1: 2016/03/09(水) 07:27:00.75 ID:CAP_USER.net
マナティー過去最多6000頭超に、米フロリダ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/030800081/


 米国フロリダ州の水域に、少なくとも6250頭のマナティーが生息していることが航空調査で確認された。一帯には、多数のマナティーが集まる場所が複数存在する。
年に1回行われる航空調査の結果として、フロリダ州魚類野生生物保護委員会が発表した。今回の数字は、これまで最多だった2010年の5077頭という記録を塗り替えるものだ。

 調査結果はあくまで「最低でもこの程度はいる」という数であり、その増減は生息数の変化を反映するとは限らない。
だがマナティーの生息数が回復傾向にあることをうかがわせるデータはこのところ増えている。
今回の数字は、それをさらに裏づけるものとなるだろう。(参考記事:「大群発見、ベリーズのマナティー調査」)

 アメリカマナティーは現在、米国の絶滅危惧種法で保護の対象となる「絶滅危惧種」(endangered)に指定されている。
だが2016年2月、米国魚類野生生物局は、アメリカマナティーについて絶滅危惧種の指定を解除し、その位置づけを「生存を脅かされている種」(threatened)に変更することを提言した。
(参考記事:「動物大図鑑 マナティー」)

 魚類野生生物局が進めている「フロリダマナティー回復計画」のコーディネーター、ジム・バレード氏によると、提言の内容は4月7日まで一般に公開され、パブリックコメントを募集中。
魚類野生生物局は、2017年中に最終的な決定を公表する予定だという。

 検討の結果、マナティーの位置づけが絶滅危惧種でなくなったとしても、国による保護政策や関連する法律は、現状のまま維持される。

「指定を見直したとしても、保護活動の重要性に変わりはありません。フロリダを象徴する生物であるマナティーの保護を確実なものとするために、さらなる努力が続けられるでしょう」


保護活動の成功例となるか

 大きな体でゆったりと動くマナティーは、水草や海草、藻などを食べる草食の水生哺乳類。フロリダ沿岸で見られるアメリカマナティーは、メキシコ湾岸、カリブ海などにも生息している。
それ以外に、アマゾンやアフリカに生息する種もいる。(参考記事:「アマゾンマナティーに会いに行く」)

 船舶との衝突事故や、漁網に巻き込まれるなどのトラブル、生息環境の変化などにより、マナティーの生息数は、過去数十年間にわたって減少傾向にあった。
アメリカマナティーが米国で絶滅危惧種に指定されたのは、1966年のことだ。

 現在マナティーの数が増えているのは、政府や行政機関、保護団体による長年の努力の成果だと、バレード氏は語る。
「フロリダのマナティーは将来も安定した数を維持できるはずだと信じています」

続きはソースで

ダウンロード (3)



引用元: 【生態学】マナティー過去最多6000頭超に、米フロリダ 絶滅危惧種の指定解除を検討へ

スポンサーリンク
2: 2016/03/09(水) 07:51:06.97 ID:VhESlpqK.net
どうして絶滅危惧種に 頭が悪い生物じゃないだろマナティ

33: 2016/03/09(水) 19:41:05.82 ID:GIdmBwH2.net
>>2
泳ぐの遅いから猟師に襲われると全く対抗策がない

ステラーカイギュウなんて、狩られても抵抗する術も無く集団で固まっていたという

3: 2016/03/09(水) 07:55:23.54 ID:ydR6g8tj.net
美味しそうな見た目してるよね

6: 2016/03/09(水) 08:49:54.92 ID:k/qbLBTi.net
ぼよよんとしてて可愛い

7: 2016/03/09(水) 08:55:43.87 ID:6YDtwdBw.net
何千万かいたリョコウバトをたちどころに絶滅させた実績

18: 2016/03/09(水) 15:26:46.79 ID:pUK+7WPe.net
>>7
いやいやリョコウバトなんて何千万どころか10億単位でいたらしいよ。
それを軽く絶滅させるアメリカ人。

11: 2016/03/09(水) 11:28:07.89 ID:D94I8bFi.net
何年も前だけど、フロリダ行ってダイビングした時にマナティさんと遭遇。
テレビで見るよりかなり大きいよ。
しかも、よく見るとアザラシなんかと違って表見に毛が生えてる。
ちょっとキモい。

12: 2016/03/09(水) 11:42:34.92 ID:g1wYmh/Q.net
>>11
「表見に」という部分がわからないけど、アザラシは全身に毛が生えてるよ。

23: 2016/03/09(水) 16:56:03.66 ID:eyhxvwaD.net
>>11
アザラシはクマに近い仲間

一方のマナティーなどカイギュウはゾウに近い仲間

13: 2016/03/09(水) 13:02:29.15 ID:+fwrKIs7.net
可愛いいは正義

不細工だと保護うまくいかなかったかもな

16: 2016/03/09(水) 13:50:17.00 ID:JtdIE24a.net
オオカミもバイソンも、保護で増えたんだよな。上手いなぁ、アメリカ人は。

34: 2016/03/09(水) 19:43:32.03 ID:GIdmBwH2.net
>>16
一方ロシア~ソビエトでは
サイガというカモシカの仲間がいるが
これを1950年代に数万頭にまで減らした後に
1980年に100万頭にまで増やして
また最近では数万頭にまで減らしてしまった

20: 2016/03/09(水) 16:35:08.67 ID:VuQzUNNT.net
イエティはどうなん?

21: 2016/03/09(水) 16:35:22.22 ID:+zWhdCcN.net
ジュゴンちゃんはどうなの?やっぱりウナギやニホンカワウソと同じ運命なのか。
護岸工事大好きな日本じゃ水辺の動物育てるのなんて無理ゲーだよね。

45: 2016/03/10(木) 07:49:53.97 ID:URcgok/J.net
>>21
ジュゴンは、オーストラリア周辺海域以外では壊滅しつつある

沖縄のジュゴンは両親とその子の3頭だけなので詰んだ状態

台風で偶然にフィリピン方面から流されてきた個体が居着くような奇跡でも起きない限りは将来的に存続できない

ちなみに数十キロも移動する動物なので、辺野古沖に行くこともあれば、
反対側の西海岸に行くこともあるので、
生息環境を守るなら、辺野古の基地だけでなく、西側海岸の観光開発とか、
村の集会所作るための埋め立てとか、全部やめさせなきゃいけない

48: 2016/03/12(土) 07:42:31.58 ID:XnwyuUXU.net
>>45
禁猟だけでなく、専用の入り江で餌となる海草を作るぐらいの努力がいるよな。

29: 2016/03/09(水) 19:16:40.36 ID:l9WruDlw.net
おとなしい性格だからすぐ掴まって食われるんだろうな

30: 2016/03/09(水) 19:23:54.55 ID:xazX4s1B.net
増えたら増えたで駆除すんだろ
勝手よね

32: 2016/03/09(水) 19:40:46.35 ID:IovgAHtF.net
これで海中牧場を作るべき。

40: 2016/03/09(水) 22:22:08.08 ID:XciVuhMd.net
マナティーかわいいよねぇ
ジュゴンもかわいいけど、マナティーの団扇みたいな尾びれがやっぱかわいいよねぇ

42: 2016/03/09(水) 23:09:07.26 ID:LDkCuvhQ.net
なんかスポーツでマナティってなかったっけ?

43: 2016/03/10(木) 00:33:02.10 ID:ex9mOb3B.net
>>42
カバディ?

36: 2016/03/09(水) 19:47:01.80 ID:Z7XIpgh8.net
嫁の体型がマナティーみたいなんだが