1: 2016/01/27(水) 21:30:33.16 ID:CAP_USER.net
共同発表:高オイル産生クロレラの全ゲノム解読に成功
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160126-3/index.html


ポイント
デンプンやオイル産生能に優れたクロレラの一種Parachlorella kessleriの全ゲノム解読注1)に成功しました。
さらに、トランスクリプトーム解析注2)と代謝マップ注3)の構築を行い、デンプンやオイル産生に関与する遺伝子を明らかにしました。
電子顕微鏡を用いて1個の細胞の内部微細構造を3D画像化する技術(「電顕3D注4)」と略称する)によって、クロレラのデンプンとオイル産生過程における細胞小器官(オルガネラ)注5)と蓄積物質の動態を明らかにしました。
クロレラのオイル産生機構の解明に大きく前進しました。
得られたクロレラの全ゲノム情報は、藻類のゲノムや有性生殖の進化に関する基礎研究のみならず、有用物質注6)やバイオ燃料生産への応用に向けた育種や増産技術といった研究を加速することが期待されます。


クロレラはトレボウクシア藻綱注7)に分類される淡水産の単細胞の緑藻です。タンパク質を豊富に含んでいて増殖も早いことから、「未来の食糧資源」として、両世界大戦後の食糧難の時代には各国で研究され実際に食されてもいます。
最近ではバイオ燃料生産藻類の候補の1つとして注目され、デンプンやオイルの産生をコントロールできるようになってきています(図1)。

東京大学 大学院新領域創成科学研究科の河野 重行 教授と大田 修平 特任助教らの研究グループは、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)の支援を受け、チェコ科学アカデミー・微生物学研究所注8)のザッハレーダー博士らのグループと協力して、クロレラの一種パラクロレラ・ケスレリ(Parachlorella kessleri)の全ゲノム解読に成功したほか、トランスクリプトーム解析を行い、代謝マップを構築することで、クロレラがデンプンやオイルを産生するときの各酵素の発現量を明らかにしました。
また、電顕3Dによって、クロレラのデンプンとオイル産生過程におけるオルガネラと蓄積物質の動態を初めて明らかにしました。

本研究で明らかにされた全ゲノム情報は、藻類のゲノムや有性生殖の進化に関する基礎研究のみならず、バイオ燃料生産に関する育種や増産技術といった応用研究、カロテノイドや長鎖不飽和脂肪酸といった有用物質を産生させる研究などを加速することが期待されます。
この成果は2016年1月25日付でオープンアクセス誌「バイオテクノロジー・フォー・バイオフューエルズ」オンライン版に掲載されます。

続きはソースで

ダウンロード
 

引用元: 【遺伝学/観察技術】高オイル産生クロレラの全ゲノム解読に成功 オイル産生機構の解明と応用研究の加速に期待

4: 2016/01/27(水) 22:12:33.94 ID:LKwjYirS.net
光エネルギーを化学エネルギー(電子のポテンシャル)に変換するなんて、100Wm-1と言われる
総エネルギー量の8%は絶対に超えない。今まで最高と言われている藻でも1.5%程度。
投入するエネルギーの方がずっと多いんだから、今すぐやめるべき。

5: 2016/01/27(水) 22:26:27.93 ID:cvVcSGei.net
>>4
光エネルギーは常に天から無料で供給されているというのが大きい利点だ。
だって我々が食べている食糧も元をただせば光エネルギーなんだぜ。
効率が悪いのは認めるが、それさえクリアできりゃ、夢のエネルギーよ。

6: 2016/01/27(水) 22:31:29.36 ID:LKwjYirS.net
>>5
太陽エネルギーがタダだと思ったら、大間違いだ。
それを受けるための装置を作り、運転するにはエネルギーが必要。
今の所というかリアルタイムでエネルギーを回収するのでは、藻のエネルギー収支は絶対にプラスにはならない。

8: 2016/01/27(水) 23:42:10.91 ID:cvVcSGei.net
>>6
じゃあ、一体何をエネルギーにするべきなんだね?
原発はあまりにも事故った時のリスクが大きすぎるし、
石油だっていつかは枯渇するし、どうしろと。

11: 2016/01/27(水) 23:58:41.99 ID:LKwjYirS.net
>>8
>じゃあ、一体何をエネルギーにするべきなんだね?
あのな、この種のエネルギー源の開発は「代替」じゃなくって、「選択肢の増加」なんだよ。
こういうのをいっぱいやることで、生き残るものが出てくる、かもしれない。難しいけどな。

個人的には地熱が有望なエネルギー源だと思うが、開発して技術が成熟するまでに100年以上かかると思う。

19: 2016/01/28(木) 20:24:44.66 ID:zZIJ2FBX.net
>>11
それなら、このクロレラ培養だって選択肢に追加してほしいぜ。
地熱と同様に100年かかるかもだが、有望となるかもしれへんだろ。

16: 2016/01/28(木) 13:28:22.18 ID:jzkmhYZi.net
>>6
そーなんかなぁ。
一旦つくってしまえば、後は生き物。
ある程度の簡易な管理で運営できそうだが。

7: 2016/01/27(水) 23:11:16.72 ID:v0ANrCzt.net
ゲノムを解読しても生産性の向上には直ちには結ぶつかない。
ヒトのゲノムも20年ほど前に解読されたが、それでもガンの撲滅には至らない。
いい加減に無駄なゲノム解析は止めるべき。

9: 2016/01/27(水) 23:44:16.36 ID:cvVcSGei.net
>>7
無駄というほどではないと思う、5年生存率は少し上がっているからね。
こういう分野は10年後にやっと成果が出ると言う感じ。

18: 2016/01/28(木) 14:53:30.38 ID:dpf5Kyk9.net
ここまでオイリックスが出てこないとは…

21: 2016/01/29(金) 08:10:24.12 ID:mxrZluEr.net
今時、全ゲノム解析とか共同研究なんかしなくてもできるのに何で東大は海外とやってんの?

しかも国家経済に関わる重要な分野の研究で

22: 2016/01/29(金) 11:01:13.57 ID:uaqtMsbu.net
>>21
研究は国際間で協力してやるものだから。
あと、こんなクソ研究、国家経済には特に関係ない。

23: 2016/01/29(金) 20:11:03.25 ID:IsdQ4B5z.net
こうなるとオーランチキチキよりぐっと有望。本命になるかも。
タンク培養でも良いが結局光合成なので太陽光が必要です。
クロレラはユーグレナに勝つか?
しかし世界にオイルは有り余って安いから元とれるか疑問。

24: 2016/01/30(土) 18:39:22.71 ID:Ke4bJ3zi.net
じゃあ次は砂漠の国でのバイオ燃料生産かなあ
原油枯渇しても輸出できますよって感じで

但し海水でも育つ植物プランクトンが必要になるな

アメリカでシェールオイルを1バレル40ドル未満でも産出できるような技術が進んでしまい
更にイランまで原油輸出を再開したもんだから原油価格下がりまくりだ
それでも、最悪の時みたいに1バレル200ドルとかにはならないからマシか

バイオ燃料は1バレル200ドルが最終目標くらいかなあと
だが産油国みたいに国民が殆ど働かなくても食っていける国を目指すなら、1バレル15ドルで生産できないとダメだなあw

26: 2016/01/31(日) 10:17:58.88 ID:UqTliSgq.net
ゲノム解析はもともとアメリカがリードしているし、国際協力が欠かせないので、
くだらん陰謀論を唱えるやつは2chの見過ぎ。

28: 2016/02/01(月) 09:57:14.90 ID:rli1aPN+.net
クロレラじゃ効率悪いなら
直接、太陽熱発電でいいじゃん

蓄熱すれば夜でも発電できるし
あれ効率40%以上だろ?

20: 2016/01/28(木) 20:47:57.87 ID:0p8P0JOv.net
この研究いつになったら軌道にのるんだろうな
少なくとも3年以上前からちょくちょく話題みかけるけど兆しが見えない