1: 2015/07/29(水) 12:09:58.42 ID:???.net
2015年 07月29日 11時32分 提供元:AFPBB News

【AFP=時事】西アフリカの少数民族ピグミー(Pygmy)は、近縁関係にある東アフリカのピグミーとは非常に異なる形で、独自に低身長形質を進化させたとする研究結果が28日、発表された。

英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された論文によると、この結果は、体の小型化が環境条件(この場合は赤道直下の熱帯雨林での生活)への適応だとする説の証拠となっているという。

また、成長率などの人間の特性は「比較的短期間内に」進化する可能性があり、これによって人類が新たな環境に速やかに適応し、地球に住み着くことができたことを、今回の結果は示している。

バンツー(Bantu)語を話す共通祖先から約6万年前に派生したピグミーの身体発育が、他の人類種族とどのように異なっているかについて、科学者らは長年、研究してきた。

ピグミーは生まれつき低身長なのか。それとも、ある時点で成長が止まるのだろうか。

カメルーンのバカ(Baka)ピグミー族数百人の出生から成人までの発育データに基づく今回の最新研究により、同族の成長パターンが、低身長でない人類種族とも、他のピグミー族とも異なっていることが分かった。

バカ族の場合、新生児は標準サイズだが、生後2年間の発育が著しく遅くなった。論文によると「その後はおおよそ標準的な成長パターンがみられ、青年期には成長スパートも起きる」という。

東アフリカのエフェ(Efe)族やスア(Sua)族の場合、出生時にすでに低身長であることが、これまでの観察で判明していた。

成長パターンが異なるにもかかわらず、西部と東部のピグミー族は、成人時には同程度の身長になる。

成長パターンの違いは、異なるグループが類似した特徴を個別に獲得する「収束進化」のプロセスを示唆していると研究チームは指摘している。

論文共同執筆者のフランス国立科学研究センター(National Centre for Scientific Research、CNRS)のフェルナンド・ロッツィ(Fernando Rozzi)氏は、AFPの取材に「これは(約2万年前に)ピグミーが東アフリカと西アフリカに分離した後に起きた」と語った。

続きはソースで

ダウンロード (2)


【翻訳編集】AFPBB News
http://news.so-net.ne.jp/article/detail/1128360/
コンゴ民主共和国(旧ザイール)のゴマ近郊の村で、雨宿りをするピグミーの人たち(2006年10月26日撮影)。©AFP=時事

引用元: 【人類】ピグミーの小型化、人類繁栄を解明するカギに 仏研究[7/29]

スポンサーリンク
2: 2015/07/29(水) 12:13:12.79 ID:6zG5xDrZ.net
ピグミン

16: 2015/07/29(水) 14:39:53.39 ID:VS3r0hrE.net
>>2
ピクミン なのか ピグモン なのか はっきりしてほしい

5: 2015/07/29(水) 12:38:42.88 ID:WVu5ENQQ.net
猿の脳が狂ったとテレビでやってたけど

8: 2015/07/29(水) 13:00:46.05 ID:tswwJL/X.net
小型人間が存在する以上、世界のどこかには大型人種も
いる筈。 まだまだ地球は未知の領域が多すぎる。

45: 2015/07/30(木) 15:25:04.58 ID:s6QoP9fF.net
>>8
大型人種がいるとしても未知であることはまずない。
せいぜいオランダ人くらいだろう。

9: 2015/07/29(水) 13:14:12.37 ID:SWaGjWM7.net
>体の小型化は、島に生息する哺乳類にみられる現象

日本かよ

12: 2015/07/29(水) 13:28:18.87 ID:A8gRsXJ9.net
アフリカ原住民の系統分布ってヨーロッパアジア人の広がりよりも大きいんだよな
そう考えるとピグミーの進化は速やかとはいってもヨーロッパアジア人種よりもっと長い時間を掛けたものだろうな

15: 2015/07/29(水) 13:58:36.29 ID:czPg/10S.net
一部の突出した人間に着目せず平均で見た現在の人類の最大サイズは、現在に於ける最大サイズの環境であるユーラシア大陸の環境適応サイズと同じである
ユーラシアとアメリカ大陸が合体し更に巨大な大陸が現れ、その中で人類が更に広大な環境を手に入れ、それに適応すれば、現在よりも更に大きな平均サイズを持つ集団が現れるだろう

22: 2015/07/29(水) 16:59:21.72 ID:ruXS6IPy.net
江戸時代の日本人も小型だった。何しろ肉を食わなくなったのだから当然かな。
先ごろまた大きくなってきたな。
女衆は小顔で顔立ちが整って足の長い人が多くなったね。
もともと日本女性は綺麗な人が多いが、今程ではなかったな。

コンパクトで地球に優しい閉鎖循環系文明は日本以外にはない。
江戸時代は文明として最高だった。
今後ゴミを出さない閉鎖循環系文明が出来るとすれば、人間は小型になるだろう。

46: 2015/07/30(木) 15:42:09.25 ID:v6Lib7/X.net
>>22
全然違うな。
地球に優しいなら李氏朝鮮が最高だろう。
肉を食わないのは当然だし、日本のように水田を大量に作るという環境破壊を行わず雑穀を食う。
日本のように非効率な文化活動はせず、生きていく以外のことは何一つしない。

そもそも人間らしい活動は自然保護という点から言えば非効率そのものなのだから
「生物として生命維持に必要な最小限度の活動」以外何も生み出さなかった李氏朝鮮こそ最高に自然に優しい何かだったと言える。

52: 2015/07/30(木) 16:19:57.55 ID:gxJQKpXf.net
>>22
江戸時代、地球に一番優しかったのは北海道のアイヌでしょう。
無駄な狩猟はしない。余分な栽培はしない。余分な備蓄はしない。

地球に優しすぎて、和人に圧倒されてしまったけど。

24: 2015/07/29(水) 17:03:46.76 ID:QClvKUQ5.net
ピグミーみたいに低身長、細身だと
体積に対する体表面積が大きくなりすぎるから
体重あたりのエネルギー消費が激しくなり飢餓には弱くなるのにね

26: 2015/07/29(水) 17:06:32.95 ID:lJsztvnm.net
>>24
体を動かすのに必要なエネルギーも
体が小さければそれだけ減るだろ
そこは概ね相◯されるんじゃないか

32: 2015/07/29(水) 19:52:50.30 ID:QClvKUQ5.net
>>26
食事の絶対量が減るだけで燃費は悪い
特に寒冷地ではサイズが小さいと体温を維持するのが厳しくなる

36: 2015/07/30(木) 07:19:09.99 ID:+/cBNfeI.net
>>32
哺乳類の最適な大きさは、家猫から中型犬くらいまで
とかいう説もある
ネズミくらいに小さくても、人間以上でも、身体に無理が来るとか

27: 2015/07/29(水) 17:14:51.01 ID:1+WBRwQc.net
>>24

ホ◯・サピエンスは、哺乳類限定でもかなり大きい
ピグミー限定でも、大きい

32: 2015/07/29(水) 19:52:50.30 ID:QClvKUQ5.net
>>27
哺乳類の種の大半はネズミとコウモリだから
ヒトは大型動物なんだよね

29: 2015/07/29(水) 17:51:36.80 ID:EHQ1TkDy.net
ミニマムサイズの体で通常サイズの胎児を出産てキツそうだな

34: 2015/07/30(木) 00:40:51.52 ID:Hp8AypA3.net
体格の変化はわりと速やかに起きるんじゃね?
犬の品種改良でも証明されているだろう

39: 2015/07/30(木) 08:42:31.55 ID:VGV9FveD.net
森の生態系に溶け込んで生活する驚異の民族なんだよな。

40: 2015/07/30(木) 14:22:10.70 ID:1f/wFhsC.net
フローレス原人もこんな感じか

31: 2015/07/29(水) 19:50:37.20 ID:lNhzvqwr.net
小型のほうが有利であれば小型化するだろうし
小型が不利であれば大型化するだろうし