1: 2016/04/03(日) 22:25:49.54 ID:CAP_USER.net
巨大幼生はオキアナゴ…発見半世紀で謎が判明
YOMIURI ONLINE 2016年04月03日 10時57分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160403-OYT1T50004.html

ダウンロード (3)


体長20センチを超える謎の巨大な魚の赤ちゃん(幼生)の正体は、漁師の網に時々かかる深海魚「オキアナゴ」だったと、水産研究・教育機構などのチームが3月末の日本水産学会で発表した。

最初の発見から50年以上を経て、DNAの分析で明らかになったという。

ウナギやアナゴの幼生は「レプトセファルス」と呼ばれ、細長い親とは異なり、透明な葉っぱのような形をしている。
巨大幼生は、米国の研究者が1958年にカナダ沖の太平洋で見つけたと発表したが、親がどの魚かは謎のままだった。

(引用ここまで 全文は引用元参照)

体長21センチの巨大幼生(左の線の長さは5センチ。水産研究・教育機構提供)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20160403/20160403-OYT1I50000-L.jpg
成魚のオキアナゴ。体長は27センチ(左の線の長さは5センチ。水産研究・教育機構提供)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20160403/20160403-OYT1I50001-L.jpg

引用元: 【生物】発見半世紀で謎が判明 巨大幼生はオキアナゴ DNA分析で明らかに/水産研究・教育機構[04/03]

スポンサーリンク
2: 2016/04/03(日) 22:27:37.62 ID:0NL/807O.net
たしかにウナギの幼生に似てるな

3: 2016/04/03(日) 22:34:46.42 ID:yrBTtCa7.net
カレイでねえの?

4: 2016/04/03(日) 22:41:01.00 ID:QnuP48AA.net
幼生の方はちっちゃい顔がついているな

6: 2016/04/03(日) 22:43:54.58 ID:XlxAffVq.net
PCRとTFlops級のPCにInternetのデータベースが普及するまではDNA解析もままならなかったから
♂♀の違いやら成体と幼生やらを別種に分類するのはよくあった事
リンネ式系統分類が始まった時からすれば伊勢海老の幼生が判明したのもつい先程だからな

7: 2016/04/03(日) 22:45:23.18 ID:ULL+4R/G.net
よくわかんけど、
卵からかえるとカマボコ形でそれが20センチにもなるのか?

9: 2016/04/03(日) 23:20:45.05 ID:d7Zp3tTE.net
幼生が21cmで成体が27cmって、大きさ的にはあんまり成長してないけど、形状はかなり異なるな

21: 2016/04/05(火) 08:33:26.00 ID:n/myvSHS.net
>>9
カエルとオタマジャクシ程は違わんよ…

11: 2016/04/03(日) 23:33:24.16 ID:KVqnoHyN.net
幼生の方が重そうに見える

13: 2016/04/04(月) 00:41:39.62 ID:8bIGyljB.net
レプトセファルス幼生の巨大なものが見つかって

これは巨大ウナギか巨大アナゴか巨大ウツボの幼生か?

と話題になり、シー・サーペントの正体かと言われたりするが
大人になるとウナギではなく普通の魚型のカライワシ目の魚だったりするんだよな
もちろん1~2mになる大型種だったりするが、レプトセファルスとウナギの比率だけで
これはどんな巨大種だ?ワクワクというのを期待した人にとってはいささか物足りないと

ノミの幼虫は1cmくらいにも達することがある
そのくせ成虫は3mmしかないので物足りない、が、成虫はキチン質まで
バネ状のタンパク質のレジリンを含み、これも使って30cmもジャンプするわけで
体がしっかり詰まっている

17: 2016/04/04(月) 01:55:50.11 ID:x3UK5B+s.net
>>13
巨大なレプトケファルスはカライワシ上目の
ソコギス科って説が有力らしいな

ソコギス科
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%BD%E3%B3%E3%AE%E3%B9%E7%A7%91
カライワシ上目のグループに共通する特徴として、ソコギス類もまた
レプトケファルスと呼ばれる独特な仔魚期を経て成長する。
ウナギ類とは異なり、本科魚類のレプトケファルスはかなり大型になる一方、変態後にはほとんど成長しない[5]。
1930年に大西洋で採取された全長1.84mの巨大なレプトケファルス
(Leptocephalus giganteus という学名も与えられた)は、シーサーペントの正体との憶測を呼び、
成長後には30mに達するとも言われた[5]。
これが実際にはソコギス科魚類の幼生であることがわかったのは、
1960年代に変態途中のレプトケファルスが見つかったときである[5]。

15: 2016/04/04(月) 01:27:33.62 ID:+uCe/Hhd.net
謎が判明ちゃう。
謎が解明や。

18: 2016/04/04(月) 06:34:21.41 ID:f7tGmzYQ.net
>>15
それな
新聞社様ェ…

20: 2016/04/04(月) 21:46:33.51 ID:dZfMk98o.net
>>漁師の網に時々かかる

漁業~!!

22: 2016/04/05(火) 09:02:40.88 ID:B6gilVYL.net
穴子の幼生なら、でかいノレソレだな。

23: 2016/04/05(火) 10:07:17.59 ID:8B7jJsEy.net
幼生ソラス

25: 2016/04/05(火) 21:16:02.93 ID:UeUraOl2.net
幼生ってほとんどが尾びれなの?

26: 2016/04/06(水) 02:55:04.43 ID:Kq+Coias.net
>>25
縦に平たいヒラメみたいな形

27: 2016/04/06(水) 06:06:48.95 ID:QrFIgEth.net
幼生の確認を早うせい

なんちてw