1: 2015/08/11(火) 08:10:26.51 ID:???.net
小型コウモリ、長寿の秘密はフルーツ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/080700219/

画像
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/080700219/ph_thumb.jpg
小型コウモリの体長は2.5~12センチ前後しかない(写真は、ペルーのジャバリ川で撮影されたアルブシロサシオコウモリ)。 (Photograph by Amazon-Images MBSI, Alamy)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/080700219/01.jpg
(NG STAFF/SOURCES: TheAnimalFiles.com; Apple)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/080700219/02.jpg
ネズミを捕まえるインドのチスイコウモリモドキ。(Photograph by Stephen Dalton, Minden Pictures/Corbis) 


 コウモリのなかでも、オオコウモリを除くほとんどの種はいわゆる「小型コウモリ」。小さいものは体長3センチ弱、大きくても12センチ前後しかないが、その数はおよそ1000種にのぼり、地球上の全哺乳類の実に17%を占めている。

「初めて見たら、その小ささに驚きますよ」と、オーストラリアのメルボルン大学でコウモリを研究するピア・レンティーニ氏は言う。「おまけに、おしつぶされたみたいなブサイク顔ぞろいなんです」。ところが、暗闇にすむこの小さな動物は、これまであまり研究もされず、日々の暮らしも謎に包まれたままだった。(参考記事:「世界で唯一の白いコウモリ」)

 今回、レンティーニ氏率いる研究チームは、小型コウモリについての貴重なデータをまとめ、その成果を8月4日発行の『Biology Letters』誌で発表した。

 現在北米では、致死性のカビで発症する「白い鼻症候群」によるコウモリの大量死が問題となっている。光害や風力発電といった人間活動の拡大も、個体数の減少に拍車をかけている。しかしコウモリを保護しようにも、生態がよくわからないままでは手の施しようがない。(参考記事:「コウモリを体内から燃やしつくす致死性カビ」)

「それが、われわれの研究の背景にある大きな動機です」と、レンティーニ氏は語る。


研究しにくいコウモリ

 小型コウモリは、反響定位という能力、いわば体内ソナーを使って、蚊などの害虫を捕まえている。また、テキーラの原料となるリュウゼツランなどの授粉をしているのも彼らだ。小柄なわりに、寿命が長いのも特徴。一般的に小型動物は寿命が短いと思われがちだが、最も長く生きたコウモリは、野生下で41年という記録がある。

続きはソースで

ダウンロード (1)


引用元: 【生態学】小型コウモリ、長寿の秘密はフルーツ 食料や出産数が寿命にどう関わるかを分析

2: 2015/08/11(火) 08:27:41.86 ID:6uvztc5E.net
唯一の飛べるほ乳類なのに研究があまりされていないのが不思議

4: 2015/08/11(火) 08:38:09.32 ID:ZhpP0/5u.net
トリとケモノにじゃけんにされている設定だが、哺乳類の
中で、種類がネズミ(1/2の種)に次いで1/4がコウモリ目

8: 2015/08/11(火) 09:09:26.96 ID:l5NT8/GM.net
>>4
「憎まれっ子世にはばかる」を地で行ってる

9: 2015/08/11(火) 09:15:17.25 ID:Hzk/Grso.net
>「おまけに、おしつぶされたみたいなブサイク顔ぞろいなんです」
子供が結婚相手に非白人を連れてきたら発狂するハルクホーガンみたいなタイプ
そして子供は「どうして?お父さんは人種差別はダメって言ってたでしょ」

11: 2015/08/11(火) 09:43:43.22 ID:4BHcGfn4.net
>キティブタバナコウモリ
師匠!まだデザイン上がってませんからもう少し、もう少しお待ちやす!!

12: 2015/08/11(火) 10:00:45.51 ID:ZhpP0/5u.net
こうしてますます某国は平均寿命も延び、発展していったという
※悪逆非道な日帝時代に平均寿命が倍増した話は忘れてる

すべてはフィクション、モデルとなる特定の国は忘れた//

14: 2015/08/11(火) 12:17:11.26 ID:A0WHs7DS.net
動物界の三冠王を狙ってます

バットマンだけに

15: 2015/08/11(火) 12:43:56.06 ID:sx2o0LvC.net
>>1
ほとんど同じサイズなのに
ネズミ補食するんだな
やっぱ空中からは有利なんかな

16: 2015/08/11(火) 15:04:05.45 ID:FY1MJ/KX.net
共食いに見えます

18: 2015/08/11(火) 15:17:02.41 ID:sx2o0LvC.net
>>16
大型の鳥が小型の鳥を補食するのは
よくある光景

17: 2015/08/11(火) 15:17:02.26 ID:XvoA0Ksx.net
既に 線虫で一部の有機酸が寿命をのばすのはわかってることだろうに

19: 2015/08/11(火) 15:20:15.84 ID:XvoA0Ksx.net
寿命をのばす有機酸は クエン酸回路の2つの物質
・オキサロ酢酸
・αケトグルタル酸

一番フルーツに多いのはオキサロ酢酸になるリンゴ酸
だが、効果はケトグルタル酸のほうが高い
ケトグルタル酸は発酵過程で生成されるが多くはさらに別の物質へと変換される

20: 2015/08/11(火) 15:51:21.63 ID:83dY9GPY.net
久しぶりに屋根裏を見たら蝙蝠の卵がびっしり

21: 2015/08/11(火) 15:57:50.07 ID:u+GM1xM1.net
>>1
果物が体に良いってよく分からないんだけど、

糖質は体に悪いとされてるけど、果糖と砂糖って違うの?

それとも、糖質の弊害を上回るメリットになる栄養分が果物には含まれてるってことなの?

23: 2015/08/11(火) 16:32:34.45 ID:YxGT/zHv.net
>>21
糖質は必須なものだ。悪い物質ではない
基本から勉強しよう

24: 2015/08/11(火) 18:21:56.38 ID:cnVicRkD.net
クエン酸がいいと
聞いたけどーー

25: 2015/08/11(火) 19:22:38.37 ID:ereP4nFz.net
鼠を襲うことより飛んで運ぶことの方が驚きだわ。
つかちょっと検索して見たけど、コウモリ媒花とかカタツムリ媒花とか受粉にも色々あるんだね。

27: 2015/08/11(火) 22:57:35.93 ID:vJ6Kl190.net
黄金バットに出てくるコウモリさんはブタ鼻だったなあ
しかしバットさんって超音波の能力あったんだろか
目から透視光線出してたし

28: 2015/08/12(水) 07:14:17.48 ID:rbgNtjL+.net
窓開けてたら何故か家の中に入ってて、最初は暗かったからシルエットで黒揚羽蝶と思っていた。だけど飛び回る速度と雰囲気からどうも様子が違う。

おそるおそる電気のスイッチを押すとなんとビックリコウモリだった。
その後、壁に張り付いたコウモリを蟲網で捕まえて観察すると顔が余りに豚に似てて驚いたあの思い出。

部屋の掃除が死ぬほど大変だったが。

29: 2015/08/12(水) 10:51:35.01 ID:0DXAzMpK.net
>>28
部屋に油でも付くの?

30: 2015/08/12(水) 17:08:12.13 ID:rbgNtjL+.net
>>29
コウモリは菌が凄いらしいぞ。

万が一、部屋にウ◯コでもしてたらかなり大変な事になるとか。

まぁ一般的に野生の動物は病原菌の媒介になってるやん。ネズミもしかり、そしてツバメだか雀だかは空のネズミと評されてるしね。

32: 2015/08/13(木) 19:17:55.39 ID:psNGuAff.net
>>30
空飛ぶ鼠は鳩な

31: 2015/08/12(水) 17:41:18.21 ID:U7/uBDsh.net
ガキのころ公園に落ちてたコウモリの子供(飛べない)をつついて遊んでたら
突如二人組のオッサンに挟まれて「そのコウモリを売ってくれんか?」と言われ200円で取り引きした
そして「これに書いてある生き物見つけたら電話してくれんか」とチラシをくれたわ
なんかグロい小動物とか昆虫のリストが載ってたが細部は思い出せない

10: 2015/08/11(火) 09:26:58.26 ID:MKVXRpK/.net
まんま(´・ω・`)じゃないかw