~~引用ここから~~

1: ( ´`ω´) ★@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 11:54:38.01 ID:???.net

■東大、体内時計の調整を司る物質を明らかに 

 東京大学の深田吉孝教授らは、カルシウムイオンなどによって活性化されるタンパク質リン酸化酵素
(CaMKII)が、脳で体内時計を調整するのに重要な役割を果たしていることを明らかにした。

 哺乳類は、脳の視床下部・視交叉上核に存在する体内時計によって、約24時間周期の行動をしているが、これまでそのメカニズムは解明されていなかった。

 今回の研究では、CaMKIIが不足したマウスを観察し続けたところ、一日の行動時間が徐々に延長し、重篤なリズム障害を引き起こすことが確認された。

続きはソースで

http://www.zaikei.co.jp/article/20140517/193967.html
http://www.zaikei.co.jp/ 財経新聞 (2014年5月17日 09:45)配信

Abstract
CaMKII is essential for the cellular clock and coupling between morning and evening behavioral rhythms
http://genesdev.cshlp.org/content/28/10/1101.abstract
Web site 接続日 [14/05/17]


引用元: 【生物化学】東大、体内時計の調整を司る物質を明らかに [14/05/17]


スポンサーリンク
3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 12:03:10.41 ID:mEG6dIoW.net

アルツハイマーとはどういう関係だ?


4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 12:08:01.82 ID:4SB1K5XK.net

再現性はあるのか?


5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 12:09:12.99 ID:ErCPOtWi.net

バイオに再現性を求めちゃいけないだろ


6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 12:11:54.34 ID:LGW0OGmK.net

毎日5分ずつ早く進む


7: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 12:12:21.50 ID:tD/isIPZ.net

最近睡眠障害が改善してきたように感じるのは
「カル+マグ」サプリ始めたからだったのか。
もうちょっと様子を見たいが効果ある気がする。
気のせいか「カルシウム」だけだと起床時に頭がジーンとする。


8: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 12:17:46.50 ID:UcBIBzUJ.net

体内時計って24時間だと証明されているんか?
経験則的には、自分の体内時計は25時間だな
お日様を浴びない環境で過ごすと
生活のリズムが明らかに、毎日1時間づつずれていく


11: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 13:55:14.90 ID:OEueuM5Q.net

>>8
大体あってる
気になるならググるといいよ


20: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/18(日) 12:51:01.06 ID:2rizYdoo.net

>>8
かなり厳密な実験条件で24時間10分±20分位に集中してることが分かってる。


9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 12:18:47.68 ID:4SB1K5XK.net

でも再現性がない学問て何のためにあるんだよ?


10: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 13:41:38.12 ID:pY6FCsmX.net

>>1
生物は科学ではない。叩き専の生物屋がそれを証明した。
 


12: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 14:06:22.03 ID:ErCPOtWi.net

生物系は再現性も確認できない情報をまるで真実のようにプレスリリース乱発するのやめて欲しいよな


13: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 14:11:39.63 ID:MBswb3r6.net

研究は地道な積み重ね

2004年10月16日および17日
本研究ではハムスターの視交叉上核において明らかなCaMKII とMAPK 活性の概日リズムを確認した.
以上の結果はCaMKII と MAPK は光刺激に伴う体内時計リセット機構のみならず体内時計の概日リズム形成にも関与することを示唆している.

2005年7月
CaMKII阻害薬を用いた行動薬理学的実験、CaMKIIの燐酸化抗体を用いた免疫組織化学的実験、
およびin situ hybridization法によりSCN内のPeriod遺伝子を定量する分子生物学的実験を行った。
その結果、CaMKII阻害薬が光照射により惹起される行動リズムの位相変化を用量依存的に抑制すること、光照射によりSCN内で迅速なCaMKIIの燐酸化が引き起こされること、
光照射による一過的なSCNでのPer1およびPer2の発現上昇がCaMKII阻害薬により抑制されることが明らかとなり、
光同調の分子機構の一端を明らかにすることができた。


14: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 14:12:20.38 ID:MBswb3r6.net

研究は地道な積み重ね

平成18年12月19日
私達はシナプス可塑性以外に、CaMKII が体内時計のリセット機構やドパミン神経の活動を制御することを見出したのでそのメカニズムを解説する。

2009/07/08
1.光同調
光パルス→グルタミン酸NMDA受容体刺激→Ca2+流入→CaMKII活性化→→per遺伝子発現


16: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 14:46:06.72 ID:MBswb3r6.net

>>13,14は、>>4みたいに再現性に疑問があるらしいから、再現例を引っ張ってきた。
これくらい再現していれば、たぶん大丈夫


15: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 14:36:28.36 ID:h6oVbZGk.net

上は
東北大学大学院薬学研究科・薬理学分野 福永浩司
下は
okayama-u.ac.jp/7-13生物学レジュメ ?


16: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 14:46:06.72 ID:MBswb3r6.net

>>15
そうだよ。4つとも1行目をまるごとググレば出てくると思う。
自分は「CaMKII 体内時計」でぐぐった


18: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 23:21:11.77 ID:vdgU8U+E.net

なんかあんまりおもしろくないな。CaMKⅡならそりゃなんでも関わってんだろ、としか


19: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/05/18(日) 08:58:46.07 ID:cu7IRTJs.net

これで時差ボケ防止の確実な処方箋が見つかる?
~~引用ここまで~~