1: 2016/08/31(水) 12:09:02.41 ID:CAP_USER
AFP=時事 8月31日(水)10時44分配信
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の飼育施設で撮影したタスマニアデビル(2012年4月27日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】悪性の顔面腫瘍で個体数が大幅に減少したタスマニアデビルは、非常に急速な遺伝子進化を通して絶滅の危機から立ち直りつつあるとみられるとの驚くべき研究結果が30日、発表された。

 オーストラリアのタスマニア(Tasmania)島にのみ生息する、イヌほどの大きさの夜行性の肉食有袋類で絶滅危惧種に指定されているタスマニアデビルについて、20年前に顔面腫瘍が発生した前後の294個体のゲノム(全遺伝情報)を
詳細に比較した結果、ほんの4~6世代の間に、7個の遺伝子に種全体に及ぶ適応進化が起きていることが明らかになった。7個のうちの5個は、哺乳類の免疫力とがんへの抵抗力に関連する遺伝子だ。

 英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された研究論文の共同執筆者で、米ワシントン州立大学(Washington State University)の
アンドリュー・ストーファー(Andrew Storfer)氏はAFPの取材に「タスマニアデビルは進化している」と語る。「特筆すべきことに、この進化は極めて急速だった」

 環境や病気などの要因に対応した有益で持続する遺伝形質の獲得による生物種内の進化のプロセスは、長い時間をかけてゆっくり進行すると一般に考えられている。
そのため研究チームは、種を救う可能性のある変化がまさに自分たちの目の前で起きているのを見て「うれしい驚き」を感じたという。

 タスマニアデビルの顔面に増殖する奇妙な腫瘍に科学者らが最初に気づいたのは1996年のことだった。

■悪魔のような疾病

 大半の悪性腫瘍とは異なり、この顔面腫瘍は伝染性で、互いのかみつき行為によって拡散していることが間もなく明らかになった。

 このデビル顔面腫瘍性疾患(DFTD)を発症した個体は多くの場合、腫瘍の増殖によって餌をとることができなくなり、餓死する。

 ストーファー氏は電話会見で「この病気の致死率は100%に近い。タスマニア島全体の95%に広まり、既知の個体群のほぼすべてに感染し、タスマニアデビルの個体数を全体で約80%減少させた」と述べた。

 個体数はかつて25万匹を超えるほどだったが、現在野生の状態で残っている個体はわずか数千匹にすぎないと考えられている。

 種の絶滅も予測されたタスマニアデビルがいまだに現存しているのはなぜかを解明するため、ストーファー氏らの研究チームは研究に着手し、20年以上にわたって収集された数千に及ぶ組織サンプルの遺伝子データを分析した。

 論文の共同執筆者で米アイダホ大学(University of Idaho)のポール・ホーエンローエ(Paul Hohenlohe)氏によると、タスマニアデビルが「著しく急速に進化している」ことをこのデータは示しているという。
「この疾患が最初に現れたのが1996年なので、わずか20年間というのは、特に哺乳類にとってはことのほか急速だ」

 今回観察された遺伝子の変化が、実際にタスマニアデビルのDFTDに対する抵抗力を高めているかどうかについては、科学者らはまだ確証を得ていない。
今回の研究で得られた情報はタスマニアデビルの飼育者らが予防的に作用する遺伝子変異を持つ個体を生産するために利用できる可能性もある。

「全体的に見て、今回観察されたタスマニアデビルの進化応答は、この動物の持続的な生存が期待できることを示唆している」と、論文の執筆者らは結論付けた。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:8月31日(水)10時49分AFP=時事


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160831-00000010-jij_afp-env

ダウンロード (6)

引用元: 【生物】顔面腫瘍で絶滅危機のタスマニアデビル、この20年で急速に進化か[08/31] [無断転載禁止]©2ch.net

スポンサーリンク
2: 2016/08/31(水) 12:14:00.39 ID:v8Orf7yy
致死率100%に近い病気が蔓延してたら、そりゃ自然選択も進行するだろう。
有効な遺伝子バリエーションがすでに存在してたのは、デビルという種にとって幸いだったな。

3: 2016/08/31(水) 12:15:22.76 ID:pkktnNbC
>遺伝子の変化

元々遺伝子が違う種類かも。

4: 2016/08/31(水) 12:20:17.34 ID:FAF4JYVo
急速進化っつーか淘汰圧が強すぎてってかんじか
まぁ進化なんだけど

5: 2016/08/31(水) 12:20:39.49 ID:0NLRYki7
種の危機的状況が起こると一気に進化するのかもしれないね。

どうやって検知して個体の遺伝子変化を誘発してるのかはわからないけど。

8: 2016/08/31(水) 12:47:43.69 ID:spEf/rWi
自分は、高校の時、生物を選択していた程度の知識しかないんだが、
それでも、進化というのは、もっと途方もない時間をかけて、ゆっくり起きるものだと思っていた。

事実、シーラカンスなどのように、長年姿を変えない種もいる訳だし。

しかし、今回の研究では、進化が急速に起こっている事に驚いたな。

54: 2016/09/01(木) 05:22:44.50 ID:wbXOERwV
>>8上野の科学博物館には公害で樹木の色が黒くなったため僅か100年で白から黒に進化した蛾の標本が展示してあるよ。

9: 2016/08/31(水) 12:48:05.38 ID:spEf/rWi
人間でも、このような短期間の進化や適応は見られるのだろうか?

例えば、中世の時のペストや、新型インフルエンザの流行の時など。

11: 2016/08/31(水) 13:00:58.96 ID:sXasJ3iO
進化ではなく突然変異だが、ペットの品種改良なんかも数十年単位でしょ

12: 2016/08/31(水) 13:01:37.32 ID:2hdCpRHl
発症すると顔面が崩れ、噛みついて伝染して致死率100%か
ゾンビみたいで怖い

13: 2016/08/31(水) 13:06:26.48 ID:gI7SbLW7
20年後、立ち上がって言葉をしゃべるようになる。

14: 2016/08/31(水) 13:07:13.90 ID:8beGzrUs
エイズに耐性ある人間もいるんだから
今だって世界中にエイズ感染しても生き残る人がいる
それを短期間の間に起こった進化と言われても違うよね

15: 2016/08/31(水) 13:07:22.91 ID:TL1RS/rC
癌って案外未知のウィルスが関係してたりするかもな。

23: 2016/08/31(水) 14:19:47.72 ID:sww8qt5v
>>15
なめらかな曲線ではなく、階段状で右上がりに進んでいくと考えるほうが正しい
地球の歴史上、何度かあった大量絶滅の後必ず種が爆発的に増えている
病気や自然環境の劇的な変化こそ「進化」の推進力

16: 2016/08/31(水) 13:13:46.08 ID:spEf/rWi
人間も、現在進行形で、何か進化しているのかな。

31: 2016/08/31(水) 14:55:30.26 ID:i8+QQpQ+
>>16
日本人はこの数年の間に、急速に進化しているよ。
あれほど「放射能が、放射能が」って騒いだのに、
これと言って、放射線による死者が出ていない。

つまり、世界中のどの人よりも放射線に強い人間として進化しているんだよw

17: 2016/08/31(水) 13:14:31.36 ID:BvDGAcXZ
陳皮といってみかんの皮を乾燥させて漢方薬にするからな

18: 2016/08/31(水) 13:14:40.48 ID:spEf/rWi
身体的な特徴だけでなく、知能や感情面でも。

19: 2016/08/31(水) 13:16:59.57 ID:XQHNcnk9
中立進化で貯めた遺伝子プールがあって、そこに病気という淘汰圧が加わって、
一部の遺伝子群が急速に大勢を占めるようになったというお話でしょ。

23: 2016/08/31(水) 14:19:47.72 ID:sww8qt5v
>>19
これだな
突然変異のうちたまたま環境に都合の良かったものが数を増やしたり生き残る
それを人が進化と勝手に呼んでるだけ

21: 2016/08/31(水) 14:04:12.96 ID:/LXxcaqJ
人間の場合は、進化も病気と診断され治療をされてしまう。
だから今以上の進化はしないというのがもっぱらの話

43: 2016/08/31(水) 17:04:28.07 ID:ZIVipVsF
>>21
むしろ
自然界では淘汰される連中が生き残りやすくなって
全体的には弱体化していくんじゃねえの

24: 2016/08/31(水) 14:23:59.53 ID:Po2Rve2r
大人になってもラクターゼが有効のままで、つまりヤギや牛の乳を飲んでも
お腹を壊さない成人が中東/欧州で増えたのは、牧畜文化が定着し始めてから約8千年間の
‘人間の進化’(変化)の実例らしい …と何かで読んだ。

自分は20歳ぐらいの頃から牛乳ダメなんだけどw チーズやヨーグルトなら大丈夫

25: 2016/08/31(水) 14:34:06.89 ID:27AS1jKe
キリンのクビが長くなったのは病気説がまた有力になったな

26: 2016/08/31(水) 14:41:07.97 ID:uUip50XR
タスマニアデーモンに進化した

27: 2016/08/31(水) 14:42:36.23 ID:255hLhZ3
奈良の公園の植物が他の地域の同種と比べると独自の進化をとげてたって話があったな
鹿に喰われすぎた結果トゲとか毒とかが強化されたんだとか

28: 2016/08/31(水) 14:46:20.74 ID:za8HIbPi
>>1
この変異が病気に耐性を示すかは
不明って書いてあるわけで
喜ぶのはまだ早いやん

35: 2016/08/31(水) 15:07:50.99 ID:Nx6a90D9
>>28
関係ないよ。人間サイドの研究が進んでないだけの話であって
現にタスマニアデビルは絶滅せずに生き残ってる事実のほうが重要

29: 2016/08/31(水) 14:49:51.22 ID:dumL/JEq
全体の数%しかいない、感染しても生き残る個体群だけが残ったって感じだな

30: 2016/08/31(水) 14:55:20.75 ID:C9rj5b1J
タスマニアデビル耐性黄色ブドウ球菌
みたいなもんか

弱い者が淘汰され、耐性を持っているものが増殖

34: 2016/08/31(水) 15:07:07.11 ID:dumL/JEq
最初に遺伝子が変異した個体A(DNA未採取)
→ Aの子孫群B:数百体(DNA未採取)、他の個体C:数十万体(一部DNA採取)
→ 伝染病蔓延
→ Bの子孫群D:数千体(DNA採取)、Cおよびその子孫群:ほぼ全滅

耐性持ちのA由来のDのDNAと、過去に採取したCのDNAが違う
ということだろう多分

36: 2016/08/31(水) 15:19:40.47 ID:D2dIAVC1
元々耐性持ってた数千が生き残って他の数十万が死んだだけじゃねーの

37: 2016/08/31(水) 15:19:50.04 ID:dumL/JEq
初めから伝染病に耐えうる個体がインテリジェント・デザインによって創られた
全個体をそうしなかったのはあたかも自然の進化が起きているように見せる演出のため

研究者達は偉大なる知性の手の平の上・・・
もといヌードル触手の上で転がされているに過ぎない

40: 2016/08/31(水) 15:36:37.75 ID:RJ3iTtX5
ボトルネック効果の典型例じゃないのこれ

44: 2016/08/31(水) 18:04:47.49 ID:JAgHMey8
悪魔をなめるな!