1: 2015/10/20(火) 17:57:38.90 ID:???.net
サッカーボールの縫い目の位置は、飛翔軌道に大きな影響を与える―筑波大・洪性賛氏ら | サイエンス - 財経新聞
http://www.zaikei.co.jp/article/20151019/274440.html
筑波大学|お知らせ・情報|注目の研究|サッカーボール周りの空気の流れを可視化 ~縫い目の位置がボールの飛び方を左右する~
http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201510081800.html
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/151008asai3.pdf

画像
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/151008-2.png
図 PIVを用いて可視化されたサッカーボール周りの空気流れ
縫い目(赤い矢印)が2つの場合(a)、剥離点は約 120°に位置(太い黄色の矢印)する。しかし、剥離が起こる所 (120°)に縫い目が位置する(b)と、その剥離点が少し後に移動(125°;太い黄色の矢印から赤い矢印の位置への変化)する。また、縫い目の間隔が比較的狭い(50mm)場合(c)、seam1で1回剥離が起こるが,直ぐ再付着しseam2後方で完全に剥離(140°)する。さらに、縫い目が3つある場合(d)、seam1とseam2で再付着が起こり、剥離点を最も後方(145°)に移動する。


 筑波大学の洪性賛研究員らの研究グループは、サッカーボール表面を構成している縫い目の位置が、サッカーボールの飛翔軌道を決定する大きな要因の一つになっていることを明らかにした。

 近年、サッカーボールは、ボールパネルの形状やデザインなどが大きく変ってきている。2006年に行われたドイツワールドカップの公式球であるチームガイストボールはパネル数14枚で構成されており、従来のサッカーボールの典型的な形である六角形パネルと五角形パネルの32枚のパネルボールから大きく変化した。そして、2010年南アフリカワールドカップ大 会では8枚のパネルで制作されたジャブラニ、2014年ブラジル大会では6枚のパネルで制作されたブラズーカが使用された。

続きはソースで

images
 
なお、この内容は「Scientific Reports」に掲載された。論文タイトルは、「Visualization of air flow around soccer ball using a particle image velocimetry」。

引用元: 【流体力学】サッカーボール周りの空気の流れを可視化 縫い目の位置がボールの飛び方を左右する 筑波大など

スポンサーリンク
2: 2015/10/20(火) 18:10:40.74 ID:Wtc9PpoC.net
動画で説明しろよ

3: 2015/10/20(火) 18:20:40.29 ID:qei+0/TW.net
縫い目が100本か2本か極端な場合を考えればすぐわかることだろ

4: 2015/10/20(火) 18:22:41.58 ID:BPRYONoX.net
2次元か
PC性能がいいんだから三次元希望

7: 2015/10/20(火) 19:12:54.56 ID:WdgXgFtE.net
>>4
計測だから、PCとの性能関係ない
連続写真または動画から画像処理で流速求めてるから、3次元にしようとするとえらく大変

6: 2015/10/20(火) 18:27:07.00 ID:pOeGYbo9.net
日本のサッカーは縫い目以前の問題

8: 2015/10/20(火) 19:29:32.42 ID:1PsWnqJj.net
ついに27面体になるのか

9: 2015/10/20(火) 19:46:55.97 ID:0oeujHNJ.net
ドライブシュートがはかどるな

10: 2015/10/20(火) 20:16:56.61 ID:0SHG2+rK.net
こんなことを研究する暇と金があるのなら、
組体操とムカデ競競走の危険性を示してみろよ。
遊んでんじゃねーよ。

11: 2015/10/20(火) 20:52:43.84 ID:k75JoRz5.net
うーん以前からあった研究のような。

12: 2015/10/20(火) 21:16:32.98 ID:EXJUw6fJ.net
サッカーは野球より20年遅れているな。
20年昔、ホームランバッターの打球が層流により伸びることを大型機でシミュレーションして検討していたよ

13: 2015/10/20(火) 21:23:39.82 ID:ZW+z37TP.net
これは昔から分かってたこと
10年ぐらい前からサッカーボール周りの流れの可視化の
結果は流体屋なら常識レベル

14: 2015/10/20(火) 21:59:50.29 ID:WdgXgFtE.net
>>1のPDFファイル見る限り、ボールは固定して試験してるように見えるんだけど、
もしそうなら、わざわざプレスリリースするほどの実験か?

15: 2015/10/20(火) 22:31:11.97 ID:nVFUUqsu.net
知ってた。
ボールの空気を入れる穴を下にするとボールが浮きにくくなるので
PKの時は穴を下にすると大宇宙しなくて済む。
これでW杯ベスト8が見えたな。

16: 2015/10/20(火) 23:07:51.49 ID:O3qLqqKf.net
この程度の画像解析で「可視化」って言ってしまうのが何とも哀しい
この意識とプレゼン能力の低さがいまいち日本の科学が世界で活躍しない元凶だろうな
分かりやすく伝える努力はしないのが日本の科学者の哀しいところ

18: 2015/10/21(水) 10:23:14.71 ID:PJav6BTt.net
縫い目なんか無くせ

数学的に美しくない

20: 2015/10/23(金) 03:22:31.52 ID:g1759w25.net
回転しないボールはなんで揺れて見えるん?

23: 2015/10/27(火) 23:32:31.13 ID:Ik9+VIQW.net
>>20
縫い目に周辺の空気が影響され不均一な力が生じる

野球の方では、ナックルボールでの揺れについての研究というのがある
更に、僅かなジャイロ回転中(1秒に4回くらい)だと最も揺れる

21: 2015/10/23(金) 08:14:44.96 ID:+b+CvKVa9
大会毎にサッカーボールのデザイン変えるなって事だな。

24: 2015/10/28(水) 16:29:57.59 ID:o06jcolJ.net
冬場は空気の密度が高いので、抵抗が増して、ボールの飛距離が短くなる。

気温が40℃だと絶対温度でいえば313度である。
気温が0度だと絶対温度で云えば273度である。
その比は1.15倍であり、密度が15%も違うから
冬場は空気抵抗も大きくなる。
 冬場はピッチャーの球速も落ちが激しくなり、
変化球の切れも良くなるだろうが、打った球の
伸びも減るわけだ。

17: 2015/10/21(水) 08:38:57.09 ID:NDey8YKz.net
キャプテン翼も真っ青だな