1: 2015/12/14(月) 08:00:49.13 ID:CAP_USER.net
ヘビのウロコに「剥がれない潤滑油」、初の発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/121100361/


 体をくねらせて滑らかに這うヘビの驚くべき秘密が明らかになった。ウロコの表面が極めて薄い潤滑油でコーティングされていたのだ。

 この発見は、12月9日付の「Journal of the Royal Society Interface」誌で発表された。研究論文によると、コーティングの厚さはわずか数ナノメートルで、人間の髪の毛の直径の数万分の1しかないという。ヘビの不気味な滑らかさを見事に解明しただけでなく、新しい工業用潤滑剤やコーティング剤のヒントとなり、ヘビ型ロボットのデザイン改良にもつながると期待される。

 米アトランタ動物園の爬虫類・両生類学者であるジョー・メンデルソン氏は、「田舎のお祭りで、油を塗ってぬるぬるにしたブタを捕まえるコンテストがあるでしょう? この研究は、それと同じようにヘビが自分の体に油を塗っていると言っているのです」と説明する。なお、メンデルソン氏は今回の研究には参加していない。

 油にまみれたぬるぬるのヘビという考え自体も面白いが、今回の発見は、ヘビが体をくねらせてさまざまな場所を移動できる理由との関係でも重要だ。なにしろヘビは、足もないのに木に登り、灼熱の砂漠を走り、泳ぎ、木から木へ「飛び移る」こともできるのだ。(参考記事:「UFOのように飛ぶトビヘビ」、「ヘビの木登りは「安全第一」))

 何百万年におよぶ進化の結果、ヘビの体のいちばん外側のウロコがこれほど優れたものになっていなければ、驚くべき動作のどれ1つとしてできなかったはずだ。

 ヘビのウロコには、一目瞭然であるにもかかわらず、長年説明がつかなかった特徴がある。腹側のウロコは、背側のウロコに比べてはるかにすべすべで滑らかなのだ。

 障害物につっかえないようにする必要があることを考えれば、進むために必要な最低限の「足がかり」があるとはいえ、腹側のウロコがすべすべで滑らかなのはさして不思議なことではない。

 けれども、科学者が高解像度顕微鏡で調べてみても、腹側のウロコと背側のウロコの構造に違いはなかった。ということは、何らかの物質がウロコの表面をコーティングして滑りやすくしていることになる。それはどんな物質だろう?

極薄のコーティング 

 米オレゴン州立大学の化学工学者ジョー・バイオ氏は、ドイツのマックス・プランク高分子研究所のトビアス・ヴァイドナー氏との共同研究チームを率いて、カリフォルニアキングヘビ(Lampropeltis californiae)の脱皮殻を念入りに調べた。

 彼らはヘビの皮の表面のすみずみまでレーザーを照射して、ウロコの表面分子がレーザー光線をどのように反射・散乱するかを調べた。この技術は通常、マイクロエレクトロニクス部品の検査に用いるものだ。

続きはソースで

ダウンロード



引用元: 【生化学】ヘビのウロコに「剥がれない潤滑油」、初の発見 するすると滑らかに動ける驚きの秘密が判明

スポンサーリンク
4: 2015/12/14(月) 08:17:27.47 ID:XEHkjmhs.net
どのヘビも同じ原理で這っているなら、
ヘビのアダムか分化ひとつ前の生物も同じなんかね。

8: 2015/12/14(月) 08:57:36.66 ID:gqNS6GPh.net
剥がれないのみ凄いけど、サラサラでゴミが付かない理屈も分かったらすごい潤滑油が作れそう。

9: 2015/12/14(月) 08:58:30.92 ID:06v/V+vA.net
狭い所へより入り込みやすくなる蛇型ロボット、これで原発の状態観察も一歩前進

10: 2015/12/14(月) 09:15:48.68 ID:zMJxU60B.net
いやこれは工業的にものすごい発見だろ。
恐ろしく薄い脂質の被膜でしかも剥がれないのに摩擦を減らすなんて。

ありとあらゆる動的環境でブレイクスルーが起きるんじゃないか?

18: 2015/12/14(月) 10:13:57.43 ID:1/LNVPvH.net
>>10
これ蛇が自前で持ってるオーバーテクノロジーだから
今のところ工業で真似したくても出来ない

>プロの技術者にもこれほど巧妙なコーティングはできないという

>研究室で同じような潤滑剤を作ることができれば

出来た時が、ものすごい工業的発見な

40: 2015/12/14(月) 13:26:21.31 ID:OmP+isMf.net
>>18
潤滑剤よりも鱗側を研究しないと成功しない気がする

11: 2015/12/14(月) 09:31:01.15 ID:BlCzmeKP.net
潤滑油というより、ワックスに近いのかな?

12: 2015/12/14(月) 09:36:43.50 ID:Z6waVrML.net
昆虫の表皮にもありそうだ

20: 2015/12/14(月) 10:23:29.13 ID:eLLv41PD.net
これぞ目からウロコ

21: 2015/12/14(月) 10:23:50.24 ID:BB3yL0JQ.net
>田舎のお祭りで、油を塗ってぬるぬるにしたブタを捕まえるコンテスト

どこの田舎だよ

24: 2015/12/14(月) 10:42:24.74 ID:aurR3AGb.net
ごきぶりのはねの油は高級脂肪酸だって、ドクトルマンボウで読んだ
あれは誰が塗っているのだろう
足は届かないと思う

25: 2015/12/14(月) 10:44:17.76 ID:LHWhVRJR.net
トライボロジー的には凄く興味深い。が
>田舎のお祭りで、油を塗ってぬるぬるにしたブタを捕まえるコンテストがあるでしょう?
あるでしょう?とか言われてもわかんねーよw
しかも言った奴は研究に関わってねーのかよ。
向こうじゃメジャーなのかな?日本人的に言えばウナギの掴み取りかね。

あとタイトルの剥がれないってのは若干疑問というか。
常に微細な剥離が起こってて内部から補う分泌液が出てるなら
剥がれないってのは違うしさ。
腹皮が背中に比べて平滑ってのも潤滑剤の違いじゃなく
単に常に摩擦に晒されてる事による違いってのも。
そもそも脱皮による新陳代謝があるから微妙ではある。

一番の興味はウロコとの定着性をどのように確保してるかってとこかな

27: 2015/12/14(月) 10:52:22.54 ID:0z//Tmc0.net
へび自身は潤滑油で滑って前へ進めないってことは無いの?
原理が分かれば滑らない靴底が造れるね

28: 2015/12/14(月) 10:58:38.60 ID:aurR3AGb.net
>>27
うろこなので、後ろ方向には引っかかるのではないかと
わりと簡単に靴やスキーに応用できそう
スケートは逆進もするから駄目っぽいけど

29: 2015/12/14(月) 11:09:37.65 ID:1/LNVPvH.net
>>28
へびは横に滑りながら前に進んでる
スピードスケートと一緒
逆に靴やスキーの進み方とは違う

34: 2015/12/14(月) 12:10:21.90 ID:oB0n70Fd.net
うちの車庫のシャッターのキーキー音もなおせるかな

35: 2015/12/14(月) 12:16:53.11 ID:mKWMl57z.net
蛇は抵抗を極力低くするために体の一部を浮かしてる

38: 2015/12/14(月) 12:57:46.03 ID:egi8HuyD.net
こんなの触っただけでわかるだろ
今頃なに言ってんだ

44: 2015/12/14(月) 14:11:25.13 ID:nCVqFg47.net
youtubeでヘビの木登りを見ても、なんでアレで登っていけるのかが分からんw

45: 2015/12/14(月) 14:31:49.48 ID:5aeB5rKW.net
木どころか垂直の壁でも登っていくぞ

46: 2015/12/14(月) 14:45:05.78 ID:MRFmqjHq.net
この潤滑油を・・・いや、やめておこう

47: 2015/12/14(月) 15:11:23.14 ID:16eVIPjw.net
イグノーベル賞を貰った「バナナの皮が滑りやすい理由」も、
これと似た応用が考えられる

51: 2015/12/14(月) 16:16:30.12 ID:+B4oiOrx.net
子供の頃ビンに入れたがそのビンがものすごく臭かった
だから油とかがあるって発想になってもいいと思うが顕微鏡でも判らんのだし無理はないわな

54: 2015/12/14(月) 16:33:29.92 ID:9mOrFLUe.net
ガマの油が最高品質なんだな

57: 2015/12/14(月) 16:54:45.12 ID:Pf8xcmWj.net
>>1
>研究論文によると、コーティングの厚さはわずか数ナノメートルで、人間の髪の毛の直径の数万分の1しかないという

今迄わからなかったのも納得
そして他の生き物にもあるかもな

63: 2015/12/14(月) 18:36:32.45 ID:8Ws0U2HX.net
これは素晴らしい
スプレー式でべとつかず乾燥に強いのを頼む

67: 2015/12/14(月) 19:59:19.04 ID:NEK6btoG.net
腹側のウロコの滑らかさが、木を登るために特化したものだと証明出来れば
ヘビが進化したのは、水中でも地中でもなく、樹上で進化したとする説(自前)
を証明する一助になるやもしれぬ

32: 2015/12/14(月) 11:35:15.44 ID:dOXeuFbn.net
ベビーな話しだ