古代のナマケモノ、海に進出していた
【引用元:Jane J. Lee National Geographic News March 12, 2014】


0: 理系ニュース∞0000/0/0(水) 00:00:00.00 ID:rikeinews

ナマケモノって夜行性で一日の殆どを木の上で黙って過ごして、数日に一回木の下に降りて排便をするやつでしょ?
まさかあのナマケモノが沖まで出て泳ぐようになるとは・・・

しかも一日に葉っぱ数枚しか食べないエコな動物なのに、海に進出してたとするならやはりそれなりに食事してたのかな。
そうじゃなきゃ体力持たないと思うんだけど。

今のナマケモノと違うのはわかるけど、「怠け者」とまで言われる動物が潜水もして餌を手に入れるって事は、もはや「怠け者」とは言えないね。


スポンサーリンク
~ここから引用~
現代のナマケモノは樹上で生活をしている。頑張って地上に下りることはたまにしかない。しかし、約500万〜800万年前には、ナマケモノの仲間の5つの種が海に潜っていた。
~ここまで引用~

【引用元:Jane J. Lee National Geographic News March 12, 2014】

↓続き・引用元の記事の全文はこちら↓
http://news.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140312003