1: 2015/11/16(月) 22:30:51.05 ID:???.net
オービタルATK社は2015年11月13日、12月3日に打ち上げを予定している「シグナス」補給船運用4号機の愛称を「ディーク・スレイトンII」にすることを明らかにした。

images (1)


ディーク・スレイトン(1924年~1993年)は米国の宇宙飛行士で、米国初の有人宇宙飛行に挑んだマーキュリー計画で選ばれた、7人の宇宙飛行士(マーキュリー・セヴン)のうちの1人である。しかし、心臓に病気が見つかったことで宇宙に行けなくなり、管理職となって多くの宇宙飛行士を育てた。

だが、その後病気を克服し、1975年7月17日にアポロ宇宙船に搭乗し、ソ連との合同ミッションである「アポロ・ソユーズ・テスト計画」に参加。217時間にわたって宇宙を飛行した。彼にとってこれが最初で最後の宇宙飛行となった。

オービタルATK社は、シグナス補給船に毎回宇宙飛行士の名前を愛称として与えており、昨年打ち上げに失敗したシグナス補給船運用3号機の愛称は「ディーク・スレイトン」だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151116-00010002-sorae_jp-sctch

引用元: 【宇宙】伝説の宇宙飛行士、再び宇宙へ! 「シグナス」補給船運用4号機、愛称は「ディーク・スレイトンII」に

スポンサーリンク
2: 2015/11/16(月) 22:33:39.29 ID:69ahF8I5.net
ライトスタッフ?

3: 2015/11/16(月) 22:37:20.63 ID:9B92L58j.net
>>2
一人、可哀想な人がいたな。
ガス・グリソム飛行士だったっけ

その後、数十年経ってから名誉が回復されたが

5: 2015/11/16(月) 22:45:31.74 ID:rH7wMIVZ.net
韓国の男性宇宙旅行者候補はロシアでクビになってたな w

7: 2015/11/16(月) 23:51:57.75 ID:wJAQmU8n.net
The Right staff
いい映画だったな
最後にチャックイエーガーが黒焦げになって歩いてくるシーンが記憶に残ってる
オープニングテーマを聞くとなぜかやる気が湧いてくる

16: 2015/11/18(水) 08:08:40.72 ID:QFu71XKz.net
>>7
細いけどright stuff な

staffだと、正しい職員とかそんな感じ?
the right stuffは 適正な資質とかそんな意味

あんま変わらないかw

18: 2015/11/18(水) 14:50:22.76 ID:qaiMiCO2.net
>>16
チャックは否定してるけどなそういう資質
原作ではライトスタッフ=決死の行動を進んで行うDQNの幸運さ加減、という定義だし
映画では生還したチャックもやはりライトスタッフの持ち主というふいんきだったけど、
原作はライトスタッフ街道を外れたチャックはやはりドジを踏んで氏にかけたが、
かろうじて生還することで面目を保った、てな感じ

22: 2015/11/22(日) 10:15:38.73 ID:Kl39Eh7y.net
>>18
昔読んだニール・アームストロングの伝記だと
イェーガーがNF-104で墜落したあのエピソードは
チャックががシミュレーターによる訓練を軽視したため
「ヘマやらかした」的な話が載ってるな

9: 2015/11/17(火) 08:06:24.39 ID:0nsJkI1p.net
シグナスに愛称なんてあったのか。

11: 2015/11/17(火) 16:43:07.98 ID:ma3nXo4/.net
マーキュリー・セブンの人か
アメリカの有人宇宙飛行のパイオニアだもんな

12: 2015/11/17(火) 21:59:40.63 ID:Oc6lNk7y.net
HTVが苦難の末に実証、実用化したキャプチャー&バーシング方式も、
確立してしまえばシグナスみたいなツギハギの補給船も登場するほどに日常化。

巡り巡って、HTVも現在のスタイルを捨てて大幅に簡素化されることになった。

なんともはや。

13: 2015/11/18(水) 00:49:22.99 ID:gRYrR0UM.net
>>12
まあ、宇宙開発技術なんてそんなもの。
H-II打ち上げだって最初は大ニュースだったのに今では成功してあたりまえ。
逆に、いつまでもハラハラドキドキの綱渡りならば、それは技術が全く進歩も実証もされてないという事だし。

19: 2015/11/19(木) 00:10:34.64 ID:AWsxe/v6.net
宇宙は我々のふるさとさ