1: 2016/07/05(火) 07:27:49.33 ID:CAP_USER
古代インカの穿頭術、成功率は70%を超えていた | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/070400041/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/070400041/ph_thumb.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/070400041/002.jpg


 医者は簡単な道具を手に取ると、生きた人間の頭蓋骨に穴を開けた。そして砕けていた頭蓋骨のかけらをほとんどきれいに取り除いた――現代のような麻酔や滅菌技術を用いないこの手術で、なんと、患者は回復した。

 思わず身震いするようなこの手術は、古代の医術である穿頭術(トレパネーション)の一例だ。米テュレーン大学の形質人類学者ジョン・ベラーノ氏は古代の穿頭術を徹底調査し、このほど5人の共著者と『Holes in the Head: The Art and Archaeology of Trepanation in Ancient Peru”(頭に開いた穴:古代ペルーの穿頭術の技術と考古学)』を出版した。

 数千年前はヨーロッパや南太平洋でも穿頭術が行われており、アフリカ東部では1990年代まで続けられていた。だが、この治療が最も盛んだったのは、14~16世紀のペルー、つまりインカ帝国だ。その証拠に、この地域で穴の開いた頭蓋骨が数多く見つかっているほか、骨が治癒した跡から手術後の生存率が高かったことがわかってきた。(参考記事:「世界のミイラでわかる古代の病気」)

 数十年かけて、穴の開いた頭蓋骨を800以上研究してきたベラーノ氏は、ナショナル ジオグラフィックの取材に応じ、穿頭の技術と科学について見解を語ってくれた。

――古代ペルーで、穿頭術はどれくらい普及していたのですか? 

 驚くほど広い範囲で行われていました。全盛期には、インカ帝国のほぼ全域で行われていたのです。インカ帝国で見つかった穴開き頭蓋骨の数は、国外で見つかったものの合計を上回っています。(参考記事:「最初期アメリカ先住民の謎解く骨を発見」)

――なぜペルーで穿頭術がそれほど盛んだったのでしょうか?

 世界の多くの地域では、弓矢、剣、やりなどが武器として使われていたのに対し、ペルーでは戦いに投石器やこん棒などが使われていました。そのせいで、頭部の骨折が起こりやすかったのでしょう。弓矢や剣、やりでは、投石やこん棒ほど頭部に傷を負うことはありません。(参考記事:「人類の暴力の先例? 頭蓋骨に殴打跡」)

続きはソースで

ダウンロード (1)

引用元: 【考古学/医学】古代インカの穿頭術、成功率は70%を超えていた 800の頭蓋骨が語る、古代ペルーの驚くべき手術力 [無断転載禁止]©2ch.net

4: 2016/07/05(火) 07:35:20.50 ID:0xZw/fKn
>>2
> ――このような手術は、激痛を伴ったのではありませんか?
>
>  頭皮には多くの神経があり、ナイフやかみそりの刃を頭皮に入れれば
> 痛みを感じますが、歯を食いしばれば、耐えられないほどではありません。

ペルーだとコカがあるだろ。

あれを使えば、痛みも減りそうだが。

3: 2016/07/05(火) 07:29:09.11 ID:29NSpbQz
太古のテクノロジーかぁ ロマンだねぇ

5: 2016/07/05(火) 07:41:53.92 ID:ga4kL7BZ
頭蓋内に血が溜まってるの抜けるだけでかなり助かりそうだよね
経験則だろうってのがなかなか恐ろしいけど

6: 2016/07/05(火) 07:52:24.87 ID:aOYxn7A2
>骨自体には神経はほとんどありません

え?
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/file/000309_03.jpg

8: 2016/07/05(火) 08:25:34.40 ID:iC9VZ5Ux
>>6
それは骨を通っている神経
骨自体の神経じゃないよ
骨が痛みを感じるのは骨膜っていう表面の部分

11: 2016/07/05(火) 09:22:49.63 ID:MIyqi30m
成功したかどうかはわからんだろ。手術の目的は達成できなかったが命はとりとめたものもけっこういるんじゃね?

16: 2016/07/05(火) 09:32:02.66 ID:gx2UpSBR
>>11
穴を開けた部分に骨の再生所見があれば手術後生存していたことが確認できるよ
あ、でも11がいっているのは生存が必ずしも手術のおかげじゃないかもってこと?

17: 2016/07/05(火) 09:37:44.02 ID:MIyqi30m
>>16
後遺症の問題。それとなんのための手術だったかがはっきりわからないから

18: 2016/07/05(火) 09:40:30.67 ID:gx2UpSBR
>>17
なるほど確かに。

当時じゃ後遺症ありで生存したら手術のせいだって言われるんだろうな...

13: 2016/07/05(火) 09:23:49.81 ID:FCRW6k+W
ストロー刺してカップルでチュウチュウしてただけじゃん

14: 2016/07/05(火) 09:25:52.03 ID:rZ2SbAhh
インカの科学力は世界一ぃいいいいいい!

33: 2016/07/05(火) 12:32:12.88 ID:DYVfK5hQ
>>14
そこは医学力にすべきだったな

19: 2016/07/05(火) 09:49:25.50 ID:W1wn5Uh4
どうしてヘルメットの技術が発達しなかったのか?

21: 2016/07/05(火) 09:56:02.40 ID:f+KPGhSA
>>19
金属利用が未発達だったため、綿入れの頭巾を被ってたが
トゲ付きの石の棍棒には無力だった。

20: 2016/07/05(火) 09:51:28.57 ID:Xx8UyNf/
現代に生まれてよかったわ

22: 2016/07/05(火) 10:01:00.04 ID:i3V9DaBp
ちょっと前までインカの脳手術説は「トンデモ」と言われてた記憶が

23: 2016/07/05(火) 10:05:26.00 ID:jqjnMonw
頭蓋骨骨折するくらい頭を強く殴られたら頭だけでなくて、顔面とか頸椎とか歯なんかも折れそうなんだが、
そっちは処置した形跡はないのか。

25: 2016/07/05(火) 11:03:02.21 ID:+lCIo7Va
こういう事ができる一方で、人肉食もしてた。

34: 2016/07/05(火) 12:40:10.92 ID:gap+C2l7
脳圧下がって救命できる症例もあったのかね?
感染怖いけど、受傷直後の死亡率は減らせるのか?

35: 2016/07/05(火) 13:10:58.99 ID:nuA63IBo
JINでやってた麻酔なし版みたいなもんか

38: 2016/07/05(火) 13:28:57.75 ID:ZniNeVZs
麻酔無しで手術できるんか? てか暴れるやろ

でも日本でも麻酔や手術ができるようになったのは
江戸時代にシーボルト先生が来てからだしなぁ・・
あんまワロエナイ

48: 2016/07/05(火) 15:49:44.43 ID:YLfKYydq
>>38
暴れないように何人かで押さえ付けてたんだよ
恐すぎ

52: 2016/07/05(火) 19:07:28.78 ID:rNywS9t3
>>38
日本って昔から独自の麻酔作って手術してたんじゃなかったか?

67: 2016/07/06(水) 00:08:15.71 ID:L7ApRBGt
>>38
西洋だって麻酔が発明されるまでは、外科手術は阿鼻叫喚だった。
感染症対策だって何もしていなかった。

それでも外科手術は行われていた。

39: 2016/07/05(火) 13:37:42.84 ID:lUTIooFX
麻薬の発達した文明なんだから、

麻酔よりも

昏睡させて施術したんでしょうか?

41: 2016/07/05(火) 13:58:05.52 ID:L+ifbYef
穴が複数開いているから、あれここじゃないやとかやってんのかな?

43: 2016/07/05(火) 14:06:50.09 ID:sHw4tXPb
不思議に麻酔が何故効くか今でも解らないみたいだね
歯医者で歯を削る時、頭蓋骨が響くのさえ嫌なのに!

45: 2016/07/05(火) 14:14:29.36 ID:8vjnRKQU
頭に穴あけて処刑しただけだったりしてw

46: 2016/07/05(火) 14:36:02.38 ID:UcAMA/ek
>>45
罪人の頭に穴開けて傷口閉じずに放置、違和感とスースー感を与える罰かな?
地味すぎw

62: 2016/07/05(火) 22:45:41.80 ID:1VLITDCt
なんのために穴をあけたか知ると恐ろしい