1: 2015/12/15(火) 22:04:37.55 ID:CAP_USER.net
【プレスリリース】量子もつれ光を用いた、超高分解能光断層撮影技術を開発 - 日本の研究.com
http://research-er.jp/articles/view/41611


概要

 京都大学大学院工学研究科の竹内繁樹教授、岡野真之特定研究員ら、物質・材料研究機構の栗村直主幹研究員ら、および名古屋大学の西澤典彦教授からなる研究グループは、量子もつれ光を用いた2光子干渉により、分解能 0.54μm に相当する2光子量子干渉縞を実現、また、群速度分散耐性を実証しました。

本研究成果により、光断層撮影技術の分解能の飛躍的な向上が期待され、将来は緑内障などの早期診断など、医療分野をはじめとする様々な計測技術への波及が期待されます。なお本研究は、科学技術振興機構戦略的基礎研究推進事業 CREST の元行われました。

続きはソースで

 
images (1)

引用元: 【技術】量子もつれ光を用いた、超高分解能光断層撮影技術を開発 世界記録となる0.54μmの分解能に相当する量子干渉縞を実現

スポンサーリンク
2: 2015/12/15(火) 22:09:05.95 ID:MEk/EeDX.net
光断層撮影(ひかりだんそうさつえい)
または光トモグラフィーとはコンピュータ断層撮影の一種であり、ある物体に光を透過させ
散乱させて得た情報から画像を再構成することにより、その物体の数値化された立体モデルを
生成する方法である。主に医用画像を得るために用いられる。
対象物が少なくとも部分的に光を透過するか透明である必要があり、したがって乳房や脳などの
軟組織に対し最も有効な画像化手法である。

3: 2015/12/15(火) 22:17:09.69 ID:Vy6ue+pV.net
撮影時間も倍増というオチでは?

4: 2015/12/15(火) 22:33:11.36 ID:KshVJV4y.net
うちゅうのほうそくがみだれる

7: 2015/12/15(火) 22:46:33.92 ID:VheltxxX.net
もうね、さっぱりわからないぞ

8: 2015/12/15(火) 23:01:12.42 ID:RRaMe2aK.net
>>7
光には回折限界があって、波長以下の存在ばかり視認できないのだ。

ただ、量子もつれを用いると、光の干渉でなく、量子のもつれの干渉を使うため…

9: 2015/12/15(火) 23:14:40.12 ID:1rGvYOEy.net
緑内障は怖いからな、たまには眼科いけよ
視野欠損なんて絶対わからんぞ

12: 2015/12/15(火) 23:58:32.58 ID:qPhTPRnc.net
緑内障マジか。量子技術は医療分野にも使えるのか

13: 2015/12/16(水) 00:00:15.36 ID:0OM06YHm.net
輪切りの精度が上がるってこと?

17: 2015/12/16(水) 02:42:48.83 ID:GOB6XlzD.net
電子顕微鏡の分解能のほうが優れているんだよね?

18: 2015/12/16(水) 06:23:53.67 ID:S49+vhTD.net
何の知識も無い全くのど素人だが
これ応用すると光メモリの性能を
格段に向上させること可能なのでは?

19: 2015/12/16(水) 09:57:40.78 ID:8bMEnMFS.net
>>18
光媒体は信頼性の点でおわんこ

20: 2015/12/16(水) 11:34:17.51 ID:xQt+6MQs.net
磁気画像診断に応用できるのか?
MRIの解像度上がるなら最強じゃん

22: 2015/12/16(水) 13:09:47.76 ID:yJHP2g5P.net
量子レベルの異常が原因になる病気も見つかりそうだな。