1: 2015/11/05(木) 18:18:27.36 ID:???.net
あらゆる電子技術の脅威、「強力な太陽嵐」がまた来る!? (WIRED.jp) - Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151105-00010000-wired-sci

画像
http://amd.c.yimg.jp/amd/20151105-00010000-wired-000-1-view.jpg
2014年9月10日に発生した「X1.6」級の太陽フレア。氷床コアの研究により、過去1,300年の間に2度、超強力な太陽嵐が起きていたことが示された。


グリーンランドと南極大陸から採取した古代の氷床コアを研究する科学者たちが、過去1,300年の間に2度の非常に強力な「太陽嵐」が起きていたことを示す、さらなる証拠を発見し、将来起こりうる同様の事象に懸念を表明している。激しい太陽嵐は、あらゆる種類の電子技術に脅威を与えるからだ。
歴史上の太陽嵐については、まず最初に名古屋大学の研究グループが2012年、西暦774~775年の期間に、炭素の放射性同位体である炭素14の濃度が急上昇したことを示す証拠を屋久杉から発見したと報告した(日本語版別記事)。

この研究以来、ほかの大陸で入手された同時代の樹木の年輪にも、同様の炭素14濃度の急上昇が観測されてきた。また、カリフォルニア大学サンタクルーズ校の大学生により、歴史的文献のなかにこの事象と関連する可能性がある記述が指摘された。『アングロサクソン年代記』には、774年、日没後の空に「赤い十字架」が現れた、と記されているのだ。

しかし、このような炭素14濃度の急上昇を何が引き起こしたのかについては完全には明らかにされていなかった。それを説明すべく「巨大な彗星が太陽あるいは近くの超新星にぶつかった」などの新奇な理論も提出されてきた。そしてこのほど、スウェーデンのルンド大学の地質学者であるライムンド・ムーシェラー教授が率いる研究グループは、氷床コアの分析から、774~775年に起きた事象および993~994年に起きた同様の事象の原因は「太陽フレア」である可能性が高いと結論づけた。

同研究グループは、『Nature Communications』に掲載された論文で、氷床コアにおいて、炭素14のほかに、放射性ベリリウムの挙動も分析。2回のうちより大きな774~775年の事象については、これまでに地球上で記録された最も強烈な太陽嵐と比べ、少なくとも5倍の強さだったと述べている。

続きはソースで

images (1)


引用元: 【天文学】あらゆる電子技術の脅威、「強力な太陽嵐」がまた来る!?

2: 2015/11/05(木) 18:21:33.21 ID:Wo5Zdufk.net
来る来る詐欺^ ^

3: 2015/11/05(木) 18:26:33.95 ID:x7oMhvet.net
来る来る詐欺ではなく、巨大フレアに関しては実際にいくつも起きている。
昨年は5回大きなものが起きてるけど、すべて地球に向かってないだけ。
地球に向かって爆発する確率は、何十万分の1だもんね。

20: 2015/11/05(木) 19:42:05.34 ID:cCfUjgiE.net
>>3
来てないじゃんw

4: 2015/11/05(木) 18:28:50.39 ID:dRFshkKe.net
黒点の数少ないよね

5: 2015/11/05(木) 18:33:30.94 ID:xj/+PpyG.net
彗星が落ちて来るかもしれない確率とどっちが高いのだろうか

6: 2015/11/05(木) 18:40:59.79 ID:FT7CeeBp.net
宇宙空間に空気ねえだろwwwなんで風が吹くんだよwww
宇宙低気圧この星を襲うってかよwwwwwwwwwwww

14: 2015/11/05(木) 19:08:30.53 ID:SsRNtkyW.net
>>6
宇宙に海は無いけれど宇宙船と言うが如し

41: 2015/11/06(金) 14:51:57.58 ID:GeW3dXKu.net
>>6

宇宙に空気があろうがなかろうが関係ない。
太陽フレアってのは、「太陽から色んなものが飛び出す」現象なんだから
真空中だろうが、太陽から噴出されたら風でもなんでも起きる。

原理的にはそんだけ。


ただ、太陽から飛び出すフレアが、毎秒400~2000km/sという超高速なガス
とガンマ線アフファ線・電磁波・中性子・ガス・プラズマその他など様々なもの総エネルギー量が
単に、10の32乗erg(身近なエネルギー換算で水爆100万個程度)と、ほんのちょっと巨大なだけ

色んなものが飛び出すが、ほとんどは、地球の大気や地球の磁場(地球バリア)によって
守られているので阻止できるが、
宇宙の電磁波が巨大すぎるので、(地球の電磁場に守られているので)直撃はしないものの
それに、引っ張られて、地球そのものに電磁場が発生する。(GIE)

電磁波が導体に当たれば、電磁場が発生し、電磁場が発生すれば、電流が起きる。

理科で勉強しているはずだ、モーターとか発電機の原理と一緒。
ただ、サイズが太陽地球サイズと巨大なだけ

そのフレアの内の巨大電磁波が引き起こす大地の電磁場を受けて
送電線内に巨大な電気が発生してしまい、最大5か月停電するっていう話。

9: 2015/11/05(木) 18:51:37.06 ID:DTVpElsS.net
オーロラ観覧ツアーはウハウハってこと?

11: 2015/11/05(木) 18:59:25.10 ID:CpW7apLW.net
人海戦術とメカトロ技術をまだ持ってるところが覇権を握れるな。
これはまさかの中共大勝利フラグか。

12: 2015/11/05(木) 19:02:50.28 ID:vQVN06R/.net
箱作って入れとくか

13: 2015/11/05(木) 19:06:23.48 ID:SsRNtkyW.net
ケセラセラ
北海道北端でもオーロラが見えたのって・・・20年前だっけか

それよりペテルギュウスがどうなるやら
人類の文明どころではなく、ゴキブリ以外全生命が絶滅するかもというやつ。

15: 2015/11/05(木) 19:17:07.24 ID:p8QeAmRa.net
電子機器壊れたら買いなおしになるね
でも買うにも製造ラインの機器もぶっ壊れてるね

16: 2015/11/05(木) 19:17:24.45 ID:54koPBAT.net
アルミシート買っておけば余裕だろ?

17: 2015/11/05(木) 19:21:51.23 ID:LINdUNoJ.net
人類って美人だけど頭の弱い若いねーちゃんみたいなもんなんだな
いつ襲われるか判らないのにまるっきり無防備なんて‥

19: 2015/11/05(木) 19:36:43.86 ID:l4pq4d2y.net
スマホ壊れるん?

21: 2015/11/05(木) 20:01:12.13 ID:PU1c/ARB.net
太陽を超電導コイルで包んでフレア制御するしかないな

24: 2015/11/05(木) 20:22:28.89 ID:zsaEG9gV.net
アメリカだけで最大被害額2.6兆ドルてヤバいな
太陽フレアて被害額の大きさや頻度の多さに対して、対策があんま議論されないよね

28: 2015/11/05(木) 21:19:27.71 ID:A6qT44hn.net
原発はちゃんと対策してんの?

30: 2015/11/05(木) 22:28:08.84 ID:adQGaYZ/.net
>>28
対策は万全
三重の防壁で完璧に守られている
100%事故はおこらない、絶対に間違いない。

29: 2015/11/05(木) 21:44:51.00 ID:1MtL3Emz.net
1000年に1回以上の頻度で起こってるけど地球に直撃しないだけ。

31: 2015/11/05(木) 22:38:20.99 ID:bUmOz4lF.net
来たらコンピューター文明は終わるな
バックアップも全滅でどうにもならない

32: 2015/11/05(木) 22:41:47.21 ID:bUmOz4lF.net
車も船も動かなくなるから物流も死ぬ
日本人の多くは餓死するだろう

34: 2015/11/05(木) 23:53:43.82 ID:HABBX+b3.net
1859年並みのフレアが来たら
一般家庭の電化製品全滅しそうなんだけど大丈夫なんだろうか
電子レンジや冷蔵庫の中に電子機器入れてやり過ごすとかしないとダメかな

36: 2015/11/06(金) 01:51:33.09 ID:QYe7Uv7W.net
ちょい昔にカナダの電力網を破壊した程度かと思ったらもっとヤバいレベルのなのか。
アレの2倍や10倍とか今の社会で起きたらどうなるのか想像も出来んな。

38: 2015/11/06(金) 08:05:53.08 ID:gdvyB6Zo.net
太陽嵐で困るのは電磁パルスだから鉛は関係無い
鉄の方が有効
ガンマ線類は大気が遮蔽する

42: 2015/11/06(金) 15:23:47.37 ID:TcLYFjXJ.net
水を張るタライを用意してるから大丈夫

43: 2015/11/06(金) 20:25:33.47 ID:M2p36YB9.net
停電数ヶ月だったら、翌年は出産ラッシュだなw

46: 2015/11/07(土) 19:37:34.84 ID:018qmo2Q.net
天文現象もともかくだが、軍事的にもEMI対策はもっと真剣に考えておくべきだよ。