1: 2016/05/14(土) 17:20:24.47 ID:CAP_USER
http://news.nifty.com/cms_image/news/technology/jic-200733/thumb-jic-200733-technology.jpg
ドローンを気象観測に

無人航空機(ドローン)を使って空のはるか「高層」の気象観測をする。こんな取り組みを日本気象協会が発表した。
2014年度から京都大学防災研究所と共同で進めてきた研究だ。

日本気象協会では今まで、上空1,000m程度までの気温や風向風速を観測する手段として、ヘリウムの入った風船(バルーン)にセンサーをつり下げて飛ばす、という方法をとってきた。

ただ風船が落下するリスクや、ヘリウムの供給、環境への負荷、観測コストなどが課題だった。

続きはソースで

ダウンロード (2)

http://news.nifty.com/cs/topics/detail/160514094282/1.htm

引用元: 【IT/気象】ドローンは地上を撮るばかりじゃない―空の「高層」気象観測へ©2ch.net

スポンサーリンク
2: 2016/05/14(土) 17:37:00.45 ID:aSsveR8v
天下り先と予算確保としか思えん内容だな。

3: 2016/05/14(土) 17:40:30.35 ID:xSnTu4w0
台風に耐えられるか?

4: 2016/05/14(土) 18:02:52.05 ID:aSsveR8v
>>3
するわけねーじゃん
どうせ特殊仕様の改造ドローン壊れたら困るだろ。
高解像度のカメラとか色々くっつけて遊ぶんでしょ。
安全に目的地を撮影するとか畑違いの制御の開発に予算突っ込む

5: 2016/05/14(土) 18:11:11.78 ID:xvoxphJX
これは良い試みだ

8: 2016/05/14(土) 18:38:30.60 ID:rIrF0lDB
ドローンと言ってもヘリウム入っている飛行船みたいのじゃないのか?

9: 2016/05/14(土) 18:50:06.44 ID:pAbopiG4
>>8
海の中を進むドローンもいる

10: 2016/05/14(土) 18:54:41.95 ID:178EQEjQ
壊れたら気象庁職員の賞与が修理代に当てるように

11: 2016/05/14(土) 19:03:39.50 ID:xvoxphJX
まずダイソンと共同で羽根のないドローンを開発しろ
そして完全防水にしろ
次にカーボンを使ってできるだけ軽くしろ
強度も最強にしろ
緊急用のパラシュートも搭載しろ
バッテリーは空気電池にしろ
プラスチックは生分解性にしろ

ついでに雷の電力をマイクロ波に変換して送電できるようにしろ
話はそれからだ

12: 2016/05/14(土) 20:05:11.87 ID:EGtdXXgf
落下のリスクで言えばヘリウム風船の1000倍くらいドローンの方が危険
それに風船なら最高で高度30kmの上空を観測できる
だが高度1kmくらいの「低層」観測だけを考えれば充電で繰り返し使える
ドローンが手軽で安上がりになるってことだろ

13: 2016/05/14(土) 20:36:19.32 ID:uBJFx7vT
おもしろいけど落下時のリスク高さは風船よりドローンだろ?

14: 2016/05/14(土) 20:40:44.81 ID:SVgny0Lr
ロストしたら、どこかに墜落するだろ。
1000メートル上空から落ちてきたら凶器、当たったら死ぬ。
やばいよ・・・・・・・・

上を向いて歩かなきゃ・・・・・

15: 2016/05/14(土) 21:00:42.09 ID:OrUt3stj
航空法は大丈夫なの?

16: 2016/05/14(土) 21:03:57.34 ID:JhaLgYTt
ドローンじゃなくてバルーン

17: 2016/05/15(日) 03:58:05.06 ID:KAyvHIt3
リモコン操作可能なドローンにしようぜw
ドローンじゃなくなるけどなw

18: 2016/05/15(日) 04:36:20.53 ID:xcAjWPz+
ドローン使って台風の中心気圧観測できるようにならないかな
もうドボラック法では我慢できない

6: 2016/05/14(土) 18:12:44.63 ID:HuSbfdhW
ロストしまくりだろ