1: 2016/07/20(水) 00:04:36.97 ID:CAP_USER
実験用マウス載せ打ち上げ ドラゴン宇宙船で

【ワシントン共同】米スペースXは18日、日本人宇宙飛行士の大西卓哉さん(40)が国際宇宙ステーションで実験に使うマウス12匹を載せたドラゴン宇宙船を、フロリダ州ケープカナベラル空軍基地からファルコン9ロケットで打ち上げた。
20日にステーションに到着する。

大西さんはマウス実験を通し、骨や筋肉が弱くなる老化現象の解明を目指す。

続きはソースで

ダウンロード (3)

▽引用元:共同通信 2016/7/18 17:12
http://this.kiji.is/127684471700422660

引用元: 【宇宙開発】大西さんが実験に使うマウス12匹を載せたドラゴン宇宙船打ち上げ©2ch.net

スポンサーリンク
2: 2016/07/20(水) 00:10:20.38 ID:9a9DH9BH
ドラゴンロケットか なんか塩っぽいな

3: 2016/07/20(水) 00:12:46.95 ID:AzUwTRb8
着陸またまた成功おめでと
はよ再利用エンジンで打ち上げて

5: 2016/07/20(水) 00:28:59.84 ID:1loEjX/T
 
マウス12匹「チュー!チュー!チュー! (聞いてない、そんなん全然聞いてないって!)」

7: 2016/07/20(水) 00:42:48.89 ID:0dG5csm4
>>5
マウス「足が地面につかない!体が回転する!気持ち悪い!なんだよこれ!」

31: 2016/07/20(水) 16:27:07.39 ID:j/hWPVER
>>7
打ち上げ時
マウスA 「なんだ?このGは!、、、、もしかして打ち上げられてるのか!」
マウスB 「体がつぶれる~!」

6: 2016/07/20(水) 00:39:54.53 ID:sz8ESvPU
みんなで美味しく頂きました

おわり

8: 2016/07/20(水) 01:00:48.79 ID:aeDII2bX
ネズミでさえ宇宙に行けるのにおまえらときたら

14: 2016/07/20(水) 06:36:48.60 ID:2cYHDXVv
HTVこうのとりは今年の打ち上げってあるのか?
ねずみや猫なら与圧室に入れてISS国際宇宙ステーションに運べるのだろ。
少し改良して有人宇宙船HTV-Rにしろよ。

16: 2016/07/20(水) 07:28:33.12 ID:RhKmfEBG
>>14
一度死亡事故が起きたら無人ロケットにまでごちゃごちゃ言われそうな国では無理でしょ

27: 2016/07/20(水) 14:30:56.20 ID:uu4Q8yUM
>>14
こうのとり6号機は10月1日打ち上げとの情報。だが正式発表はされてない。

こうのとりで冬眠ネズミ「ヤマネ」を送って休眠中の筋力保持能力が無重力でも機能するか実験する予定。

回収型こうのとりHTV-Rは、「少し改造」では無駄な制御機能の重複装備が避けられないと判明して計画凍結になった。
まずは設計を抜本から合理化した改良型こうのとりHTV-Xに注力して開発中。

17: 2016/07/20(水) 07:43:57.60 ID:gAeI83YB
ISSに重力ブロック必要

19: 2016/07/20(水) 11:12:28.52 ID:wZ0bANrB
ドラゴン補給機で運んだ重要な荷物は IDA-2
falcon 9 の打ち上げとして重要なのは第一段が陸上へ完璧に着陸したこと

「IDA-2」(International Docking Adapter-2)

20: 2016/07/20(水) 11:21:06.66 ID:Do/tq9iV
マスコミが日本人宇宙飛行士とかはやしたてるけどさ、、、
本当は自分達で人間を打ち上げる能力もないのに、大喜びの日本人ってバカなの?
まさに裸の王様じゃん。

25: 2016/07/20(水) 12:43:51.15 ID:wZ0bANrB
>>20
同感。例えば「きぼう」が独立して運用できないことを知っている人は少ない。
これも日本のマスコミの伝え方の問題だと思う。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%8D%E3%BC%E3%86

電力や生命維持などの宇宙ステーションの基幹部分に関しては参加を許されなかった

21: 2016/07/20(水) 11:51:27.02 ID:Zuy7WIuH
今のロケット打ち上げ方法にいつも不満に感じること。
SRB(固体燃料補助ロケット)を使い捨てにしてること。海は便所ではありません。

SRBの寿命対応年数は15~20年ほど再利用できるそうですが現状は
ESA,ロシア、NASA.JAXAのSRBは150秒~300秒程度の燃焼で そんな僅かな時間の為に
毎回、海にぼとぼと捨ててることをみんな理解しましょう。

嘗てのスペースシャトルのSRBに限っては回収してましたが毎回、着水地点に大型船舶を送り
SRBを引き上げる為にスキューバーダイバーを50メートルほど潜らせてロープを下に回して引き上げ
更には洗浄してやっと再利用できる状態に戻すなど非常に時間とコストをかけてました。

ロシアのソユーズロケットに関しては1段目は液体燃料ですが1段目の落下地点は発射場から約350キロ前後の地点だそうです。
だれも問題視してませんがバイコヌール宇宙基地周辺に海はないから地上に落としてると考えられます。

現在スペースX社のファルコン9は、パラシュートで減速させた末にホバーリングで回収する試みをしていますが
見た感じ安定性はイマイチよくない。もしくは船が波で揺れてたら着艦の成功率は劇的に下がるなあと感じました。

そこで自分が提案するSRB回収方法
P38ライトニングSRBイメージ図1
http://dl1.getuploader.com/g/aosi77/124/p38-srb.png
http://dl1.getuploader.com/g/aosi77/125/p38-srb2.png
http://download1.getuploader.com/g/aosi77/126/p38-srb3.png

大型輸送機が着艦できる空母を作るのは面倒かもしれませんが使い捨てにされるよりはこんな感じのが全然よくないですか?
そんでもって ESA,ロシア、NASA.JAXAはSRBを統一規格にするなどコスト削減の努力をお願いします。

22: 2016/07/20(水) 12:00:33.09 ID:wZ0bANrB
「スペースX社のファルコン9は、パラシュートで減速させた末にホバーリングで回収する」

パラシュートは使ってない。 wikipedia を見てみて。

https://en.wikipedia.org/wiki/Falcon_9_first-stage_landing_tests

23: 2016/07/20(水) 12:02:59.07 ID:wZ0bANrB
しかも(!)今回は陸地(ケープカナベラルの発射地点に隣接)に帰ってきた。

https://goo.gl/maps/C43ShA8BuXB2

29: 2016/07/20(水) 14:55:08.57 ID:pmCwPbQw
宇宙で繁殖繰り返したマウスってどうなるんだろ
すでにやってるよなこういう実験

9: 2016/07/20(水) 01:01:12.31 ID:phUcnxmY
12匹もいるのか
一気にISSの住人が増えるなw