1: 2015/12/25(金) 07:44:31.14 ID:CAP_USER.net
謎多きヘビの新種3種を同時に発見、南米 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/122400374/


 アンデス山脈北部、人里離れた熱帯雨林の奥深くで、きわめて希少な新種のヘビが3種発見された。

 そのわずか数週間前には、エクアドル南西部で別の研究チームがやはり新種のヘビを発見したばかりである。これら4種はいずれも「フィッシング・スネーク」と呼ばれる南米固有のSynophis 属の新種であり、黒っぽい背中に明るい色の腹が特徴。人に姿を見せることはほとんどなく、これまでに知られているのも4種のみで、今回の発見で種の数が一気に倍増した。

 フィッシングという名前にもかかわらず、エサの捕り方や普段の様子はほとんど知られていない。(参考記事:「猛毒ヘビ「デスアダー」の新種を発見、豪州」)

「魚を捕るわけでもないのに、なぜフィッシング・スネークと呼ばれるようになったのかは、定かではありません」。エクアドルカトリック大学の生物学者で、3種のヘビを発見した研究チームのリーダー、オマー・トレス・カルバハル氏は言う。この発見は、12月16日付けの科学誌「ZooKeys」誌に発表された。 (参考記事:「レアな繁殖法をもつヒキガエル3種を同時に発見」)

 断片的な証拠から、小型のトカゲを捕食し、土の中の巣に身を潜める習性があると考えられる。めったに姿を見せないのはそのせいかもしれない。


生殖器で種を判別

 トレス・カルバハル氏と研究チームは、未確認のフィッシング・スネークを探すため、布製の「ヘビ袋」と捕獲棒を素手で持ち、アンデスの森林を数週間かき分け、数匹のヘビを捕らえた。

 肝臓と筋肉から抽出したDNAを調べたところ、既知のどのフィッシング・スネークとも一致せず、新種であることが示唆された。さらに確証を得るため、オスの生殖器を詳しく調べた。

続きはソースで

ダウンロード



引用元: 【分類学】謎多きヘビの新種3種を同時に発見、南米 めったに姿を見せない「フィッシング・スネーク」たち、アンデス雲霧林で

スポンサーリンク
2: 2015/12/25(金) 07:53:52.14 ID:8Owev9uS.net
俺の蛇は脱皮できないぜ

3: 2015/12/25(金) 08:00:44.90 ID:JxVoPzb2.net
昆虫の新種なんて、もうね

7: 2015/12/25(金) 09:10:33.00 ID:7COCwSR8.net
人類ももっと細分化した分類を広めるべきだと思う
文化とか肌の色とかではなく分子生物学的な、あるいは、遺伝子分類学的な手法で分類するべき

ひょっとしたら新種が、少なくとも亜種が見つかるのは間違いない
おそらく中国でだろうけどな

8: 2015/12/25(金) 12:52:06.17 ID:n4Loz2KY.net
>>7
遺伝子分類学はかなり進捗してるよ
それによると、日本人は、イスラエルの失われた10支族のうちのマナセ族の子孫と判明してる

11: 2015/12/25(金) 14:33:19.43 ID:PDA6Fc8I.net
>>7
どんなに細分化しても
ホ◯サピエンスという種から別れる事はないでしょ
人間同士の遺伝的差異なんて亜種以下なんだから

14: 2015/12/26(土) 22:25:55.62 ID:6oYojiGm.net
>>7
人間は細分化できないよ
ホ◯・サピエンス・サピエンス
以外はいない
ネグロイド(南と北では祖が違うらしい北は後にコーカソイドになる)
コーカソイド(白人)モンゴロイド(住んでる地域により多少異なるが種が違うわけじゃない)
オーストラリアロイド
これらは地域性があるだけで種が違うわけじゃない
だからハーフができる

12: 2015/12/26(土) 22:11:36.75 ID:2tl9bob8.net
スネークなら知っている。かなりの腕前だ。
蛇拳も使えるかもしれない

15: 2015/12/27(日) 00:16:25.10 ID:n/xk3f5g.net
 よし、川口浩を派遣しよう。

17: 2015/12/29(火) 14:10:36.07 ID:PYJRiJPb.net
>>15
事前にカメラマンさんを派遣してね

4: 2015/12/25(金) 08:15:20.31 ID:WpQZ7NXI.net
フィッシングスネーク
ネットで釣った相手をストーカーする奴のことだな

6: 2015/12/25(金) 08:19:27.05 ID:Ru8HImAd.net
>>4
うまい意味づけだなあ、しっくりくるわ