1: ベンゼン環◆GheyyebuCY 2014/04/14(月)23:10:54 ID:GrP8HGZom

名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所のステファン・イレ教授らはこのたび、カーボンナノチューブの合成と、炭化水素燃焼の間に類似性があることを、量子理論を使ったコンピューターシミュレーションによって見いだしたと発表しました。

従来より容易なカーボンナノチューブ合成が実現する可能性があります。


詳細はソースをご覧下さい。

ソース
サイエンスポータル
ナノチューブは炎の中で成長か
http://scienceportal.jp/news/daily/57897/20140414.html



スポンサーリンク
2: 名無しさん 2014/04/15(火)12:09:58 ID:jBJuMuLPB

WANG, Ying, et al. Quantum Chemical Simulations Reveal Acetylene-Based Growth Mechanisms in the Chemical Vapor Deposition Synthesis of Carbon Nanotubes. Carbon, 2014.

http://dx.doi.org/10.1016/j.carbon.2014.01.020


3: 名無しさん 2014/04/15(火)12:12:44 ID:jBJuMuLPB

要約:

・鉄系触媒を使い炭化水素からカーボンナノチューブを合成する反応をシミュレーションで解析した。
・解析したところ、実は「炭化水素が普通に普通に燃える反応」と途中まで似た経過をたどることが分かった。
・すでに「材料の炭化水素は水素が少ないほうがいい」などの知見が得られており、
 掘り下げればさらにCNT生成の効率化に関する知見が得られると思われる。


4: 名無しさん 2014/04/15(火)12:22:57 ID:VTesHcwVb

シミュレーション通りの結果が出たら、コンピューターのお手柄ってことだな。


5: 名無しさん 2014/04/15(火)19:56:45 ID:uvIAfcYoj

宇宙エレベータ実現に一歩近づいたのか


引用元: 【研究】ナノチューブは炎の中で成長か [04/14]