1: 2017/01/06(金) 15:58:50.99 ID:CAP_USER
2017年1月6日(金)15時20分
埴岡健一(国際医療福祉大学大学院教授)※アステイオン85より転載
"
 論壇誌「アステイオン」85号(公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会編、CCCメディアハウス、11月29日発行)は、「科学論の挑戦」特集。
同特集の埴岡健一・国際医療福祉大学大学院教授による論考「『科学』はどこにあるのか?――科学技術政策の『忘れ物』」から、一部を抜粋・転載する。
 同特集の責任編集を務めた中島秀人・東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授は、福島の原発事故への科学論者の対応の鈍さを例に挙げ、
「現実社会から切り離された『科学論』も危機にあるのではないか」と巻頭言に記す。そして特集の1本目となるこの論考で、埴岡氏は科学技術政策の評価をテーマとしている。
 埴岡氏は「科学技術」の科学と技術を別に扱う仕組みが確立されていないことを問題視し、議論の整理のため、「科学は真実の探求を旨とし、
技術は社会での利用を旨とする点」を分水嶺として、科学を「科学的科学」と技術寄りの「科学的技術」に、技術を「技術的科学」と「技術的技術」に区分。
この4区分から見えてきたのは、政策の根幹にあるはずの科学技術基本法に「科学」が"ない"ことだった。そしてマスメディアでの扱われ方においても、同様の傾向がみられたという――。
"

続きはソースで

(写真)
「アステイオン」85号より
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/01/post-6670_1.php

images


引用元: 【科学論の挑戦】新聞は「科学技術」といいつつ「科学」を論じ切れていない[01/06] [無断転載禁止]©2ch.net

スポンサーリンク
3: 2017/01/06(金) 16:00:21.79 ID:N4uVV/el
宣伝広告の新聞では、真実が報じられない

4: 2017/01/06(金) 16:02:55.73 ID:sXFSaSAn
 人の仕事を評論しているばかりで、科学に関係ない輩がおおすぎる。

5: 2017/01/06(金) 16:10:19.40 ID:CAxwk+fo
科学技術は厳格に示せるが、科学と概念で言うと範囲が曖昧すぎて
非科学な面も入ってくるのを理解できない奴が多い。

非科学なやつが科学と主張するのが「未来科学」でそれはSFでは?と
突っ込めば、SF(創作)ではなく現実になる科学であるとオカルトめいた
論理に傾く。

6: 2017/01/06(金) 16:17:46.68 ID:TQJ9ANaV
そりゃ文字数制限ありで素人にも分かるように解説記事書くとなると、色々とごまかした表現になるよ

7: 2017/01/06(金) 16:36:21.46 ID:XLUiGfOt
>>1
理学部系は真理の探究がメインだから金とか実用の話から離れるのはしかたない。
工学部系は実用の研究がメインだから商売に役立た(実益が)ないと意味がない。

9: 2017/01/06(金) 16:48:18.86 ID:nRQrsKtu
理系脳と文系脳に分かれちゃってるからしんどいだろ。
中間脳を育成しないと。

10: 2017/01/06(金) 16:48:55.84 ID:gLLApMVF
そもそも文系が事象を正しく把握できた試しがない

11: 2017/01/06(金) 16:58:05.59 ID:0iVUszrz
統計資料の解釈についても、相関関係と因果関係の区別がついておらず、ミスリードを招いている。

78: 2017/01/07(土) 04:21:36.86 ID:Ifiex0Wv
>>11
これはある
さらに悪いことにデタラメ統計でお粗末結論に至るものもある
考察・議論がないのは多少はしょうがないだろうが

12: 2017/01/06(金) 17:06:16.58 ID:7+p9LNgd
新聞記者が科学を論じたってめちゃくちゃな結論にしかならんだろ

13: 2017/01/06(金) 17:16:44.38 ID:aVpVlLib
新聞は科学者じゃないんだから科学を論じきる必要はない
科学とその周囲をとりまく状況との関係を論じればいい

たとえば20年前まで世界の最先端をぶっちぎっていた日本のレーザー核融合は
なぜ足踏みし続けているのか?とか

73: 2017/01/07(土) 02:19:19.76 ID:2vAN+U6l
>>13

>たとえば20年前まで世界の最先端をぶっちぎっていた日本のレーザー核融合は
>なぜ足踏みし続けているのか?とか

アメリカは軍事的側面が大きかったから機密に指定されて発表できなかっただけで
日本と少なくとも同レベルかそれ以上だったよ。
冷戦崩壊でバタバタ出てきてた

14: 2017/01/06(金) 17:23:56.15 ID:7p7McMLS
じゃあ理系が新聞社でも役所でも勤めればいいじゃん
好き勝手に研究だけやってて正しく理解されてないって文句言ったって
片手落ち

15: 2017/01/06(金) 17:31:28.86 ID:nJWT9KvQ
日本人のオタク気質は科学に向いてる

16: 2017/01/06(金) 17:33:07.67 ID:1L7rskfd
× 理系人材が育たない日本の硬直した科学教育
○ 文系教育部が、理系を育てた結果

19: 2017/01/06(金) 18:43:44.41 ID:gAJcdKMQ
現象を観察し、仮説を立て、実験を行い、現象を再現する。

そう言う科学的な手法自体を理解してない奴が多い。
文系(と呼ばれる人たち)は確かに論理的に物事を考える人が多い。だが、頭の中で考えたことがそのまま現象になると思っている脳内ファンタジーな人も多い(数学者と理論物理の人もそうだけど)。

23: 2017/01/06(金) 19:16:01.30 ID:Oxe+OYoy
>>19
そうそう
科学という概念はどうでもいいが再現性が担保されていないものを「科学」と呼ぶべきじゃない
普遍性があるものとないものの区別が付いてないやつが多すぎる

20: 2017/01/06(金) 18:52:48.07 ID:Idq6N4W2
社会福祉を実行するためには、産業、経済を活性化して
社会を豊かにしなければならない

儲からない研究をやるためには、儲かる研究をやって
社会を豊かにしなければならない

21: 2017/01/06(金) 19:07:32.58 ID:Oxe+OYoy
とりあえず科学的と言っとけば納得するからな

28: 2017/01/06(金) 19:36:53.12 ID:m76EE6So
>>1
まず無駄な文章削れ。
発泡酒を2リットルの水で薄めたような中身の無さだわ。

29: 2017/01/06(金) 19:39:27.98 ID:PwuGpBYL
>>28
例えが斬新で評価する

106: 2017/01/09(月) 13:36:41.33 ID:gMS2GrFY
>>28
>発泡酒を2リットルの水で薄めたような中身の無さだわ。
良く分からんが、オリジナリティ溢れる表現方法だし、俺も真似させて貰う。

30: 2017/01/06(金) 19:45:00.81 ID:Jgqj+j9j
>>1
>科学は真実の探求を旨とし、技術は社会での利用を旨とする点」を分水嶺として、
>科学を「科学的科学」と技術寄りの「科学的技術」に、技術を「技術的科学」と「技術的技術」に区分

正直、詭弁にしか見えない。「白馬は馬にあらず」のたぐいの。
あと、俺は「真実の探求」と「社会での利用」は本質的に不可分だと思ってたけどな
さらに言えば、この考え方だと、医学なんかは科学ではなく技術に分類される。
なんか、この考え方は間違っている、もしくは無意味なように思える。

31: 2017/01/06(金) 20:08:21.60 ID:2JG4p2RB
爆笑問題の科学を扱った番組酷かった
天文学や物理学は最初に言った者勝ちとか抜かした
その番組自体によるフォローも無し

相手の科学者も科学とは何かを説明出来なかったのも痛い

科学の定義をちゃんと伝えろよ

33: 2017/01/06(金) 20:48:40.16 ID:Gyqv0xuy
そろそろ科学が「魔法」の一学科に過ぎないことを思い出すべき。
見えていない事柄を無視し続けていては近い将来科学は行き詰まる、と言うか瓦解する。

35: 2017/01/06(金) 21:24:01.37 ID:R56X/aPT
論じる必要はないけど
思い込みや間違った解釈を垂れ流すのはやめた方がいい

38: 2017/01/06(金) 21:44:45.41 ID:jdfl9J4U
科学者は国民の税金で研究してるわけだから科学者が国民の意見に従うべきだな

39: 2017/01/06(金) 21:53:41.80 ID:LYGaq1NN
>>38
その「国民」とやらが研究の価値を正しく判断出来るならな
 

54: 2017/01/06(金) 23:04:25.30 ID:bBfFw0wz
真理の探求なんて前世紀で終わった話
科学はそんな幼稚なものではない