1: 2015/07/29(水) 18:21:40.15 ID:???.net
新理論が示す、ダークマターは湯川粒子に瓜二つ | Kavli IPMU-カブリ数物連携宇宙研究機構
http://www.ipmu.jp/ja/node/2217

画像
http://web.ipmu.jp/press/20150721-SIMP/M/201507Mrym-02.jpg
【図1】図1左のパイ中間子 (湯川粒子) に含まれる「u」 はアップクォークを示し、「」 は反ダウンクォーク、「g」はグルーオンという素粒子を示す。アップクォーク と反ダウンクォークはグルーオンをやりとりすることで、強い力で結びついている。一方、図1右の SIMP 粒子に含まれる 「Q」 はクォーク、「 」は反クォーク、「G」 はグルーオンに相当する粒子を示す。 (Credit: Kavli IPMU)

http://web.ipmu.jp/press/20150721-SIMP/M/201507Mrym-03.jpg
【図2】図2上の今までのダークマターの理論では、ダークマター同士は互いをすり抜け反応しないと考えられていた。図2下の SIMP 粒子は、パイ中間子が相互作用するのと同種の強い相互作用をする。
(Credit: Kavli IPMU)

http://web.ipmu.jp/press/20150721-SIMP/L/201507Mrym-04.jpg
【図3】 ダークマターを SIMP としない場合はダークマターが銀河の中心部の狭い範囲に極端に集中し、外側では少ない (図3左) 。一方、ダークマターを SIMP とした場合には銀河の中心部から外側に
かけてダークマターがなだらかに分布する (図3右) 。この場合のダークマターの分布は観測事実と良く合う。 (Original credit: NASA, STScI; Credit: Kavli IPMU - Kavli IPMU modified this figure
based on the image credited by NASA, STScI)

(前略) 

4. 発表内容 

様々な観測結果から私たちの宇宙にはダークマターと呼ばれる謎の物質が80%以上を占めていること、そしてダークマターがなくては、星、銀河、我々も誕生しなかったことがわかっています。しかし、ダークマターそれ自身がどのような性質を持つどういった物質なのか、ということは未だ分かっていません。現在、実験と理論の両面から活発に研究が行われています。 

理論研究ではダークマターについて多種多様な予想がされています。例えば、標準理論を越える新しい物理理論として注目される超対称性理論。そこに登場する超対称性粒子がダークマター候補ではないかという理論や、超弦理論から説明される4次元を越える余剰次元を運動する粒子が、ダークマターなのではないかという理論などがあります。これまでのところ多くの理論において、ダークマターは通常の物質とは大きく異なる性質を持つ粒子だと考えられています。 

Kavli IPMU 機構長の村山斉特任教授とカリフォルニア大学バークレー校のヨニット・ホッホバーグ研究員らの研究グループは、ダークマターに対する従来の考え方とは大きく異なる新しい理論を発表しました。研究グループが今回ダークマターの候補として提唱した粒子 SIMP (Strongly Interactive Massive Particle) は、パイ中間子と大変似た性質を示します。パイ中間子は、1949年ノーベル物理学賞受賞者の湯川秀樹博士が1935年に提唱した粒子で、陽子や中性子など原子核を形作る核子間で力を媒介し原子核を安定的に保つとされました。そして、パイ中間子の性質は2008年ノーベル物理学賞受賞者の南部陽一郎博士が1960年に提唱した「自発的対称性の破れ」という考え方で正確に記述されます。今回の新理論は南部理論に基づく湯川粒子の性質が、ダークマターとしてふさわしいことを指摘したものです。 

本研究成果について村山斉特任教授をはじめ研究グループは下記のようなコメントを寄せています。 

村山斉 Kavli IPMU 機構長「ダークマターの候補である SIMP は、見たことのある粒子とよく似ていることに気づきました。強い力に現れる湯川粒子と同じような質量、同じような反応、そして同じような理論で記述できるのです。こうした研究から、『我々はどこから来たのか』という深い謎に迫れるのは、大変エキサイティングです。」 

エリック・クフリック コーネル大学研究員「この理論では、銀河の構造について、今まで問題だった観測とコンピュータシミュレーションの間のずれを説明することができます。」 

ヨニット・ホッホバーグ カリフォルニア大学バークレー校研究員「ダークマターについて、今までの考え方とこの新しい理論との間にはいくつかの重要な違いがあり、今後の実験的検証に大きな影響を与えるでしょう。」 

詳細・続きはソースで

ダウンロード (1)


引用元: 【素粒子物理学/現代宇宙論】新理論が示す、ダークマターは湯川粒子(パイ中間子)に瓜二つ Kavli IPMU

スポンサーリンク
6: 2015/07/29(水) 18:25:17.57 ID:ORW6nBLJ.net
ダークマターの正体がSIMP粒子だってことですか。

12: 2015/07/29(水) 18:56:01.81 ID:WPZI4vme.net
中間子なら電磁波で観測できるんじゃないか
中性子とあまり変わらんだろ

14: 2015/07/29(水) 18:59:07.58 ID:ujo9Jl1R.net
わかった
素粒子よりクォークよりずっと小さい
だから観測できなんや

20: 2015/07/29(水) 19:20:20.91 ID:WPZI4vme.net
テクニクォークと新しいゲージ粒子
超対称性理論と対になる複合粒子モデルの予想

23: 2015/07/29(水) 19:29:32.28 ID:nXrKueoq.net
よくわからないけど
湯川のノーベル賞が取り消しになるの?

24: 2015/07/29(水) 19:36:40.68 ID:WPZI4vme.net
自発的対称性の破れは超伝導を参考にした
超伝導体では電子二つがスピン0の複合粒子になってる
超伝導体内部では光が質量をもったかのように振る舞う

ヒッグス機構はこれを参考に
テクニクォークが二つ結合した粒子がヒッグス粒子になる
これが複合粒子モデルで超伝導から類推すると自然なモデル
でも、理論が全く完成していない

25: 2015/07/29(水) 19:38:26.62 ID:nUeiy4Km.net
パイ中間子とよく似た性質を持ちながら、宇宙年齢と同等の寿命を
持つ物質を探せばいいんだね、楽勝じゃないか!

27: 2015/07/29(水) 19:41:59.08 ID:Zb5OThkG.net
宇宙の物質の75パーセントは、暗黒物質、これを解明できれば、宇宙物理は、
大躍進。暗黒物質の研究では、東大の研究者が一歩リード。素粒子の新物質
とも予想され現代宇宙物理学の最先端。次はブラックホール解明か?
暗黒物質は新たな未知のエネルギーになる。この物質が、光の速さで宇宙が
広がっていくエネルギーか。

29: 2015/07/29(水) 20:28:04.50 ID:lELbeDeN.net
エネルギー領域わからんが、こんなんだったら既に見つかってそうに思うんだけど違うんだな…

33: 2015/07/29(水) 20:34:08.79 ID:9//2giTY.net
>>29
反跳検出とかで存在は確認されてるやん
でもそれが何なのか現行理論では説明できないって話じゃないの

35: 2015/07/29(水) 20:44:57.55 ID:lELbeDeN.net
>>33

そうなのかサンクス!
進展あるといいな。

34: 2015/07/29(水) 20:39:08.63 ID:WPZI4vme.net
>>29
複合模型ならTeV領域で現象が見えるようなのでこれから見えるかもという段階

40: 2015/07/29(水) 21:50:55.18 ID:+y2I7c1h.net
エーテル=ダークマター
太陽光+ダークマター=ダークエネルギー
なんだけど

41: 2015/07/29(水) 22:05:54.29 ID:zx1BRJOD.net
>>1 つまり
①見えてる捨て牌なんてまだ少ないので不確定
②配牌13個はお互い見えないのでダークマター
③まだ引いてない牌(山牌)は誰も見えないダークエネルギー

みんな緑一色 狙ってるので、見えない手持ち牌どうしが拮抗する

44: 2015/07/29(水) 23:45:06.10 ID:+bE4dbk9.net
銀河系のダークマターとアンドロメダ銀河のダークマターは既に接触していてそれが原因で予想より互いの接近速度が速くなっていると本で見た

46: 2015/07/29(水) 23:57:14.32 ID:3EMlkY5P.net
(^ω^)我々が労働力として猿の遺伝子をいじって作り出した
ロボットのくせにあんま追求しすぎん事だなwいつでも地球まるごと
消去できるんだからな。フフフ・・・。

47: 2015/07/30(木) 00:03:42.33 ID:dLAP/yNx.net
宇宙は2重構造になっててもう一方の宇宙の質量がいわゆるダークマターの正体。
たしか証明されてたよな。

50: 2015/07/30(木) 01:05:48.66 ID:1WuSZ4xx.net
>>47
どうやら俺とお前は住んでる宇宙が違うようだな

52: 2015/07/30(木) 02:24:01.16 ID:mXDKTd10.net
>>今まで問題だった観測とコンピュータシミュレーションの間のずれを説明することができます

わりとこういう強引に観測結果に合わせたのが正しかったりするよな

53: 2015/07/30(木) 03:55:55.05 ID:RyeFyvxM.net
>ダークマターの理論では、ダークマター同士は互いをすり抜け反応しないと考えられていた。
>SIMP 粒子は、パイ中間子が相互作用するのと同種の強い相互作用をする

一見して物質の結びつき相関に変化がなかったように見えるが
じつは同質どうしが相互に置き換わっていたということかの?

54: 2015/07/30(木) 08:14:48.73 ID:ELIiMxAQ.net
ダークマターが重量相互作用しかしなくても、シミュレーションとそんなに変わらなかったと思うけど。
シミュレーションは都合のいい結果になるようにパラメーター調整出来るから。

58: 2015/07/30(木) 13:29:53.54 ID:tlFiiHcp.net
紛らわしいが、宇宙論の新理論であって素粒子論の新理論ではないのか

38: 2015/07/29(水) 21:00:45.35 ID:G8KP/p7h.net
こういう自分が生きている間に解明できるかわからない研究をするのっていくら好きでも辛いだろうな