1: 2015/12/18(金) 07:40:18.88 ID:CAP_USER.net
太古の地球に2つの天体が同時に衝突していた | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/121700368/


 およそ4億7000万年前、現在のスウェーデン中部は古代の浅い海に覆われ、プランクトンのような微小な生物が生息していた。だが、この穏やかな環境はじきに一変する。12月14日に科学者たちがアメリカ地球物理学連合(American Geophysical Union)の年次大会で行った発表によれば、過去数10億年で太陽系で起きたなかでも最大級の事件のせいだ。

 火星と木星の間の小惑星帯で2つの岩石が衝突し、直径200キロもの小惑星が粉々に砕けたのだ。破片は宇宙空間に飛び散り、地球に向かって飛んで行ったものもあった。
(参考記事:「太陽系 激動の過去 」)

 破片は現在、地球や火星といった岩石惑星がある太陽に近いエリア(内部太陽系)に入ると、一部が再び集まって固まり、「ラブルパイル小惑星」と呼ばれる小惑星になった。
「破片の塊」を意味する天体の一種である。だが、この岩石の集まりは、他とは違う特徴があった。自身の周りを周回する小さな天体を従えていたのだ。(参考記事:「イトカワにはなぜクレーターがほぼないのか」)

 ペアになった2つの天体は1200万年の旅の末、古代スウェーデンの海に落下し、鮮明な2つのクレーターを残した。正確に言うと、クレーターが2つあるとはっきり分かったのはわずか数年前のことだ。それまで、小さい方のクレーターは発見されていなかった。(参考記事:「地球の大規模クレーター10選」)

「2つのクレーターは同時に形成されたと、強く確信しています」と話すのは、発表を行ったスウェーデン、イエーテボリ大学のエリック・スターケル氏だ。

宇宙からのダブルショック 

 地球と衝突する可能性のある小惑星のうち、実は約15%が2つ1組になっている。にもかかわらず、ペアになったクレーターが地球上で確認されるのはまれだ。米サウスウエスト研究所のビル・ボトケ氏は、「年代がしっかり特定できて、近距離にはっきり2つあるとわかるクレーターを見つけるのは困難です」と話す。(参考記事:「月形成時の衝突の痕跡を小惑星帯からの隕石で発見」)

 4億5800万年前にできた2つのクレーター、「ロックネ」と「モリンゲン」は現在、スウェーデンの森と農場の中にある。大きい方のロックネは直径約7.5キロで、ラブルパイル小惑星が地球に衝突して形成された。そこから16キロの地点にあるモリンゲンは直径700メートルで、小さい方の天体の衝突で生まれた。

続きはソースで

ダウンロード (1)


引用元: 【地球科学】太古の地球に2つの天体が同時に衝突していた 4億7000万年前に小惑星帯で天体が衝突、破片が地球に落ちた詳細が判明

スポンサーリンク
3: 2015/12/18(金) 07:42:38.77 ID:ZoiCgw+W.net
アダムとイヴか?

4: 2015/12/18(金) 07:47:29.64 ID:M+z2D+41.net
>>宇宙での何らかの作用によって母天体が破壊され、破片が太陽系にまき散ったと考えるしかない。

はるか昔、他の太陽系の惑星が爆発して彗星に牽引されて宇宙をさまよい幾多の隕石と衝突しながらわれわれの太陽系に近づいた時に地球の重力につかまり、現在も上空に輝いてるのが月という名の惑星

6: 2015/12/18(金) 08:04:57.04 ID:uWGdNTQy.net
>太古の地球に2つの天体が同時に衝突していた 4億7000万年前に

4億7000万年前って太古か?

地球ができてからの歴史を考えればむしろちょっと前に、程度だろ。

21: 2015/12/18(金) 13:26:43.57 ID:7KkNssS8.net
>>6
先カンブリア時代(隠生代)は、四十年ぐらい前まで、日本語では「太古代」と呼んでたし
国語的には、一万年前だって、「太古の時代」だから問題ない。

31: 2015/12/18(金) 17:39:51.65 ID:uWGdNTQy.net
>>21
生物学的にはそうかもしれんが、天文学的にはどうかな。

7: 2015/12/18(金) 08:34:10.52 ID:+n9wTTtT.net
天文学って最早、小説だよね・・・

8: 2015/12/18(金) 08:34:24.00 ID:qGMHQYrE.net
月の裏側のクレーターもその時のものかな
表側は地球が楯になったのでツルッパゲ

35: 2015/12/18(金) 19:28:51.56 ID:CN1j+HXy.net
>>8
お手入れしてない感じだよね(´・ω・`)裏側

9: 2015/12/18(金) 08:43:18.39 ID:amR+YHj6.net
>直径200キロもの小惑星が粉々に砕けたの

発生からみな同じ方向に回ってるんだから、
粉々になるような激しい衝突は起きないよ。
別の恒星とのニアミスで小惑星が降ってきたんだろ。

23: 2015/12/18(金) 13:47:56.44 ID:YGnjgArT.net
>>9
すると恒星が太陽系を通過したのか?
太陽も影響を受けたはずだな!

10: 2015/12/18(金) 09:17:06.36 ID:Ei6EG90x.net
誰かメテオ唱えちゃったのでは

12: 2015/12/18(金) 10:26:51.15 ID:BqElIHNu.net
クレーターが二つあるってのは貫通した時だけだよ

15: 2015/12/18(金) 11:11:05.14 ID:KJIC5bpI.net
ラブルパイルってことは小惑星そのものが岩石の集合体なんだから
落下時に崩壊してそれぞれ大きな塊が地表に到達したと考えていいのかな?

20: 2015/12/18(金) 13:15:33.19 ID:blfZlfy+.net
隕石の化石が見つかったってすごいな

22: 2015/12/18(金) 13:29:41.02 ID:HRIB6qNs.net
そこで黒い月ができていたのか、、、地中にうまってるぞ。

25: 2015/12/18(金) 14:39:23.68 ID:G2Nkvob8.net
海に落ちたら痕跡残らん。

30: 2015/12/18(金) 17:33:34.18 ID:zACMS0m2.net
>およそ4億7000万年前

オルドビス紀末の大量絶滅ってのは約4億4400万年前らしい

年代があわんし
これはオルドビス紀の最中におきた小惑星落下になるな

33: 2015/12/18(金) 17:58:09.89 ID:UrAIBpNJ.net
>>30
大量絶滅とは時代違うんかあ…

38: 2015/12/19(土) 05:04:51.78 ID:OKDDH7xY.net
宇宙空間にあれば何でも天体で良いのか

39: 2015/12/19(土) 16:52:25.72 ID:NoIOuV93.net
直径600メートルと150メートルでは、
大量絶滅級には遠い大きさだねえ。
あっちは直径10キロとかのレベルだし。

24: 2015/12/18(金) 14:00:27.90 ID:mEmJ7cUe.net
憶測の上の憶測の上の願望
いつか立証できる日がきたら素晴らしいね