1: 2016/10/15(土) 21:44:41.23 ID:CAP_USER
5600万年前に彗星衝突か=降着の微粒子発見-米大学チーム:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101500162&g=int
http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0161015at23_p.jpg


 米東海岸付近の約5600万年前の地層から、彗星(すいせい)などの小天体が地表に衝突した際に形成され、降着したとみられる微粒子を多数発見したと、米レンセラー工科大などの研究チームが15日までに米科学誌サイエンスに発表した。
 この時期は、地質年代の暁新世と始新世の境界に当たり、温暖化が急速に進んで哺乳類や陸上の植物の繁栄につながったことが知られる。主因は火山活動の活発化による二酸化炭素の放出や海底のメタンハイドレートの融解によるメタン放出と考えられているが、研究チームは彗星などの衝突も一因ではないかとしている。

続きはソースで

(2016/10/15-14:43)

ダウンロード (1)
 

引用元: 【地球科学】5600万年前に彗星衝突か=降着の微粒子発見-米大学チーム [無断転載禁止]©2ch.net

スポンサーリンク
4: 2016/10/16(日) 00:37:13.42 ID:MCex951H
調べたらこの境界の気候変動は有名らしいな

彗星でビンゴじゃね

10: 2016/10/16(日) 02:47:57.78 ID:62bnKIjS
>>4
PETMだね
https://en.wikipedia.org/wiki/Paleocene%E2%93Eocene_Thermal_Maximum
これだけの温暖化でも絶滅は起きていなくて生物の繁栄か。

そして同じ彗星の衝突でもヤンガードライアスは寒冷化の原因となったとされている。

最近は新生代でもKT境界ほどではないが数キロの巨大隕石衝突の証拠が次々と出てきてるし、
トバの倍の規模のラガリータカルデラの噴火とかもあった。

数キロくらいの隕石やVEI8程度の火山噴火じゃそれほど生物圏のダメージにはならないってことだろうな。
VEI8の火山噴火なら新生代の間に1000回は起きてるだろ。

11: 2016/10/16(日) 22:56:37.55 ID:w3n8NiPb
これって初期のディアトリマあたりが駆逐されたか?

12: 2016/10/17(月) 10:04:16.91 ID:W9HwEaUu
実際恐竜が絶滅したのはこの時期じゃないのか?6500万年前の隕石で打撃を受けとどめを刺す形で彗星が衝突したとか

13: 2016/10/17(月) 11:56:15.12 ID:8plNSZj+
>>12本文くらい読め

2: 2016/10/15(土) 21:45:24.59 ID:unYBa9sR
パンスペルミア説か

9: 2016/10/16(日) 01:30:29.31 ID:5q0Vw6v9
>>2
ダイソン球から送り込まれたナノマシーンがウイルスってオチだな
生物とかウイルスの暴走体