1: 2015/07/18(土) 11:18:38.54 ID:???.net
肺小細胞がんの全ゲノム解読(PDF) - 国立がんセンター
http://www.ncc.go.jp/jp/information/pdf/press_release_20150716.pdf

images


(前略)


背景
肺がんはがん死因第一位であり、本邦では年間7万人以上もの方に死をもたらす難治がんです。肺小細胞がんは進行がんで発見されることが多く、難治性が高い肺がんとして知られています。
これまでに、PI3K経路の遺伝子の異常などが一部の症例で見られることが、当センター等の研究で明らかにされ、治療法の開発が進められています(J Thorac Oncol. 9: 1324-31, 2014)。
しかしながら、肺小細胞がんがどのようなゲノムの異常を蓄積して発生するのかその全貌は明らかではありませんでした。そこで、国立がん研究センター(研究所ゲノム生物学研究分野河野隆志分野長)、愛知県がんセンター(中央病院遺伝子病理診断部 谷田部恭部長)の研究グループはドイツケルン大学が主導する国際共同プロジェクトに参画し、難治性の高い肺がんである肺小細胞がん110例の全ゲノム解読を行いました。

研究成果の概要
1. これまでの研究で、肺小細胞がんでは、点変異により、TP53, RB1, CREBBPがん抑制遺伝子が不活性化していることは明らかになっていましたが、全ゲノムシークエンス解析により、点変異以外のゲノム再構成によっても、これらの遺伝子が不活性化されていることを明らかにしました。異常の頻度は、TP53(100%), RB1(93%), CREBBP(15%)でした。ゲノムの再構成の検出には、ゲノム全域に亘るシークエンス解析が必要です。本研究の成果は、がんの本態解明にこのような全ゲノム解析が有効であることを示しています。

2. TP73遺伝子では、スプライシング異常により、発がん推進型タンパク質が発現していることが知られていましたが、その原因がイントロン領域のゲノム再構成によりことが明らかにされました。
TP73遺伝子の異常は13%の症例で認められました。
3. NOTCH1-3遺伝子の不活性化変異が25%の症例で生じていることが明らかになりました。NOTCH遺伝子群は、肺小細胞がん発生に対して、がん抑制的に機能していると考えられます。
4. 既存の分子標的薬の標的となるキナーゼ遺伝子、BRAF, KIT, PIK3CA遺伝子の活性化変異が数%に存在することが再確認されました。

詳細・続きはソースで


引用元: 【遺伝子医学】肺小細胞がんの全ゲノム解読 国立がんセンター

2: 2015/07/18(土) 11:38:30.34 ID:BfmWC9dU.net
これって、遺伝子検査で肺小細胞がんの早期発見可能になるって事?
生存率がめっちゃくちゃ上がるんじゃないの?

4: 2015/07/18(土) 12:09:00.07 ID:o0G3KxAi.net
>>2
上がらない。治療法の進化が無ければ無理

20: 2015/07/27(月) 00:24:34.92 ID:YsxZV/kb.net
>>2
肺の小細胞がんが早期発見できたからと言って、生存率が上がる根拠kwsk
適当なこと言ってんじゃねーよ

5: 2015/07/18(土) 12:22:36.84 ID:zbBPknW3.net
遺伝子解析したところで、「切除」、「放射線」、「抗がん剤」と、
三つの治療法しかないんだろ。意味ねえじゃん。
ちなみに抗がん剤は、「医者がメチャクチャ儲かる」から、医者はやたら
やりたがる。患者は一年以内に必ず死亡するのみ。絶対に何年も生きる
事はない。

21: 2015/07/27(月) 00:26:10.29 ID:YsxZV/kb.net
>>5
どうしたらいいか、戦略を練るためには情報収集が欠かせない。
それとも胡散臭い健食を片っ端から食ってみるか?
批判するのは簡単だが、代案を立てるのは死ぬほど難しいぞ。

7: 2015/07/18(土) 23:30:34.49 ID:haj2b/Ys.net
でも、直せないんだよ。
ガンを直せるようになった時、
たぶん老化も制御出来る。
それほどハードルが高い。

8: 2015/07/20(月) 09:17:04.94 ID:XSFRgpUW.net
がんの全ゲノムっていったって
少数サンプルでしょ?
すべてのがんについてわかったわけじゃないんでしょ?

9: 2015/07/20(月) 10:23:40.21 ID:8sGREY8v.net
解読しました!
でも、治せません。

それが現代医療。

10: 2015/07/20(月) 15:58:06.64 ID:JtfKW/jP.net
ガンどころか、医者にはほとんどの病気は治せない
人体が自己の持つ能力で治してるだけ
せいぜい、その後押しをする程度
ガンの場合は、むしろ余命を奪っているケースが多すぎる

15: 2015/07/20(月) 16:52:32.48 ID:UhkdfLzh.net
>>10
自己の持つ能力で治すきっかけを作るのが医者だな

11: 2015/07/20(月) 16:02:51.10 ID:1YLaKpP5.net
あれだけPD-1/PD-L1抗体が奏功してるのにデマに惑わされる大衆って感じだなw

12: 2015/07/20(月) 16:13:37.98 ID:+IjQ91yF.net
スパコン「京」が1000個あると抗癌剤を開発するスピードが早くなるの?
京の開発費は総額1120億円らしいけど。

15: 2015/07/20(月) 16:52:32.48 ID:UhkdfLzh.net
>>12
ないよりあるほうが早くなるに決まってるだろ

13: 2015/07/20(月) 16:30:32.60 ID:YELVZQxW.net
患者の生体内の肺小細胞がんのゲノムを100%近い確率で、異常な点変異、ゲノム再構成を
是正できないと、結局は従来の「放射線」、「抗がん剤」最近だと 「チェックポイント抗体療法」
がやや期待できるかもしれないが完治は無理だろ。「小細胞がんはまず切除できない癌」。

14: 2015/07/20(月) 16:51:08.77 ID:cNMWiPb0.net
薬を服用したからといって100%病気は治せない
最終的には元々人間の持ってる治癒力に頼る

19: 2015/07/25(土) 17:12:48.51 ID:HYtf4roX.net
点変異かそれに近いなら
分子標的薬でなんとかなるかもね

3: 2015/07/18(土) 11:44:57.99 ID:sj5piOJw.net
早く治療法を確立して下さい。