1: 2016/10/18(火) 17:54:32.76 ID:CAP_USER
嬉しい体験と嫌な体験は互いに抑制し合う | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20161018_1/
http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/press/2016/20161018_1/fig4.jpg
嬉しい体験と嫌な体験は互いに抑制し合う | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20161018_1/digest/


「嬉しい」「嫌だ」といった情動体験は、その体験に特有な行動を引き起こします。マウスでは、嬉しい体験は繰り返そうとし、嫌な体験にはすくみ行動(じっとその場に動かなくなる行動)をとったり、その体験を避けたりします。これまでの研究により、どちらのタイプの行動も脳内の扁桃体にある基底外側核の働きによって引き起こされることが知られていました。しかし、嬉しい体験で働く神経細胞(嬉しい体験細胞)と嫌な体験で働く神経細胞(嫌な神経細胞)が基底外側核内で混在している説と異なる領域に局在している説があり、その詳細は不明でした。

今回、理研の研究チームは、行動中に活動した神経細胞を標識する遺伝学的手法を用いて、嬉しい体験細胞と嫌な体験細胞の特徴を調べました。その結果、嬉しい体験細胞はPppr1r1b遺伝子を発現し扁桃体基底外側核の“後方”に局在し、嫌な体験細胞はRspo-2遺伝子を発現し扁桃体基底外側核の“前方”に局在していることが分かりました。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【神経科学】嬉しい体験と嫌な体験は互いに抑制し合う 嬉しい体験細胞と嫌な体験細胞は別領域に存在し、互いに抑制する [無断転載禁止]©2ch.net

スポンサーリンク
3: 2016/10/18(火) 18:20:38.52 ID:xpqFgIDb
嫌なことほど忘れにくい
ちょっとしたことで思い出す

10: 2016/10/19(水) 07:54:31.68 ID:F2w3O4fw
>>3
そうじゃないと命にかかわることもあるだろ。

4: 2016/10/18(火) 18:24:33.86 ID:+AZ1L8zV
嬉しい体験だけしたい

9: 2016/10/19(水) 05:38:00.19 ID:5twmLMa7
>>4
何らの深みもない、人の痛みを一切知らない薄っぺらのペラペラの人間としてペーラペラの人生送りやがれクズ とか言われたらどういう気持ち?
と、嬉しくない体験をさせて深みを増してあげました ありがたく思えよバーカ 
と、

6: 2016/10/18(火) 18:47:32.50 ID:G3sUtI1g
互いに抑制しあわなかったら、
嬉しいのに同時に嫌だという感情が共存する場合があることになってしまう。

しかし、人間にも電気ショックを与えて、ブラック企業に出社することも
嫌だと思わないように精神医学が「治療=調教」する時代が来るのだろうか?

7: 2016/10/18(火) 19:15:11.06 ID:qxFunHxh
“互いに抑制し合う”ってのがよう分からんけど
嬉しかったら嫌な気分が減るってこと?

8: 2016/10/19(水) 00:23:46.77 ID:EDZLMXOw
2回目のノーベル賞あるかもね。

12: 2016/10/19(水) 17:18:25.45 ID:ldqGKMEa
扁桃体基底外側核なんて小さな部位なのに、そこちょっと突かれただけですごい影響がありそう