1: 2016/09/05(月) 21:43:27.63 ID:CAP_USER
【プレスリリース】温泉でくつろぐ日本のオタマジャクシ:湯の中でも生きられるカエルの幼生 - 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/49872
https://research-er.jp/img/article/20160905/20160905173111.png


日本には、水温46.1度にも達する温泉に生息し成長するオタマジャクシがいます。温泉の中で生息することは、オタマジャクシの免疫システムに効用があり、その成長を促進し、淡水源の少ない小さな火山島での生存を可能にしているのかもしれません。

同種のカエルのオタマジャクシが、台湾や日本列島にあるいくつかの温泉に生息していることは以前より知られていました。しかし、今回の調査で、このオタマジャクシは両生類の幼生として、これまで記録された中で最高温度の温泉で生息していることがわかりました。この研究は広島大学と総合研究大学院大学の研究者たちによって行われたものです。

日本の温泉は年中、地元の人々や観光客で賑わっており、公衆浴場の施設内に設けられた風呂はくつろぎの場となっています。一方、研究者たちがこのオタマジャクシを見つけた場所は、長崎から真南へ約310キロメートルの東シナ海上に浮かぶ、亜熱帯の小さな島、口之島の森の中にある浅い泥沼です。

今回の研究の最終著者である広島大学の井川武助教・博士(理学)によれば、「(進化論の)ダーウィンやウォレスの時代以来、科学者たちは生物の分布とその環境適応に関する研究を続けています。我々の報告は、動物が多様な環境条件に対して見せる生理的適応力と、多様な地理的場所への定着、その二つの直接的なつながりを示す好例の一つ」と言えるそうです。

今回の研究対象となったのは、リュウキュウカジカガエル(学名:Buergeria japonica)です。このカエルは、日本の南西部に位置する火山群島から成るトカラ列島に生息する唯一の在来種両生類です。

続きはソースで

ダウンロード


引用元: 【生態学】温泉でくつろぐ日本のオタマジャクシ:湯の中でも生きられるカエルの幼生 [無断転載禁止]©2ch.net

3: 2016/09/05(月) 21:53:21.01 ID:t/Vsj/b7
>水温46.1度
ヒトでもかなりきついぞこれ

4: 2016/09/05(月) 21:54:54.39 ID:OLsch8Pf
たんぱく質は固まらんのか
すごいな

5: 2016/09/05(月) 21:57:20.57 ID:ijIrgU4v
浴槽で飼えばお湯張りボタン押すだけで水替え完了やんけ!

6: 2016/09/05(月) 21:59:37.05 ID:/53p2ao5
海水に適応したオタマはおらんの?

7: 2016/09/05(月) 22:00:03.99 ID:HQ4hKolK
何よこれ
かなりびっくりだわ

8: 2016/09/05(月) 22:03:59.66 ID:xOg7wASK
熱湯じゃん

9: 2016/09/05(月) 22:05:14.52 ID:uHIJBsdC
オタマジャクシ「イイユダナ♪」

10: 2016/09/05(月) 22:06:35.24 ID:PXWJTXwz
茹で蛙?

11: 2016/09/05(月) 22:07:14.62 ID:PXWJTXwz
タンパク質が固まるのは60度くらいでしょ

64: 2016/09/06(火) 15:55:48.60 ID:cqZwgJmG
>>11

人でいえば

42~43度で蛋白質が固まり始める

12: 2016/09/05(月) 22:07:46.45 ID:nmsO+u1T
ゆでガエルいうのが間違いで 環境に適応できるいう事だな

13: 2016/09/05(月) 22:07:49.96 ID:kR2Vp/eb
オタマジャクシでさえ風呂に入るのにオマエ等ときたら

14: 2016/09/05(月) 22:09:35.78 ID:U+a9IBLs
なお湯船に飛び込んだアマガエルは数秒で息絶えた

15: 2016/09/05(月) 22:18:01.55 ID:AioGy6jW
オタマにとっては灼熱地獄で生きてる感じじゃないの?

17: 2016/09/05(月) 22:32:18.37 ID:n/osXUBD
水銀タイプの体温計は43℃までしかなかったような

18: 2016/09/05(月) 22:38:43.07 ID:emkSO1EA
温泉タマゴに転職

19: 2016/09/05(月) 22:38:49.66 ID:lsR4L4MT
「茹で蛙」の意味が変わってしまうwww

生物ってどんな苛烈な環境にでも超適応できるもんだな。

25: 2016/09/05(月) 23:38:43.20 ID:E9ZhAKky
>>19
それ!w 国語辞典の書き換えが必要になるなw

茹で蛙w

21: 2016/09/05(月) 22:54:15.98 ID:fYr/Kctd
じきに海へ出て東京を目指し始める

23: 2016/09/05(月) 23:10:30.74 ID:oun4mWFX
こんな写真1枚じゃ湯なのか水なのかわからん
横に温度計でもつっこんどけよ

24: 2016/09/05(月) 23:25:29.40 ID:W1xp+NnB
餌はどうするんだろ?

57: 2016/09/06(火) 14:15:15.36 ID:FVICWanX
>>24
そこだよなあ
卵の時から持ってるお腹に詰まった栄養で過ごしてるのかな
脆弱な幼生のときに天敵のいない環境を求めて進化した結果の温泉なのかもしらんね

74: 2016/09/06(火) 19:01:04.32 ID:fW93lv9+
>>57
写真に写ってるような葉っぱとか食ってんじゃね?

28: 2016/09/06(火) 00:15:10.96 ID:FikT5Kts
となると、この宇宙の中には炎の中で生活する生物がいてもおかしくないな

30: 2016/09/06(火) 00:15:56.52 ID:BR4Pmoku
>>28
溶鉱炉の中に微生物おるで。

44: 2016/09/06(火) 08:30:27.35 ID:blktg8En
>>30
まじですか?

68: 2016/09/06(火) 18:22:12.78 ID:ug8BgPUD
>>28
ヨーロッパの伝承の中に存在するサラマンダーってのは泥炭の中で冬眠していた両生類で、
泥炭を火の中にくべると火の熱で春になったと勘違いして火の中から出て来るんだとさ
それを見て昔の人は火の中から出て来る火の精霊だと思ったらしい

31: 2016/09/06(火) 00:25:38.63 ID:wUar7xoA
成体はいないって、、じゃあどうやって産卵するんだよ

54: 2016/09/06(火) 14:05:23.11 ID:+gHR4jkv
茹でガエルは過去の話になりそうだ。