1: 2016/10/08(土) 12:55:35.73 ID:CAP_USER
【プレスリリース】類人猿も他者の思考を推し量る ―アイ・トラッキングを用いた心の理解の研究― | 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/50987
Movie S1 Exp1 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=qUkk0hSrT2Q


MovieS2 exp2 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=kgYNSin3Sfc




概要

 他者の「心」を理解する能力は社会生活の基本です。この能力は、ヒト以外の動物にも存在することが知られています。しかし、ヒト以外の動物が、「他者が現実とは異なる状況を信じていること」を理解することを示した研究はこれまでなく、ヒト特有の高度な認知能力であると考えられてきました。例えば、ある人物 A が引き出しにペンをしまい外出し、不在中に他人がペンを筆入れに移したとします。帰宅した A がペンをとろうとまず探すのは引き出しでしょうか、それとも筆入れでしょうか。ペンが筆入れにあるにも関わらず、A が引き出しを探すと類推できるのは、他者が現実とは異なる状況を信じていると理解しているからです。引き出しに向かう A の思考を「誤信念」と呼びます。つまり、他者の頭の中にのみ存在する仮想現実です。

それを理解する能力があるということは、他者の心的状態を本当に理解しているという強い証拠になります。京都大学霊長類研究所 狩野文浩特定助教とデューク大学 クリストファー・クルペネ博士らは、アイ・トラッキングという視線を記録する装置を使って、類人猿がヒトと同様に他者の「誤信念」に基づき予測的な注視をすることを明らかにしました。類人猿にも、この種の高度な認知能力があることを示唆した初めての研究で、ヒトと類人猿との進化的なつながりがまた一つ明らかになりました。高い学術的なインパクトが期待されます。今回の研究は、狩野特定助教とクルペンイェ博士を筆頭著者として、京都大学熊本サンクチュアリおよび独マックス・プランク研究所で行われた国際共同研究です。論文は 10 月 7 日、Science に掲載されます。

続きはソースで

 
ダウンロード

引用元: 【動物行動学】類人猿も他者の思考を推し量る アイ・トラッキングを用いた心の理解の研究 [無断転載禁止]©2ch.net

スポンサーリンク
2: 2016/10/08(土) 13:04:04.30 ID:rmBnbp95
アイコンタクト拒否

4: 2016/10/08(土) 13:28:14.88 ID:A0YHL4fi
類人猿最強の吉田沙保里とマスコミが言っているじゃん、協力してもらえば?

5: 2016/10/08(土) 13:49:41.93 ID:AQUdscJ/
類人猿にも(特にチンパン系)人権を与えないといけないな、まあ正規の人類と同じは
無理があるから制限付き、感覚的に半分程度の人権とでも言うか。
まあ半分ネタだが半分はそうでもない。いずれそれに近い事になるのではないか。

7: 2016/10/08(土) 14:58:09.50 ID:KCD/XURY
でもチンパンジーは平気で共食いするし凶悪だし

13: 2016/10/09(日) 09:08:28.95 ID:NWlTxnGA
野生の類人猿って目を見るとケンカをするので、目を合わせないように生活してるんじゃね?

8: 2016/10/08(土) 15:50:57.24 ID:APlaZwyF
人間だって昔はやってたし
今も本質的に大差ない