1: 2017/01/08(日) 23:58:01.24 ID:CAP_USER
5200万年前のホオズキ=新種の化石発見-アルゼンチン

アルゼンチン南部の約5200万年前の地層からホオズキ類の化石が見つかり、新種に分類したと、米ペンシルベニア州立大などの研究チームが8日までに米科学誌サイエンスに発表した。
実を包む袋状のがくが、化石として発見されるのは珍しい。

この化石の種名は、南米南部のパタゴニア地方が「世界の果て」と呼ばれることから、ラテン語で同じ意味の「インフィネムンディ」と名付けられた。
ホオズキ類は袋状のがくが水に浮きやすく、内部の実が守られるため・・・

続きはソースで

(2017/01/08-04:54)

▽引用元:時事ドットコム 2017/01/08-04:54
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017010800007&g=int

アルゼンチンの約5200万年前の地層から見つかったホオズキ類の化石。新種に分類された(エヒディオ・フェルグリオ古生物学博物館提供)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017010800007&g=int
ダウンロード


引用元: 【古生物】アルゼンチン南部の5200万年前の地層からホオズキ類の化石発見 新種に分類/米ペンシルベニア州立大など ©2ch.net

スポンサーリンク
3: 2017/01/09(月) 00:17:03.16 ID:3yuVLwMl
ナス科の地上絵もあるし。

8: 2017/01/09(月) 10:36:12.55 ID:L/HJjWt+
>>3
定番ネタw

4: 2017/01/09(月) 00:22:29.59 ID:NX18+37+
古細菌は地中深く生きる生態系 無酸素・太陽光無しで生存しメタンを排泄する
化石燃料と呼んでいた地中資源は古細菌生態系の生態が残したものだったのだ
メタン系はこうして循環していたのであり 化石燃料枯渇説は否定された
その証拠にアメリカは堂々と古細菌に栄養を与えてシェールガスを得ており
日本でも古細菌のいる地層まで二酸化炭素を送り込むプロジェクトが行われている

5: 2017/01/09(月) 00:30:08.83 ID:zuIZDC9K
えー、そういうの新種って言うんか?

7: 2017/01/09(月) 03:51:00.69 ID:+4MS+cgU
>>5
新しく出来た種が「新種」では無く、新たに分類分け出来たものが「新種」

9: 2017/01/09(月) 12:53:31.97 ID:n0UrAiHx
あと意外と知られてないのは
野菜とか花とかの草は元は大きな木でそこから
小さく進化してきたらしいけど
(小さな草から木に進化したと思ってる人が多い)

10: 2017/01/09(月) 14:22:11.24 ID:L/HJjWt+
>>9
言いたいことは大筋で分かるが突っ込みそうになる表現だなw

被子植物の全ての科に木本の種類がかつてあったように思えてしまうなあ

まあ、最も初期の被子植物はセンリョウとかのような雌しべが1枚の葉が胚珠を包んでるだけの植物で、
それが木本だった、という言い方なら分かる

11: 2017/01/09(月) 16:24:57.07 ID:n0UrAiHx
被子植物の草は元は全部木だったらしいけど
(巨大なシダ植物が裸子植物の木になって被子植物の木になってから草になった)

12: 2017/01/09(月) 17:26:21.02 ID:uhfknq0D
姉妹群である裸子植物がほぼすべて木本、初期に分岐した被子植物がほとんど木本だというのを考えると最初の被子植物も
木本だったと考えるのが妥当なんだろうね。
ただ単子葉植物は初期に分化したグループが既に草本なので原始的な被子植物で既に草本化があってそこから進化したのだろう。
しかも二次的に木本化した種もある。
真性双子葉植物でもキク科なんかは二次的に木本化したグループが現れてそうだが。

6: 2017/01/09(月) 02:35:12.89 ID:N/LMM/Bq
5200万年前

気が遠くなる、、、。