1: 2015/12/17(木) 22:09:07.24 ID:CAP_USER.net
産総研:不揮発磁気メモリー(STT-MRAM)の記憶安定性を2倍に向上
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2015/pr20151217/pr20151217.html


ポイント

•極薄コバルト層の開発により記憶安定性を2倍に向上
• 記憶素子の低素子抵抗特性を併せ持つ垂直磁化トンネル接合を実現
•20ナノメートル以下世代の大容量STT-MRAM開発を加速


概要

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)スピントロニクス研究センター【研究センター長 湯浅 新治】金属スピントロニクスチーム薬師寺 啓 研究チーム長は、次世代のメモリーデバイスであるスピントルク書込型磁気ランダムアクセスメモリー(STT-MRAM)に用いられる垂直磁化トンネル磁気抵抗(TMR)素子の記憶安定性を従来の2倍に向上させた。

 垂直磁化TMR素子は、情報記憶を行う「記憶層」と、記憶層情報の判定基準である「参照層」により構成され、記憶層には記憶した情報を失わない強固さ(記憶安定性)が求められる。今回開発した垂直磁化TMR素子では、イリジウム層と極めて薄いコバルト層からなる界面構造を記憶層の一部に用いて、記憶安定性を従来の2倍に向上させた。
従来の半導体メモリー(DRAM)を代替するには、20ナノメートル(nm)以下の素子サイズが必要とされるが、今回の成果により、素子サイズ19 nmの超高集積化STT-MRAMの実現が見込まれ、データストレージやモバイルデバイスといった製品化への応用が期待される。

 なお、この成果は、近くApplied Physics Expressのオンライン版へ掲載される。

続きはソースで

ダウンロード (3)
 


引用元: 【技術】不揮発磁気メモリー(STT-MRAM)の記憶安定性を2倍に向上 大容量STT-MRAMの実用化開発を加速

スポンサーリンク
5: 2015/12/17(木) 22:42:06.70 ID:5+UIvbDe.net
超速くて凄い容量のSSDがつくれるんだね?

11: 2015/12/18(金) 02:19:27.89 ID:A3r3N0ke.net
>>5
長寿もね死なないSDとか業務用で需要ありそう

6: 2015/12/17(木) 23:07:22.83 ID:r6MHu05t.net
IEDMに採択されなかったって事か?なら大した事ないな

7: 2015/12/17(木) 23:42:39.78 ID:QkCxlUob.net
そんなもんより3年アクセスしなかったら完全に消え去るUSBメモリーが欲しい

8: 2015/12/17(木) 23:44:34.86 ID:ckIXdZWq.net
FM8のパブルメモリは先を進んでいたんだなー(棒)

9: 2015/12/17(木) 23:45:08.99 ID:LQhuOlgv.net
富士通のバブルメモリ?

13: 2015/12/18(金) 02:41:44.97 ID:ndNsLjlI.net
ケーブルで輪っか作ってデータをループさせればいい

14: 2015/12/18(金) 10:05:17.53 ID:XGFDlnE1.net
いつHDDはなくなるんだ
固定記憶装置として残るのかな

15: 2015/12/18(金) 10:32:31.98 ID:ozGCIoBX.net
>>14
磁気テープもなんだかんだ言って残ってるから
こっそり残るんじゃない?

16: 2015/12/18(金) 10:58:50.59 ID:KLBsjVpH.net
各新技術は外国に漏らさないようにしないと生き残れないぞ

19: 2015/12/18(金) 18:20:50.27 ID:SdrU04MB.net
MRAMに力入れている企業は東芝
NANDフラッシュの次はMRAMと考えているらしい
が、大容量化の道はまだまだ遠い
ISSCCにも数Mbの試作しか発表してないし

21: 2015/12/19(土) 18:28:17.27 ID:fZcn53NO.net
いつまで経っても実用化されない次世代不揮発性メモリよりもDDR4対応のハードウェアのRamdiskを出してくれ
一体いつまでANS-9010を使わなくちゃならんのだ

2: 2015/12/17(木) 22:12:50.85 ID:8G+seYfM.net
おれは今でもFDD