1: 2016/01/23(土) 12:10:48.29 ID:CAP_USER.net
共同発表:トポロジカル絶縁体による4π周期の超伝導状態を世界で初めて観測
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160122/index.html


ポイント
通常の基本粒子とは異なる「マヨラナ粒子」の検証には、トポロジカル絶縁体と超伝導体を接合させた試料構造を用いることが有効ですが、取り扱いが難しくほとんど研究が進んでいませんでした。
今回、トポロジカル絶縁体と超伝導体の接合を検討するなかで、エネルギーがゼロとなる状態を持つアンドレーフ束縛状態の観測に世界で初めて成功しました。
この結果は、理論予測されている「保護された超伝導状態」の生成に有望であり、マヨラナ粒子の実証へ繋がることが期待できます。
今後、マヨラナ粒子の実証実験やその制御法の開発をさらに進めることで、環境変化に対して極めて安定なトポロジカル量子コンピューターの開発へ応用が期待できます。


JST 国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)の一環として、東京大学 大学院工学系研究科の樽茶 清悟 教授、理化学研究所(理研) 創発物性科学研究センターのラッセル・スチュワート・ディーコン 研究員、大阪大学 産業科学研究所の大岩 顕 教授、ドイツのビュルツブルグ大学のローレンス・モーレンカンプ 教授らのグループは、トポロジカル絶縁体注1)と超伝導体の接合において、エネルギーがゼロとなる状態を持つアンドレーフ束縛状態注2)を観測することに世界で初めて成功しました。
この結果は、同接合が理論的に予測されている「保護された超伝導状態注3)」の生成に有望であることを示すもので、これにより通常の基本粒子とは異なる粒子「マヨラナ粒子注4)」の検証実験が大きく進むことが期待されます。

マヨラナ粒子を用いるとエラーの影響を受けにくい量子コンピューティングの開発が可能になることから、マヨラナ粒子の検証に向けて、世界的に集中的な研究が行われています。
トポロジカル絶縁体と超伝導体の接合はその検証実験ための有力な試料構造とされていますが、ほとんど研究が進んでいません。
本成果は、電気的性質に優れたトポロジカル絶縁体であるテルル化水銀(HgTe)を用いてジョセフソン接合注5)を作り、マイクロ波を照射したときに発現する超伝導特性の量子化値注6)が通常の倍になることを観測することによって同接合がマヨラナ粒子の生成に有用な試料構造であることを示しました。

近年、周囲の環境変化によって発生するエラーの影響を受けにくい量子コンピューティングが着目されていますが、今後、マヨラナ粒子の検証実験やその制御法の開発を行うことで、環境変化に対して極めて安定なトポロジカル量子コンピューター注7)の開発への応用が期待できます。

本研究成果は、2016年1月22日(日本時間)に英国のオンライン科学誌「Nature Communications」に公開されます。

続きはソースで

images (1)


引用元: 【量子力学】トポロジカル絶縁体による4π周期の超伝導状態を世界で初めて観測 環境雑音に強い量子コンピューターへの期待膨らむ

スポンサーリンク
3: 2016/01/23(土) 12:17:06.97 ID:rnYvuaqG.net
だめだ
マヨネーズがちらつく

4: 2016/01/23(土) 12:17:29.54 ID:fmuJKenv.net
マヨラー粒子だと

7: 2016/01/23(土) 12:22:02.26 ID:Cf5JWaMA.net
量子コンピューターは2010年ぐらいには実現できるとか2000年ぐらいに聞いたことがあるが
まだ基礎研究状態だったのか

11: 2016/01/23(土) 12:33:54.76 ID:uYLZZYAb.net
>>7
学者は予算確保するために官僚や一般にはかなり希望的な観測で話をするから真に受けると騙されるよ

12: 2016/01/23(土) 12:35:53.83 ID:dZXG8f9c.net
放射線とかも通しづらいんだろうか

13: 2016/01/23(土) 12:37:48.45 ID:hez4XgHI.net
量子コンピューターの簡単な解説書を買ってきて読んだんだが
まったく理解できなかったww

16: 2016/01/23(土) 13:41:59.57 ID:txNJeU7+.net
要素技術をいくら開発しても、
量子コンピューター自体は米国が開発済でしょ?

早い者勝ちの理論でまた既得権益化されたら
日本のおこぼれなんてないじゃん?

17: 2016/01/23(土) 14:52:32.54 ID:WZts112R.net
そんな難しい事より、常温超伝導物質を早く見つけろ

20: 2016/01/23(土) 17:26:18.01 ID:voiIK+QP.net
ヴェーダとGNドライヴの開発か?

26: 2016/01/23(土) 23:30:25.53 ID:XzQrHb4N.net
量子ゲート方式なの?量子アニーリング方式?

30: 2016/01/24(日) 02:04:30.59 ID:7h6NCH5n.net
エットレ・マヨラナ(Ettore Majorana、1906年8月5日 - 1938年に行方不明)はイタリアの物理学者である。

エンリコ・フェルミのチームで活躍した。1938年行方不明となった。

シチリア島のカターニアに生まれた。数学的な才能にあふれ、ローマ大学のフェルミのチームで活躍した。
1933年に核力の理論として中性子と陽子の交換力を考え、これはマヨラナ力と呼ばれる。
1937年に中性粒子(粒子と反粒子が同じ)の理論を作り、中性粒子はマヨラナ粒子と呼ばれる。

31: 2016/01/24(日) 09:35:32.91 ID:MAvuArSP.net
日本とドイツの共同研究
発表は英国か
全部オワコンだな

税金の無駄だわ

32: 2016/01/24(日) 10:21:50.72 ID:Au91t7dD.net
量子の挙動だけでも難しいのに、めんどくさいトポロジーを持ち込んでややこしくして
更に超伝導が絡めておいてから、マヨネーズをぶっ掛けただと?
物理ってのはシンプルを目指すはずなのに、お前らやる気在るのか?

33: 2016/01/24(日) 12:10:53.63 ID:8XKgE58i.net
>>32
じゃあさっさと全部統一した理論を作れや

37: 2016/01/25(月) 09:39:20.36 ID:A3SSq7XW.net
マヨラーって偉大だったんだな