) 19:30:48.08 ID:vYUr2Tl/.net
>>65
北斗七星やオリオン座、カシオペア座みたいな、誰がどう見てもこの形にしか見えんだろって言う星座は
洋の東西を問わず同じような形で認識されてきたのではないかなあ

147: 2015/07/18(土) 19:44:41.28 ID:fb4STZfO.net
日本人にとって星は、死んだ人の霊が燃えてると思われていたので、
星を見ること自体、忌み嫌われていた。

10: 2015/07/16(木) 07:46:07.14 ID:fGa4Tgxy.net
古代中国の民は素晴らしい、素直に認めよう。
日本の古墳の製造技術も素晴らしい。