1: 2016/05/17(火) 21:35:45.25 ID:CAP_USER
共同発表:「タンスの中」から「電池の中」へ~大環状有機分子から全固体リチウムイオン電池の大容量負電極が誕生~
http://www.jst.go.jp//pr/announce/20160514/index.html


東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)の磯部 寛之 主任研究者(JST ERATO磯部縮退π集積プロジェクト 研究総括、東京大学 大学院理学系研究科 教授)、佐藤 宗太 准教授と折茂 慎一 教授の共同研究グループは、全固体リチウムイオン電池注1)の新しい負電極材料を開発しました。

世界で初めて、「大環状有機分子がリチウムイオン電池負電極の好適材料となる」ことが示された研究成果です。この新しい分子材料(「穴あきグラフェン注2)分子(CNAP)」)は、汎用されている黒鉛(グラファイト)電極の2倍以上もの電気容量を実現し、その大容量は65回の充放電後にも保たれました。また、共同研究グループは、分子材料内に精巧につくりこんだ細孔が、大きな電気容量の秘密であることを解き明かしました。新材料のもととしたのは「ナフタレン注3)」。

防虫剤として良く知られた分子「ナフタレン」ですが、それを化学の力により「大容量電池のための材料」に変換できることが示されました。わが国が最先端の研究力を誇る有機化学の力により、近い将来、高性能電池のための分子材料が自在に設計されることを期待させる成果となります。

続きはソースで

 
ダウンロード

引用元: 【材料科学/有機化学】大環状有機分子から全固体リチウムイオン電池の大容量負電極が誕生 黒鉛負電極の2倍以上の電気容量を実現 [無断転載禁止]©2ch.net

2: 2016/05/17(火) 21:43:13.20 ID:1tIegxcS
お値段も2倍に

4: 2016/05/17(火) 22:11:36.12 ID:zIvclxLc
大学レベルじゃ、「シャカ、シャカ」と振ると発電する電池は創れないね

5: 2016/05/17(火) 22:18:23.43 ID:RrTe/01s
黒鉛の2倍容量、65回の充電可能なんて実際の車用としては屁のツッパリにもならん。
チョーセン並の開発レベルじゃないのか。国家からの研究予算は大事に使え。

12: 2016/05/18(水) 04:10:32.34 ID:e5qpAxWJ
>>5
投稿した3月17日の時点で添えたデータが65回までという意味で
寿命が65回程度という意味じゃないぞ

7: 2016/05/17(火) 22:40:45.68 ID:F5+dTpYs
つまりカメラの予備電池を持って行く個数減らせるってこったな?

8: 2016/05/17(火) 22:51:27.10 ID:FNM72wfH
今まで色んな容量の3倍とか5倍とか、空気亜鉛電池とか半導体電池とかニュースになったけど、
何一つ製品として世の中に出てこない。

いつもより容量の向上が少ないし、みんな飽きてきたのかな?

10: 2016/05/17(火) 23:38:10.37 ID:uvnA3g10
>>8
新素材の候補が見付かって20年以内に実用化に至るのは100の材料の内の1つあるか無いかだよ。

ひとつひとつの発見が次の素材を産み出すものだ。そもそも科学は積み重ねの学問だからな。

だから、堪え性のないお前には、科学に全く向いてないから素直に漫画でも読んどけ。

18: 2016/05/20(金) 18:11:04.59 ID:LUOczs5H
>>8
企業が商品化しないだけ
「他のメーカーが商品化してないから」って理由でな

要は儲かるかどうか分からない状況で先行投資して冒険したくないんだわ

21: 2016/05/22(日) 23:11:15.01 ID:sEoPYVxu
>>8
人知れず事業化しているものもあるよ
https://www.sekisui.co.jp/news/2016/1279937_26476.html

9: 2016/05/17(火) 23:01:35.88 ID:affXBwLB
全固体リチウムイオン電池?
トヨタのやつの2倍?

11: 2016/05/18(水) 04:07:45.48 ID:e5qpAxWJ
>>1
"Carbon-Rich Active Materials with Macrocyclic Nanochannels for High-Capacity Negative Electrodes in All-Solid-State Lithium Rechargeable Batteries"
Sota Sato, Atsushi Unemoto, Takuji Ikeda, Shin-ichi Orimo, Hiroyuki Isobe
ttp://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/smll.201600916/full

全文のpdfも置いてあるな

15: 2016/05/18(水) 12:22:21.37 ID:e5qpAxWJ
負極材料という一点の変更で2倍はすごいんだよ。
もっと大きな倍率のものはもっと大きく違う。傾向として
少し違うものよりも大きく違うものの方が使えるまでに時間がかかる。

どんな用途でも同じ電池が最適なわけではないし、より高性能の電池が
登場することがわかっていても、それまでのつなぎや費用の異なる電池も必要

もっと大きな倍率のものが発表されてるから2倍は不要、とはならない。

16: 2016/05/18(水) 15:37:14.51 ID:UQQooB4P
たかが負極の変更と言っても最低数年以上かかるだろうな。大学発表だから10年はかかるかも。
別の研究のヒントになるのがオチだろう。

19: 2016/05/21(土) 04:04:39.32 ID:8Z7Vqfxh
ベストのものが商品化されているとは限らないしな。
影響力の強い人や組織に選ばれるかどうかで、小さな優劣が覆されることもある。
一旦産業として成長が始まると、それに集まる誘導が発生して
純科学的視点の優劣なら上のものでも社会的には追いつけなくなる場合がある

20: 2016/05/22(日) 18:31:11.58 ID:pRpfyUqu
やはり東北大は材料工学がすごいな

17: 2016/05/18(水) 20:35:23.91 ID:EF0hzHmH
最近の個体リチウム関係の記事はワクワクするな