1: 2015/12/23(水) 03:08:54.46 ID:CAP_USER.net
12月22日 14時39分
ことしノーベル賞を受賞した北里大学特別栄誉教授の大村智さんが開発した熱帯病の治療薬「イベルメクチン」が、胆管がんを縮小させる効果があるとする研究成果を九州大学の研究グループが発表しました。

北里大学特別栄誉教授の大村智さんが開発した「イベルメクチン」は、失明につながる熱帯病「オンコセルカ症」などの特効薬で、大村さんは、この研究成果でことしのノーベル医学・生理学賞を受賞しました。この薬を九州大学生体防御医学研究所の西尾美希助教などの研究グループが詳しく調べたところ、胆管がんの原因となる「YAP1」(ヤップワン)というたんぱく質の働きを抑える効果があることが分かったということです。

続きはソースで

images (2)


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151222/k10010349471000.html


引用元: 【医学】大村さん開発のイベルメクチン 胆管がんに効果[NHK]

スポンサーリンク
2: 2015/12/23(水) 03:12:55.45 ID:1uw1vdlj.net
もーちょっと早ければなーー
母親が癌で亡くなったとき
すぐ癌の特効薬なんか見つかんないでくれとか思ったの思い出した。

3: 2015/12/23(水) 03:24:41.02 ID:gZg0+o5p.net
膵臓癌は効かないの?

6: 2015/12/23(水) 03:54:52.75 ID:foRBQlZd.net
ある薬が別の病気に効くと言うのは、時々報告されるね。

9: 2015/12/23(水) 04:24:05.52 ID:5ni+RfS7.net
>>6
いろんな意味で有名なのがサリドマイドかな
薬害で禁止になったあとでハンセン病やら抗がん剤やらとしてのいろいろ用途が見つかったり
解禁するまでかなりすったもんだあったらしい

7: 2015/12/23(水) 03:57:54.04 ID:pf9CBuNN.net
ノーベル賞で注目されてから改めて他の効果が確認されたってことなんかな?
他の薬もいろいろ出てきそうな…?

8: 2015/12/23(水) 04:22:42.84 ID:3HnN4fdt.net
しかし実際の所、一口に~がんと言っても人によってタイプが異なるからな。
ある人にこの薬が効いても別の人には全く効かないという事が多い。特にガンの場合はそうだ。
遺伝子の変異が異なっているからだ。

11: 2015/12/23(水) 06:38:00.18 ID:UaORYR7Y.net
奇病になったらこれ試せ

12: 2015/12/23(水) 06:54:49.18 ID:sBsqYQ0u.net
マジかw
これからの人にはありがたいな

13: 2015/12/23(水) 07:17:37.28 ID:/so+H6GG.net
でもさ、人口が増えすぎたので。
がんで淘汰されていくのも、悪い話じゃないと思う
あまりに生への執着が強い人に対しては、特に。

14: 2015/12/23(水) 07:27:39.92 ID:g9z8lT5+.net
万能薬ってこうゆうのを言うんだろうね。

そこらへんから採ってきた土から微生物を探して、
珍しい微生物がいたら、それが何かに効くか研究するって、
並大抵の苦労じゃない。

でも、無限の可能性があるね

15: 2015/12/23(水) 08:49:25.44 ID:lnmXaA6a.net
大した先生だな。
この先生きのこる、ぐらいの称号があっていい

17: 2015/12/23(水) 12:40:55.14 ID:mm+lbABg.net
父親が以下略でもうちょっと早ければなーと思った
まぁ転移してたけど
大阪の印刷屋の遺族達もあと5年早ければと思っただろうね
実用化まで行けますように

18: 2015/12/23(水) 14:33:41.10 ID:r39HtCBx.net
うちの母も胆管がんやったわ。

19: 2015/12/23(水) 16:27:32.67 ID:v0xbsbij.net
でも、癌に対して使われる事はないね。
融通がきかない利権だらけの世界だから。

4: 2015/12/23(水) 03:30:59.21 ID:5CR35qIF.net
なんとw 何人の命を救う事か