1: 2015/11/08(日) 09:16:21.86 ID:???.net
コオロギとショウジョウバエで学習メカニズムに違いがあることを明らかに―北大・水波誠氏ら | サイエンス - 財経新聞
http://www.zaikei.co.jp/article/20151107/277580.html
ノックアウトコオロギを用いて学習のしくみを解明 - 北海道大学
http://www.hokudai.ac.jp/news/151104_sci_pr.pdf

画像
http://www.zaikei.co.jp/files/general/2015110719111480big.jpg
北海道大学の水波誠教授のグループは、コオロギを用いた研究によってコオロギの学習メカニズムの一端を解明した。


 北海道大学の水波誠教授のグループは、コオロギを用いた研究によってコオロギの学習メカニズムの一端を解明し、昆虫の種間で学習の基本メカニズムに違いがあることを明らかにした。

 動物の連合学習で罰や報酬の情報を伝える仕組みについては、古くから研究が行われ、哺乳類ではドーパミンニューロンが報酬や罰の情報を伝えることが分かっている。一方、無脊椎動物では、報酬情報はオクトパミンニューロンが伝え、罰情報はドーパミンニューロンが伝えることが示唆される研究結果と、報酬情報と罰情報の両方をドーパミンニューロンがドーパミン受容体「Dop1」を介して伝えるとする研究結果があった。

 今回の研究では、クリスパー・キャス9という新規ゲノム編集技術を用いて、ドーパミン受容体Dop1が働かないノックアウトコオロギを作成したところ、このノックアウトコオロギは、匂いと報酬(水)との連合学習は正常であったが、匂いと罰(塩水)との連合学習ができないことがわかった。つまり、コオロギは、Dop1が罰の情報を伝えるが、報酬の情報は伝えないと結論づけられる。

続きはソースで

ダウンロード (2)

 なお、この内容は「Scientific Reports」に掲載された。論文タイトルは、「Knockout crickets for the study of learning and memory: Dopamine receptor Dop1mediates aversive but not appetitive reinforcement in crickets」(ノックアウトコオロギを用いた学習・記憶研究:ドーパミン受容体Dop1 は罰情報を伝えるが報酬情報は伝えない)。

引用元: 【動物行動学/神経科学】コオロギとショウジョウバエで学習メカニズムに違いがあることを明らかに 北大

スポンサーリンク
2: 2015/11/08(日) 09:20:42.69 ID:j7OpNKha.net
ってことは、「ハエ人間」より「バッタ男(仮面ライダーBLACK)」のほうが進化してるってこと?

4: 2015/11/08(日) 09:36:53.27 ID:oFxzKuko.net
理学部生物科学科って調べたら出てくる
まあ大学で昆虫とか扱ってるのは理学部か農学部って事になる

6: 2015/11/08(日) 10:21:12.01 ID:0tr9am0f.net
種の間の差が随分大きいんだな
進化を考えれば当たり前か

10: 2015/11/08(日) 11:09:23.44 ID:+CfCS/zo.net
>>6
行動後の環境の変化において、どんな変化が賞になるか罰になるか、
どんな関係(臭いと味なのか、視覚的情報と味なのかなど)なら学習が早いかなどは
種族差があるのは分かっているし、いろいろ研究されてきた。

ただ、「おおよそ」同じ状況なら同じような学習が成立するため、
パラメーターは違ったとしても同じ構造だと多くの学者は考えていた。

しかし、この研究は、構造も違ったという結論だ。
学習に関する研究の世界観が変わってしまう発見だよ。

重大だから、さまざまな研究者によって、追試されるんじゃないかな。

8: 2015/11/08(日) 10:34:28.49 ID:f+/VRbKh.net
どうでもいい「研究」。血税ドブ捨て。

9: 2015/11/08(日) 11:04:56.66 ID:f8YItf+H.net
>>8
かわいそう。

12: 2015/11/08(日) 11:33:11.15 ID:Vvu3Qyt8.net
>>9
だな
基礎研究の大事さを分かってないんだろ
例えるなら、基礎研究そのものは直近では社会の役に立たない石ころみたいな物が多い
だが、端から見たら石ころみたいにしか見えないその研究結果を積み重ねて行くことで、巨大な山が出来上がる
山には多くの草木が芽吹き、多種多様な生命が育まれ、いつしか広範囲に成果という利益と発展をもたらす
その一方、すぐに金になる研究は、専門規格化された部品の様なもの
直ぐに特定の機械を作る事ができてその効果も高いけども、応用や発展は難しい

15: 2015/11/08(日) 14:33:47.84 ID:gFXnUFN8.net
動物行動の研究は北大の生物学科で盛んだからな
そのうち、ノーベル賞も出るよ

17: 2015/11/08(日) 16:06:51.72 ID:o1HbEwma.net
>>15
動物行動学って具体的に
どんな分野でノーベル賞の対象になるんだ?
煽りじゃなく、わからないから教えてください。

18: 2015/11/08(日) 16:56:44.22 ID:Vvu3Qyt8.net
>>17
良くわからんが、例えば今回の研究が元で巡りめぐって人がどえらい学習能力を持つようになったり、加齢による学習能力の低下が無くなったりするようになりゃノーベル賞もんじゃね?

20: 2015/11/09(月) 13:03:06.39 ID:Vs0fIkMG.net
>>17
ティンバーゲンやローレンツ フリッシュがすでに医学生理学賞を受賞してるよ。1973年

研究内容と賞の名称がイマイチあってないけど

16: 2015/11/08(日) 14:58:46.16 ID:HSrcuVZE.net
昆虫は脊椎動物よりも早期に上陸し世代交代も早いから
神経伝達の仕組みが異なると言われても
よく考えたらあまり不思議ではないのかもしれんな。

19: 2015/11/08(日) 21:27:59.11 ID:9/+O3ZrQ.net
エサの違いによる伝達物質受容物質の生成コストの違いの可能性は?

21: 2015/11/09(月) 17:06:11.71 ID:ZkLBtvNN.net
最近、北大の生物学関係は頑張ってるな
たいしたもんだわ