1: 2016/11/10(木) 15:10:43.22 ID:CAP_USER9
初の臨床研究で約7割の末期がんが改善した

http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/2/0/1140/img_208dbcb117584576539d468925f74234423977.jpg
6カ月のケトン食療法を行った70歳・女性の事例。(左):2014年8月、肺の右上に22×28mmのがんを認める。
(右):4カ月後の同年12月には同部位の腫瘍が完全に消失(写真:著者提供)

がん細胞は、ブドウ糖をエネルギー源とする――。これは、1931年にノーベル生理学・医学賞を受賞したオットー・ワールブルグ博士が、マウスの「癌性腹膜細胞」を用いた実験で解明し、1923年からの一連の論文で発表したものです。

2人に1人ががんに罹患し、3人に1人ががんで亡くなるとされる中、今日のがん治療の大きな問題点といえば、この90年以上も前に発見された事実が、まったく生かされてこなかったことに尽きるでしょう。

今では、がん細胞は正常細胞の3~8倍ものブドウ糖を取り込まなければ、生命活動を維持できないことも分かっています。
その理由は、2つ考えられます。1つは、がん治療の現場において、患者の栄養管理や食事指導内容が軽視され続けてきたこと。
そして、もう1つは、糖質の代名詞である炭水化物が、私たちが生きていくために必要な、3大栄養素の中核を担ってきたことです。

確かに、私たち人間の生命活動は、糖質が体内で分解されてできる、ブドウ糖を主なエネルギー源にしていると長く考えられてきました。
しかし、結論から先に言えば、ブドウ糖が枯渇すると、人間の体内ではブドウ糖に代わる、緊急用のエネルギーが生み出されます。
それが、私ががん治療の鍵としている「ケトン体」という酸性の代謝物質です。

このケトン体は、皮下脂肪や内臓脂肪が分解されることで産生されます。そして、正常細胞がケトン体をエネルギー源にすることができるのに対して、がん細胞は基本的にそれができません。がん細胞には、ケトン体をエネルギーに変える酵素が欠けているからです。

ここに、がん治療の大きなヒントが隠されています。がん細胞といえども、普通細胞と同様に、栄養源を絶たれれば死滅への道を辿らざるを得ないからです。

ケトン体のすごいところは、単にがん細胞の栄養源を絶つことだけではありません。がんを誘発する酵素(β-グルクロニターゼ)の活性を低下させるなど、それ自体に抗がん作用があることが、動物実験などで解明されています。

さらに、がんの発生起源と考えられる乳酸を除去し、ミトコンドリアの活性化を促す「長寿遺伝子」のスイッチを入れる働きがあることも、最近になってわかってきました。

続きはソースで

http://toyokeizai.net/articles/-/144042 
ダウンロード (1)


引用元: 【医療】がん細胞を兵糧攻め!「究極糖質制限」の威力 [無断転載禁止]c2ch.net

4: 2016/11/10(木) 15:13:30.56 ID:j6J8UEWg0
米農家終了のお知らせ

5: 2016/11/10(木) 15:14:31.28 ID:AtQj6dC90
持久戦なんですね^^

癌くんの方が強かったりしてw

63: 2016/11/10(木) 15:58:44.12 ID:TD0rkG9R0
>>5
糖質制限でも食えるものはたくさんあるから別に我慢大会にはならんよ

6: 2016/11/10(木) 15:14:52.26 ID:OalleaDs0
空腹時の口臭がケトン臭

7: 2016/11/10(木) 15:15:07.98 ID:04YPNCJ/0
>>1
もう抗がん剤は要らない。

10: 2016/11/10(木) 15:16:08.84 ID:04YPNCJ/0
ベジタリアンのススメ

11: 2016/11/10(木) 15:16:10.18 ID:vo7xkRbE0
脳はどうすんだ

57: 2016/11/10(木) 15:56:10.49 ID:jIDiew9X0
>>11
脳はケトン体を栄養源にできる

12: 2016/11/10(木) 15:16:14.48 ID:U/aP6RTc0
肉とサプリだけで生きれば自然治癒も可能ってことか?

13: 2016/11/10(木) 15:17:40.20 ID:04YPNCJ/0
海老蔵氏へ教えてあげよう

14: 2016/11/10(木) 15:18:08.97 ID:geL59BOc0
おそらく正常な細胞も兵糧攻めにあっていると思う。
それからガン細胞はなんでもかんでも悪と思い込んでいるようだが、無害なガン細胞もたくさんあると思う。

239: 2016/11/10(木) 18:50:50.39 ID:I14Q9kP60
>>14

正常細胞はケトン体を使うから問題ない。

15: 2016/11/10(木) 15:18:11.52 ID:xQiUACXv0
動物の癌にはどうなんだろう
ペットならあれ食いたいこれ食いたいと言わないだろうし

28: 2016/11/10(木) 15:27:03.33 ID:lfzZJk/x0
>>15
ペット飼ってる人の間ではもう10年以上前から当たり前の話

17: 2016/11/10(木) 15:19:33.74 ID:lujnwfR+0
>この極端な糖質カットによる免疫栄養ケトン食を
>すべての患者さんに実施できるわけではありません。
>肝臓にがんの原発巣(最初に発生したがん)を抱える患者さんや
>先天的な要素が関係するⅠ型糖尿病の人には
>適用することができないのです。

ソースの奥に書いてあった

19: 2016/11/10(木) 15:20:54.08 ID:8XYKDJgZ0
これってダイエットでもやるやつか。糖質制限でガンが死ぬとか
びっくりだな。

20: 2016/11/10(木) 15:21:03.76 ID:U/aP6RTc0
しかも長寿になるんだろ
健康体ならリスキーだが闘病中なら試してみる価値は有るかもな

22: 2016/11/10(木) 15:22:36.94 ID:uX4qs21O0
内臓とかに影響でそう

23: 2016/11/10(木) 15:22:57.12 ID:2VCmAa8I0
これで治るなら抗がん剤とか一切いらないって話になるんじゃ

27: 2016/11/10(木) 15:26:44.47 ID:A3YiL8AE0
>>23
医者が潰しに来るだろうな

32: 2016/11/10(木) 15:30:19.58 ID:UxHsg5KY0
>>27
アホか、製薬会社だろ。医者は有効だったらそっちに切り替えるだけよ。

78: 2016/11/10(木) 16:13:28.96 ID:2FtmOv8z0
>>23
抗がん剤治療の効きを助けると1に書いてあるわけだが

31: 2016/11/10(木) 15:29:02.01 ID:rrCWnprZ0
ケトン体の食事は、てんかん患者の治療用として昔からあるだろ。
そういう意味では安全性は心配ないだろ。

ただ、てんかん患者でケトン体食を摂取しているとガンにならない、って話は聞いたことないな。

33: 2016/11/10(木) 15:31:03.09 ID:5Qofq8q50
いくら糖質制限しても血糖値はある程度(下限値付近)は維持されるんです。
だから、糖質制限食してもがん細胞に糖分が行かないわけないんです。

42: 2016/11/10(木) 15:41:35.99 ID:kqgwdRS40
>>33
ガンが並外れて大食らいだから血糖値の下限だと維持できないってことじゃないの?
そのへん書いてないからなんともいえないけど

34: 2016/11/10(木) 15:31:59.06 ID:HW048DtH0
なるべくガン細胞が栄養にしくい形で栄養を摂取することには意味があると思う
しかしガン細胞は先日ノーベル賞を受賞したオートファジーなどを利用して、
周辺の筋肉などをアミノ酸に分解し、栄養にしていると思われる
こうした機能までカバーしていかないと根治まではいかない

50: 2016/11/10(木) 15:49:37.79 ID:a5S/nhy00
米などの炭水化物はエネルギー源ではあるけど取りすぎは良くないからね。
俺も最近炭水化物は意図的に減らしてる。

54: 2016/11/10(木) 15:54:44.09 ID:rI8EwDpp0
ケトンを外部から供給できれば完治だな
はよ