1: 2015/09/11(金) 09:32:53.63 ID:???*.net
その人をその人たらしめているものとは

原題:Is Our Identity in Intellect, Memory or Moral Character?
A new paper looking at Alzheimer’s and other neurodegenerative diseases finds a surprising answer to where our identity lies

http://jp.wsj.com/news/articles/SB10967160243142334065304581223851865496960?mod=trending_now_3

 今年の夏、わたしの義母が93歳で亡くなった。94歳の義父が亡くなってから数カ月後のことだった。亡くなるまでの5年間、義母はアルツハイマー病を患っていた。
亡くなる直前までに彼女はほぼ全てのことを忘れてしまい、自分の子供たちの名前さえも思い出せなかった。高い知性や文学・歴史に対する情熱など、彼女を特徴付けていたものの大半は失われていた。

 それでも最後まで残っていたのは彼女の親切な心だった。その暖かさと優しさは年を取るにつれ一層輝いていくようにみえた。アルツハイマー病によって、人は愛する人を失ってしまったような気分にさせられる場合がある。
その人がまだ生きているにもかかわらず、である。しかし彼女の変わらぬ優しさは、たとえ記憶と知性が失われていても、彼女がイーディス(義母の名前)その人であると思わせていた。

老化、どの通説も誤りかも―友情と創造性、人生の満足感は高まり得る

 学術誌「心理科学」に掲載された新たな論文は、エール大学の心理学者ニーナ・ストローミンガー氏とアリゾナ大学の哲学者ショーン・ニコルズ氏による興味深い共同研究結果だ。
この研究は、イーディスがより普遍的で少し意外な原理の一例であることを示唆している。それはわれわれ人間のアイデンティティーが、記憶や知性ではなく、モラル(道徳)的な性格から来ているという原理だ。

 アルツハイマー病のような神経変性疾患は、人間の本質に関して深遠な疑問をわれわれに突き付ける。わたしの脳を構成する神経連絡経路の中で、わたしはどこにいるのか、イーディスはどこにいたのか、そして、そのような連絡経路がほころび始めると、その人に何が起こるのかといった疑問だ。

 多くの哲学者は、われわれのアイデンティティーが、継続的な記憶ないし蓄積された知識に根差していると主張してきた。これに対し、ストローミンガー、ニコルズの両博士は、われわれ人間が人々を彼らの道徳的な性格、つまり優しさないし親切さないし勇敢さによってアイデンティファイ(識別)していると主張している。つまり、それらの性格が続いていれば、その人のアイデンティティーも続いているのだという。

続きはソースで

images
 

引用元: 【科学】その人をその人たらしめているものとは

スポンサーリンク
6: 2015/09/11(金) 09:35:17.33 ID:N5VzZCLb0.net
地ってどうしても出るよね

8: 2015/09/11(金) 09:38:06.98 ID:BYrnMlhG0.net
名による縛りと他と違う見た目

9: 2015/09/11(金) 09:42:04.05 ID:Y43yIDJf0.net
俺が期待していた内容と違う・・・

11: 2015/09/11(金) 09:47:33.32 ID:Pnn1H2260.net
なんか観念的な話だなあ

25: 2015/09/11(金) 11:24:25.44 ID:cDqY4ak+0.net
最後は痴呆になって老衰で死んだ婆ちゃんも最後まで婆ちゃんだったわ
自分がどうなっててどこにいるのかも分からなかったけど家族の顔や名前は分かってて
辻褄が合わないながらも最後まで会話できたし若干子供じみてたけど性格も変わらなかった
ただ労力と対価の損得勘定みたいな計算が出来なくなってて無駄なことをしようとはしてた

26: 2015/09/11(金) 11:39:57.97 ID:zev3d4vB0.net
温和だったのにボケたら凶暴になる人もいるよな・・・

27: 2015/09/11(金) 11:53:18.19 ID:2Zijjhif0.net
ボケと共に精神疾患が併発したりするからなぁ
しかもボケから来た情緒不安定と
容易に区別つかないし

33: 2015/09/11(金) 12:15:07.95 ID:JPyAOWAG0.net
乙女を乙女たらしめているものとは?

36: 2015/09/11(金) 12:56:58.90 ID:ckxRt4ilO.net
人間が人間であるための部品が決して少なくないように、自分が自分であるためには驚くほど多くのものが必要なの。
他人を隔てるための顔、それと意識しない声、目覚めの時に見つめる手、幼かったころの記憶、未来の予感。
(中略)
それら全てが私の一部であり、私という意識そのものを生み出し、そして同時に私をある限界に制約し続ける。

37: 2015/09/11(金) 13:00:10.43 ID:Z+b6MsWG0.net
アルツハイマーじゃなくても、お酒に酔えばその人間の本性が分かるよ
俺、意識高い系で、常に何か自分を高める練習してないとダメなんだけど
ある時酔っ払って意識無くした時は、ずっと腕立て伏せと腹筋してたと
友人が言ってた

44: 2015/09/11(金) 14:14:17.48 ID:+ZkxV/Az0.net
>>37
なんかワロタけどそうかもしれんな

38: 2015/09/11(金) 13:27:30.78 ID:1i2eCdNa0.net
自由意思なんて存在しない

41: 2015/09/11(金) 13:51:19.48 ID:TblSO5ix0.net
根本的なところは変わらんのよね
几帳面だった婆ちゃんはボケても毎日部屋の整理をしてる
新聞のチラシを一回バラバラにして畳み直して同じ大きさに揃えたり、なんの意味があるのかわからないけど婆ちゃんらしいところが残ってる

43: 2015/09/11(金) 14:07:32.79 ID:A/ZaR7fT0.net
部位が対応してるんだろ。
アルツで機能しなくなる部位と、そうでない道徳的なものを司る部位。

46: 2015/09/11(金) 14:19:07.22 ID:fH3/m26N0.net
周囲に愛されるような発症のしかたならそうなのかもね

47: 2015/09/11(金) 14:25:23.62 ID:9jIwu8CV0.net
酔っ払った時が本性なんてそんな単純な話じゃないよな

48: 2015/09/11(金) 14:44:34.33 ID:l7/UQUTr0.net
私が死んでも代わりは居るもの

51: 2015/09/11(金) 17:31:47.85 ID:pmUq/J1V0.net
ゴーストです。

60: 2015/09/12(土) 10:31:09.60 ID:zSrku/8k0.net
日本は核家族世帯がほとんどでしょ
まず同居してる自分の祖父母を見ていずれ人間がどうなるか若いうちに体験できるんだよ
だけど、核家族だといい年になってから自分の親が突然なるわけだ、腰抜かしちゃうよ
同居してない祖父母なんて思い入れないし、世話するわけでもないからなんの体験にはならん

62: 2015/09/12(土) 12:39:58.26 ID:L8+FraHY0.net
ゾンビという映画があって、ゾンビは大脳が死んでいき人間らしさを失うんだけど、
本能だけは残った人間とされた。

64: 2015/09/12(土) 21:42:57.64 ID:XlYnI1GD0.net
病気(障害)が性格ってことあるのかなあ。
重度アスペの人で、自分勝手で恨みがましくて反省したがらなくて…っていう性格
あれは本人の性格だよね。病気の性格じゃない
でも同じ病気の人、同じ性格なのね。こまった症状=こまった性格なの

68: 2015/09/16(水) 08:26:04.21 ID:wscYM7fj0.net
ある意味残酷な話
痴呆症を患って、人を疑い攻撃することがひどくなった例を知ってるんで、なんかね。
元からちょっと配慮に欠ける人だったけど。

70: 2015/09/16(水) 09:31:15.90 ID:Nge3vUx70.net
90歳を超えたらいるだけでも構わない
だから・・・だから・・・だから・・・

28: 2015/09/11(金) 12:00:57.71 ID:KtVuhSC30.net
自分らしさってなんだろね