1: 2016/09/12(月) 07:25:56.52 ID:CAP_USER
光吸収の自在制御が可能な金属カルコハライドの低温合成法を開発 -フレキシブル太陽電池や発光ダイオードへの応用に期待- — 京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/160907_1.html


本文:

 国奥広伸 工学研究科博士課程学生、東正信 同助教、阿部竜 同教授は、新たに開発した低温合成法を用いて、可視光から近赤外光まで光吸収が連続的に変化するビスマス系カルコハライドを合成しこれらが太陽電池材料として有望な性質を示すことを実証しました。

 本研究成果は2016年9月7日、「Scientific Reports」に掲載されました。


研究者からのコメント

 これまで太陽電池などへの応用が期待されながらも、その合成が難しかったビスマス系カルコハライドを、室温で合成したビスマスオキシハライドを原料に用いることによって、驚くほど低温かつ短時間で合成できることを世界で初めて見出しました。この合成法をビスマス系以外の金属系に展開することによって、これまで合成例が無いカルコハライドの新規合成にも繋がる可能性を有しており、太陽電池や発光ダイオードに用いる光機能性材料のライブラリー拡大に貢献できるものと考えています。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【材料科学】光吸収の自在制御が可能な金属カルコハライドの低温合成法を開発 フレキシブル太陽電池や発光ダイオードへの応用に期待 [無断転載禁止]©2ch.net

スポンサーリンク
4: 2016/09/12(月) 08:20:55.64 ID:3sTo9iL1
電力会社の電力の買い取り価格が引き下げられる。

5: 2016/09/12(月) 09:23:26.87 ID:PCVg/8Zb
これを開発した事で、どれだけのエネルギーを電気として変換出来たのかを示せ

6: 2016/09/12(月) 10:00:31.73 ID:aifQukVN
>"カルコハライドとは"との一致はありません。

かなり専門性高い用語のようだな
オキシハライドは2個出る

8: 2016/09/12(月) 11:05:02.09 ID:DnLuD9nb
>>6
カルコゲン(硫黄とかセレンとか)とハロゲン(フッ素とか塩素とか)を含む化合物ってことかと

7: 2016/09/12(月) 10:25:48.77 ID:0AGE6bJ5
ハンダ付けすると熱でダメになりそう

12: 2016/09/12(月) 17:07:03.88 ID:ex0JJP9f
紫外線からガンマ線までの電磁波領域を吸収する素材の開発は?
電子に転換できる素子ならなおよし

13: 2016/09/12(月) 18:55:34.73 ID:pR9OlTCN
ビスマスて希少元素じゃないの?