1: 2016/07/01(金) 07:51:22.80 ID:CAP_USER
恐竜時代の鳥の翼、琥珀の中でありのまま保存 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/063000244/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/063000244/00.jpg


 1億年近く前に生きた原始的な鳥の翼が、琥珀に閉じ込められた非常に保存の良い状態で見つかった。羽毛の重なり方、模様、色、配列など、現在の鳥類にそっくりの形態が、当時の鳥類にもすでに備わっていたことがわかる。

 科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」の6月28日号に論文が掲載された。白亜紀末期に絶滅した鳥類の系統、エナンティオルニス類のものである可能性が最も高いという。ナショナル ジオグラフィック協会もこの研究を支援している。(参考記事:「琥珀の中から新種の吸血バエ化石を発見」)


「我を忘れるほどの発見」

 恐竜の多くが羽毛に覆われていたという事実は1990年代から一般に浸透してきた。一方、当時の鳥の羽毛に関する手がかりは、これまでのところ、炭化・圧縮された化石に残る羽毛の痕跡や、琥珀の中で化石化した個々の羽毛くらいしかなかった。(参考記事:「驚きの恐竜展を開催、もはや鳥展、米NYで」)

 羽の痕跡からその並びがわかることもあるが、たいてい細部までは保存されていなかったし、色に関する情報が残っていることもまれだった。他方、琥珀に封入された1枚切りの羽毛では、その持ち主である動物までたどり着くことができなかった。

 今回、新たに見つかった翼のサンプルは2つ。それぞれ重さ1.6グラムと8.51グラムしかないが、骨の構造や羽毛群、軟部組織を備えている。論文の共著者で中国地質大学のリダ・シン氏によれば、動物の本体から抜け落ちたのではない羽毛が研究されるのは白亜紀のものとしては初めてという。

「琥珀内の羽毛を調べていて一番問題なのは、わずかな断片だったり、体から離れたものだったりして、どんな動物に生えていたのかが永遠にわからないことです」と語るのは、共著者の1人であり、カナダのロイヤルサスカチュワン博物館で無脊椎動物の古生物学を担当する学芸員、ライアン・マッケラー氏だ。「これほどのサンプルが見つかることはまずありません。我を忘れるほどの発見です」


現代の鳥類に近い姿

 X線マイクロCTによる分析で、2つのサンプルは骨の大きさと成長段階からいずれも幼鳥と判明。羽毛の特徴や骨の構造も類似していることから、同一の種に属する可能性がある。(参考記事:「エジプトの猫ミイラ、新X線技術で撮影に成功」)

 どちらのサンプルも、皮膚、筋肉、かぎ爪、羽軸が確認でき、風切羽(かざきりばね)や雨覆羽(あまおおいばね)が並んでいるのも見て取れる。いずれも、配置や微小構造が現代の鳥類に近い。

 裸眼では羽毛は黒く見えるが、顕微鏡分析では風切羽はおおむね濃い茶色、雨覆羽はやや薄い茶色から銀色、白色の帯まで色の幅があることがわかった。

続きはソースで

images (3)
 


引用元: 【古生物学】恐竜時代の鳥の翼、琥珀の中でありのまま保存 白亜紀末に絶滅した鳥は、現代の鳥にそっくりの翼をもっていた [無断転載禁止]©2ch.net

3: 2016/07/01(金) 07:56:26.24 ID:hfRgxvc9
つまり羽が無い翼竜の描写はうそ

4: 2016/07/01(金) 08:06:11.50 ID:xFA0GA0U
>>3
いや違うぞ。

羽のある「翼竜」は一切見つかっていない。

しかも今回のは完全な「鳥類」だ。

5: 2016/07/01(金) 08:07:52.26 ID:L1CO64/+
白亜紀のものがこんなに綺麗に残ってるとか凄いな

10: 2016/07/01(金) 08:17:05.16 ID:MIXCaTWS
純粋な疑問
これがなんで1億年前の翼だと断定できるの?

64: 2016/07/02(土) 18:46:04.72 ID:CRuTFAwy
>>10
琥珀に気泡が閉じ込められていれば炭素年代測定できるはず

12: 2016/07/01(金) 08:32:52.19 ID:syjW2xFR
DNAとれそう

うまくいけば革命的な発見になる

13: 2016/07/01(金) 08:42:27.53 ID:dp/b/4b3
化石は出てたけどね、これは凄いな

14: 2016/07/01(金) 08:59:51.29 ID:0C9yJbUO
現代の技術ではDNAは採れないだろ

42: 2016/07/01(金) 13:38:47.15 ID:GgtkwCze
>>14
バラバラに分解されちゃってるから未来でも無理

15: 2016/07/01(金) 09:01:49.15 ID:auhXHfoX
昆虫は、珍しくないのに羽毛が出てこなかったのはなんで?

24: 2016/07/01(金) 10:26:52.15 ID:o+kZgRce
 >>15
 
 琥珀というのは樹液が固まったものです。
 昆虫などがうっかり樹液に触れて動けなくなり、そのまま樹液の中に
 閉じ込められて化石化したものが琥珀。
 昆虫と比べて鳥類は大きいし重いので、いくら幼鳥とは言え、鳥の体が
 琥珀に閉じ込められているのは極めて稀です。

16: 2016/07/01(金) 09:03:33.27 ID:bA20IIT/
年取ると、こういった長い年月を感じさせるアイテムが欲しくなる。化石とか、古美術品とか。なんだろね

26: 2016/07/01(金) 11:46:30.91 ID:QcqNjeiH
>>16
相対的に自分を若く感じたいんだろう

21: 2016/07/01(金) 10:16:05.08 ID:dAEia05x
土と言うか腐葉土みたいなのがいっぱい付いて固まってるバーマイトの原石手元にあるけど
実は現代の鳥の羽を樹脂で固めたフェイクだったってオチはないだろうな?
琥珀はそう言うけしからん代物が山ほど出回ってるから疑ってしまうわ

38: 2016/07/01(金) 13:10:55.45 ID:WoxpVp6k
>>21
琥珀って鑑定士でもなかなか真贋の見分け付かないってからね。

特に、再生琥珀(本物の琥珀を一度溶かして固め直したモノ)はお手上げだそうな。まぁそうだろうなw

22: 2016/07/01(金) 10:21:58.56 ID:u0SfVHUs
琥珀内のハエからDNA抽出に成功した例はあるらしい

23: 2016/07/01(金) 10:24:09.19 ID:o+kZgRce
10億円くらいの値段がつきそうです。

25: 2016/07/01(金) 10:54:20.76 ID:PDveaXvl
>現代の鳥にそっくりの翼をもっていた

祖先なんだから当たり前だろ馬鹿

27: 2016/07/01(金) 11:47:01.62 ID:2kuHZIr4
>>25
ボケ、もうちょっと日本語の読解力つけてから発言しろ。

29: 2016/07/01(金) 12:10:41.89 ID:4LCRC+MD
>そのため、ミャンマー産琥珀の採掘や売却はほとんど野放しの状態で、大部分が中国の消費者に渡り、
>宝石として、あるいは装飾を施した彫刻として珍重され

もっと凄い化石が何の価値も分からない成金のオモチャとして闇に消えてそうだな・・・・

30: 2016/07/01(金) 12:14:41.11 ID:xlyVzjHS
>>ミャンマー産琥珀の多くは宝飾品や彫刻に使われるため、封じ込められた虫や植物は不純物とみなされ、
>>研磨の段階で一部または全部が壊されることがある。

えーーーーーー
虫が閉じ込められている琥珀の方が商品価値が高いだろ。

32: 2016/07/01(金) 12:19:15.85 ID:Lr4mm8bX
本当に昔のものなのか

35: 2016/07/01(金) 12:25:57.60 ID:+H3VJNbD
自分で採掘しに行ってもいいのか?
何かが入った琥珀はすげー欲しい
宝石としては特に魅力的とは思わないけどな

37: 2016/07/01(金) 12:42:46.90 ID:c/yKhlVE
恐竜でさえ毛を生やしてたというのにオマエらときたら…

56: 2016/07/01(金) 18:10:49.77 ID:1BYQaLFI
白亜紀には鳥類としての進化は完成してたんだろ?
だったら同じに決まってる

66: 2016/07/02(土) 19:25:55.41 ID:LvK/FKYj
>>56
白亜紀には普通に空飛んでたのかもな。
ひょっとするとジュラ紀の時点で普通に飛んでたかも。

57: 2016/07/01(金) 18:22:57.13 ID:EDg0U/eX
空中を飛ぶと言う力学は何万年経っても変わらないから、翼の形状が同じなのは当たり前だろ?

58: 2016/07/01(金) 18:24:10.37 ID:vKc5SwyF
当時は鳥類の祖先にあたる種がいっぱいいたんだろうな。