1: 2016/08/23(火) 07:38:05.51 ID:CAP_USER
世界で増える野鳥の奇形、原因は新種ウイルスか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/082200050/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/082200050/ph_thumb.jpg


 米国アラスカ州にいる数千羽の野鳥で、くちばしが異常に伸びて湾曲する奇形が確認されている。この原因は長らく不明だったが、最新のDNA分析技術を用いた分析により、20年来の謎が解明に近づいている。

 分析の結果、コガラウイルス(poecivirus、コガラ属のウイルスの意)という新種のウイルスが、コガラやカラスなどの鳥にくちばしの奇形を起こしている可能性があると判明した。くちばしがゆがんだ箸のように交差してしまうこともあり、そうなると餓死したり、毛づくろいができなくなり早死にしてしまう。

「このウイルスにより、世界中の鳥類の健康が危険にさらされるかもしれません。特に、絶滅が危惧される不安定な種は打撃も大きくなります」と話すのは、アンカレッジにある米国地質調査所(USGS)アラスカ科学センターの調査野生生物学者、コリーン・ヘンデル氏だ。(参考記事:「希望のミツバチ 病気に負けないハチを求めて」)

 この奇形は既に広まりつつある。北米の太平洋岸北西部、英国、インド、南米の野鳥愛好家から、くちばしに異常がある鳥が増えているとの報告が寄せられており、北米で24種、英国で36種の鳥に奇形が確認されている。(参考記事:「動物の奇形:3つ目のカニ、双頭のカメ」)

 こうした奇形は「鳥ケラチン障害」と呼ばれる。今回見つかったウイルスがその原因だとすると、多くの疑問が浮かんでくる。この病原体は最近現れたのか? 新たに進化したウイルスなのか? なぜ広がっているのか? 拡大を促す要因は環境にあるのか?


新種のウイルスを発見

 USGSの生物学者たちが、アメリカコガラ (Poecile atricapillus)の奇形に初めて気付いたのは1990年代後半のことだ。以来、彼らはカリフォルニアの分子科学者らの協力を得て、原因の解明に取り組んできた。

確実に突き止めたとはまだ言えないが、研究チームは7月に発表した論文で「アメリカコガラとコガラウイルス感染と鳥ケラチン障害の間には、揺るぎない、統計的に有意な相関」を発見したと慎重に述べている。

 くちばしに奇形のあるアメリカコガラ19羽を検査したところ、すべてコガラウイルスに感染していたが、奇形のない個体は9羽のうち2羽しか感染していなかった。この2羽が感染していながら奇形を生じていない理由は不明だが、感染時期がごく最近のため、くちばしの異常成長がまだ現れていなかった可能性がある。このほか、くちばしに奇形のあるヒメコバシガラス(Corvus caurinus)2羽、ムネアカゴジュウカラ(Sitta canadensis) 2羽からもウイルスが検出された。

 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の疾患生態学者、マクシーン・ジルバーバーグ氏は、「新種のウイルスを発見したことに大変興奮しています。奇形の原因はこのウイルスである可能性が高いと思われますが、まだ証明はできていません」と話す。同氏はカリフォルニア科学アカデミーのチームと連携し、次世代シーケンサーと呼ばれる最新のゲノム配列分析機器を用いて、ウイルスの存在と鳥ケラチン障害との関係を発見した。

 新種のウイルスが鳥ケラチン障害の原因だと証明するには、奇形のある個体からウイルスが検出されるだけではなく、より幅広い種から多くのサンプルを集める必要がある。USGSは、健康な鳥をウイルスにさらし、くちばしの奇形が生じるか観察する実験計画を立てている。化学汚染物質の影響や栄養不足といった他の原因を示す証拠は今のところ見つかっていない。(参考記事:「「カエルの楽園」で致死的なカエルツボカビを発見」)

 通常、くちばしに奇形のある野鳥は1%未満だ。だが1999年から2008年にかけて、アラスカの研究者がアンカレッジとマタヌスカ渓谷で2000羽を超えるアメリカコガラを捕獲したところ、6.5%の個体のくちばしに奇形があった。2007年と2008年にアラスカ州内の6地点でヒメコバシガラスを調査すると、奇形の割合は17%だった。USGSによると、「野鳥群においてこれまで記録された顕著な奇形としては、最も高い割合」だという。

続きはソースで

ダウンロード
 

引用元: 【獣医学】世界で増える野鳥の奇形、原因は新種ウイルスか さらなる蔓延を防ぐには? くちばしが異常に伸びて湾曲する「鳥ケラチン障害」 [無断転載禁止]©2ch.net

4: 2016/08/23(火) 07:50:43.20 ID:ZaHN32jt
鳥類は絶滅するかもしれないね

5: 2016/08/23(火) 07:54:04.95 ID:7+SR97xx
画像の鳥はそこそこ成長してるように見えるけど
あんなくちばしでどうやって生き残ったか不思議だ

6: 2016/08/23(火) 08:07:28.42 ID:A4hL4nXK
実は進化ってこうやっておきるんだろ。

42: 2016/08/23(火) 12:58:46.37 ID:tKkg+0Mp
>>6
極々稀に生存に有利に働く奇形が現れるんだよな

7: 2016/08/23(火) 08:08:21.66 ID:ZaHN32jt
鳥の嘴って、いろいろあり過ぎ。
特化しすぎてしまうと、食性も限られてしまうから、ヨクナイとか言ってみた。

8: 2016/08/23(火) 08:09:01.16 ID:P78q+W3L
昔写真でみたがウイルスだったのか

9: 2016/08/23(火) 08:11:28.84 ID:OtxNbzrQ
イスカに進化する途中じゃね

11: 2016/08/23(火) 08:13:40.39 ID:ZaHN32jt
個体群全体に同一方向の突然変異が起こる。それは言語矛盾っぽいね。

12: 2016/08/23(火) 08:19:59.91 ID:ZaHN32jt
人間って、地球の陸地に、はびこっているから、まあ成功した種なんだろう。

14: 2016/08/23(火) 08:25:05.54 ID:6Hu3ApcQ
たかがウイルスでこれ程の奇形になるなら、異様な進化の形態
なども、奇形とダーウィニズムで説明がつくな。

18: 2016/08/23(火) 08:53:35.41 ID:kbfSBLvV
奇形って、今が正常なの?
進化の過程では。

35: 2016/08/23(火) 11:25:08.50 ID:LSAi2iYk
>>18
生存に有利に働かないなら消えるだけだよ

37: 2016/08/23(火) 11:49:23.13 ID:qutiTNFL
>>18
環境がおいつかない
というか変化のスピードが合ってなければ生き残れない
個体だけ取り出しても正常かどうか評価できない

21: 2016/08/23(火) 09:20:59.33 ID:pMNwoXfJ
鳥が可体を張って警告してるのね

海の汚染を、生物濃縮の危険を

22: 2016/08/23(火) 09:26:31.36 ID:y05ixYT1
野鳥を取って食べてはいけないのは実はウィルスが多いからなんだよ

23: 2016/08/23(火) 09:28:42.67 ID:Bvp8kSxK
鳥はニッチに進化しすぎてるからなあ。
でも鳥類が減ったら植生も変わるしやばいよな

24: 2016/08/23(火) 09:31:52.78 ID:JDovsoOi
進化の過程のひとつだからちゃんと研究しとけよ。

26: 2016/08/23(火) 09:55:23.44 ID:ZsOVPXy7
自然現象みたいなもんだろ
ほっとけよ

27: 2016/08/23(火) 10:11:11.36 ID:dlciyDUn
観測機器(カメラ)の発達で皆が気づくようになったってのは?
どうして最近このウィルスが発見されたんだろう?

28: 2016/08/23(火) 10:22:47.72 ID:tEJyPLTW
昔は調べが雑だった。以上。解散

33: 2016/08/23(火) 11:10:23.32 ID:nG2+lZaQ
恐竜が鳥になったってのは、もっと凄い奇形のような感じがする

39: 2016/08/23(火) 12:19:24.46 ID:tjJK7l1e
海洋、河川汚染だよ。

ウィルスなんかでは断じて無い!

44: 2016/08/23(火) 13:19:03.69 ID:9UdHdvI/
後天性の奇形だから次世代に受け継がれないだろう
生き残ったのは菌に耐性やつだろうから発病しないだろうし

49: 2016/08/23(火) 14:31:08.05 ID:mRiLrbsW
ストロンチウム90で汚染されてる魚食ったのが原因だろう
ストロンチウム90の検査してんの?

38: 2016/08/23(火) 12:00:20.09 ID:/noFcG+s
毛づくろいが大変だな