1: 2015/12/02(水) 12:28:38.46 ID:CAP_USER.net
より高い超伝導臨界温度を実現する物質設計に新指針 | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2015/20151201_2/
より高い超伝導臨界温度を実現する物質設計に新指針 | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2015/20151201_2/digest/


送電線もコンピューターの回路も、電流を通せば電気抵抗が生じ発熱します。送電線なら熱による電力のロスが生じ、これは送電線の距離が長くなればなるほど大きくなります。
また、コンピューターの作動にも熱は大きな障害です。CPUやメモリーなど計算処理に使われる半導体の発する熱は、ときには熱暴走を引き起こし、寿命の低下にもつながります。

発熱を抑えて電流を流すためには、電気抵抗がより少ない材料を見つけ出さなければなりません。電気抵抗がゼロになる超伝導体はそれに対する解答ですが、現時点では大気圧下で超伝導状態を示す最高温度(超伝導臨界温度)はマイナス140℃です。冷却や管理のコストがかかるため、応用は付加価値の高いものに限られています。

理研の研究者を中心とする共同研究グループは、この難問の解決に少しでも近づくため、超伝導臨界温度を上昇させようと試みました。材料として、最も高い超伝導臨界温度を示す水銀系超伝導酸化物を選びました。この材料に6方向から均等に圧力をかけることができる装置を用いて、高い圧力をかけながら電気抵抗を測定し、圧力による超伝導臨界温度の変化を調べました。

続きはソースで

ダウンロード (2)


引用元: 【物質科学】より高い超伝導臨界温度を実現する物質設計に新指針 超省エネルギー社会を可能にする室温超伝導を目指して

スポンサーリンク
4: 2015/12/02(水) 13:06:01.41 ID:AJ4g+9AY.net
予算カット対象

遠いところで発電→送電→電力を使う 遠距離間で熱と電圧が減衰し少なくなる
ならば、近いところで発電→送電すれば、ロスが激減する

6: 2015/12/02(水) 13:25:33.34 ID:mxvfBO8S.net
超伝導が実用になれば確かに素晴らしい
ただし万が一にも超伝導状態が破れてしまったら、膨大な電気エネルギーがあっというまに熱に変わり
少なくとも送電網は無事ではすまないから
外気温100℃、気圧870ヘクトパスカルをクリアしなければ多分だめ

10: 2015/12/02(水) 13:44:29.40 ID:e5AmNb15.net
>>6
常温超電導に常電動並の電気流して
単純に排熱を抑えるという贅沢な使い方をしよう

23: 2015/12/03(木) 12:34:52.10 ID:zWULIcQc.net
>>6
抵抗が急増し時に元の大きさの電流を流し続けるような能力を
送り出し側が持っていない。抵抗の急増と同時に電流が急減する。

25: 2015/12/03(木) 13:05:14.74 ID:VF1kyPGW.net
>>23
集中定数回路でインダクタンスが無視できるならその通り
送電網や電磁石の超伝導コイルだとインダクタンスを無視できないから、きちんと爆発する

26: 2015/12/03(木) 13:41:05.33 ID:apfhLgOU.net
>>6
正副の予備経路は作るし、超電導なわけだから予備が1本残ってりゃ機能するんじゃね?
今だってそうしてリスクヘッジしてるのに、超電導になった途端にそれをやめるとは思えない

7: 2015/12/02(水) 13:33:19.58 ID:4csWwp31.net
送電はそうでも、とりあえず超伝導磁石だろ。
リニアに使うヤツ。

12: 2015/12/02(水) 14:29:26.52 ID:8IgABew3.net
>>7
リニアの超伝導磁石は車体側の磁石に使用。現状でも冷蔵庫の親分みたいな
コンプレッサ使った冷媒の冷却方式で実用化できてるらしい

8: 2015/12/02(水) 13:34:54.50 ID:JC2XoIA6.net
ほーん。歪みとかの応力でもええんか。

9: 2015/12/02(水) 13:37:50.50 ID:ft8oYqWD.net
原著論文みてみないと分からんが、ダイジェストのほうがつまらん結論過ぎ
ホール濃度が高いか低いか程度の知見でよければ、2000年代の論証でおわっとるだろ。
軽元素が良いという推論は結構だが、そのために重元素系のHgで論証してたら誰も信用しね罠。

13: 2015/12/02(水) 16:45:21.21 ID:T/o9AOI4.net
>>9
> 軽元素が良いという推論は結構だが、そのために重元素系のHgで論証してたら誰も信用しね罠。

同意
それにBCSに基づく超伝導の場合には
超伝導相への転移温度がクーパー対を作り出す原因であるフォノンを生み出す
結晶格子を成す原子の質量の確か平方根に逆比例するって話が70年代には出てたはず
(だから70年代後半~80年代前半には最も軽量なものとして電子を揺らせれば良いということで
ポラリトンをベースにした超伝導のモデル物質の研究なんかも結構流行っていたし
先日の高圧にした硫化水素で水素が主体となる超伝導相の臨界温度が大変高くなったとかの
実験結果もこの基本モデルでもっとも粗っぽくは理解が可能)

11: 2015/12/02(水) 14:18:29.27 ID:MUpUGwnT.net
高温で超電導になることも重要だけど、直接冷却可能な物質かどうかも重要

16: 2015/12/02(水) 20:02:07.17 ID:kkAFqFj8.net
フォノン振動による引力のように
ナノ構造による外部電磁波との相互作用で
超電導にしよう。

19: 2015/12/02(水) 22:38:43.19 ID:/n1aur4S.net
超伝導で効率よく送った電気が効率のいいエアコンで暖房したら
効率のよい熱伝導アルミサッシでエネルギーがだだ漏れに



超伝導とか太陽光発電とかの前に家の断熱基準見直せや

21: 2015/12/03(木) 01:50:28.96 ID:gLck2w69.net
室温(氷冷室)

24: 2015/12/03(木) 12:38:47.85 ID:zPzNlf0F.net
つまり出力インピーダンスが限りなく0オームに近くないと暴走しないって事だよな
だいじょぶ

15: 2015/12/02(水) 18:00:56.96 ID:U1LjNC5h.net
常温超伝導と言われてはや10年