1: 2016/06/27(月) 07:15:20.21 ID:CAP_USER
エジプトの猫ミイラ、新X線技術で撮影に成功 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/062400237/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/062400237/1.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/062400237/02.jpg


 近い将来、古代エジプトの謎の解明が大きく進むかもしれない。新しいCTスキャンの画像技術を使えば、巻かれた布を外さなくても、ミイラの内部を詳しく観察できるようになるためだ。

 南オーストラリア博物館に所蔵されているネコのミイラを使った新しいCTスキャンのテストが成功した。ミイラの正確な年代は不明だが、エジプトでは紀元前600年から西暦250年頃まで、ネコのミイラがよくつくられていた。(参考記事:「動物のミイラの“ヘ~!?”な真実」)

 従来のCTスキャンは検査対象にさまざまな角度から1種類のX線を照射し、撮影した画像を合成することで、内部のデジタル画像を得る。筋肉と骨は、密度の違いによって区別する。しかしミイラの場合、時間とともに皮膚と筋肉は乾燥して密度が高くなる半面、骨は髄を失って密度が低くなるため、精度を上げるのが難しい。(参考記事:「“万能のX線”、発見から115年」)

 新しいX線イメージング法は、この問題を解決する。2種類のX線を照射して、物質の原子番号を割り出し、検査対象の組成を明らかにする。カルシウムや炭素といった元素はそれぞれ固有の原子番号をもつため、内部に含まれる物質の原子番号がわかれば、組成を判断できる。例えば、骨にはカルシウムとリンが詰まっているのに対し、筋肉は大部分が炭素でできているため、両者を区別できるというわけだ。

 オーストラリア、ロイヤル・アデレード病院 放射線科の研修医で、今回の研究を率いたジェームズ・ビューズ氏は「この技術はあらゆるCTスキャナーで用いることができます」と説明する。研究結果をまとめた論文は「Journal of Archaeological Science」の2016年8月号に掲載される。

「検査対象の中身を、これまでよりも少し詳しく知ることができます」とビューズ氏は話す。「骨や筋肉を調べることで、検査対象がどのように生き、どのように命を終えたかを解明したいと考えています」


聖書の証拠集めがミイラの収集に

 南オーストラリア博物館は、今回の研究に使ったネコのミイラの正確な出所を把握していない。ただし、外国の民族学を専門とする上級学芸員で、研究にも参加したバリー・クレイグ氏は、19世紀後半~20世紀前半に博物館が入手した可能性があると説明する。この頃、ロビー・フレッチャー牧師が旧約聖書の証拠を集めるため外国に派遣されている。

「彼は最終的に、エジプトから大量の遺物を集めてきました」とクレイグ氏は話す。南オーストラリア博物館が所蔵するネコのミイラの1つは、フレッチャーが1890年頃にスペオス・アルテミドスで手に入れたものにちがいないという。スペオス・アルテミドスはエジプトのナイル川沿いにある神殿の遺跡で、古代につくられたネコのミイラがいくつも発掘されている。

 ネコはたいてい放し飼いのような状態で暮らしていたが、古代エジプトでは、ネコの女神バステトの怒りを鎮めるため、しばしばネコがささげものにされた。エジプト学の専門家として名高いカイロ・アメリカン大学の教授サリマ・イクラム氏によれば、ささげもののネコは飼育業者から入手し、同時に装飾用の布を選び、祈りの言葉を与えるのが一般的だったという。

 この商売はとてももうかっていた。ネコのミイラのはずが、古代の石を詰めた袋だったという詐欺も横行していた。ビューズ氏は研究対象とした2つのミイラについて、「ネコのミイラの中身が本当にネコかどうか、古代エジプトの偽物をつかまされていないかどうかを確かめたいと思いました」と説明する。

続きはソースで

ダウンロード (2)


引用元: 【技術/考古学】エジプトの猫ミイラ、新X線技術で撮影に成功 巻いた布を剥がずに内部の組成を解き明かす [無断転載禁止]©2ch.net

スポンサーリンク
5: 2016/06/27(月) 09:22:38.55 ID:Yy8MeHII
破壊神ビルス

6: 2016/06/27(月) 09:22:42.30 ID:OPuJJEBg
犬みたい

7: 2016/06/27(月) 09:23:58.97 ID:jW0+uj3h
ペルシア 「猫の命が惜しくば降参しろ!」

8: 2016/06/27(月) 09:48:47.50 ID:njxx6+15
描かれた顔がブサい

9: 2016/06/27(月) 10:03:34.53 ID:UOtWPMbJ
猫発祥の地の猫だけど、その事に記事は触れていないな。
この時代では既に、現代の猫と何ら変わらないってことかな?

19: 2016/06/27(月) 19:25:21.94 ID:W5C1T0OE
>>9
現在の可愛い猫はここで、ヒトから見て好ましい猫を◯さずに繁殖させた結果だったりして。
普通の個体は◯してミイラに。
際立って毛並みが美しかったり、人懐こい個体を◯すに忍びず繁殖に回すうちに
どんどん美しく、人懐こいペット向きの生き物になっていった。

20: 2016/06/27(月) 20:08:46.46 ID:Yfx4YTIi
>>9
現代の猫ですら原種とされるリビアヤマネコとほとんど差がないくらい
イエネコは野性時代の能力を維持している

11: 2016/06/27(月) 10:33:32.17 ID:hPQygDsh
耳が大きいな

12: 2016/06/27(月) 12:24:16.11 ID:Mv2EM5or
「見よ だが触れてはならない」
byエジプト

15: 2016/06/27(月) 14:45:05.98 ID:5Cmxy4lk
実は犬だったとかだったら

16: 2016/06/27(月) 15:24:42.99 ID:bPZIcDig
毛並みがわからない

17: 2016/06/27(月) 15:54:41.74 ID:DZqsA1se
◯人事件になる遺体と遺跡になる遺体はいつからが境目なの?

18: 2016/06/27(月) 16:42:46.23 ID:JmmWvRo9
> ネコはたいてい放し飼いのような状態で暮らしていたが、古代エジプトでは、ネコの女神バステトの怒りを鎮めるため、しばしばネコがささげものにされた。

ひどい話だ。ネコいいめいわく。

> この商売はとてももうかっていた。ネコのミイラのはずが、古代の石を詰めた袋だったという詐欺も横行していた。

いい奴じゃないか、そいつ。

21: 2016/06/28(火) 01:02:44.44 ID:3/SmdQig
猫というよりも犬に近いようなふうぼう

4: 2016/06/27(月) 09:14:09.29 ID:oTuMSlbI
ネコと和解せよ!