1: 2017/03/11(土) 00:23:27.83 ID:CAP_USER
世界で初めて長期埋め込み可能な人工硝子体を開発

東京大学大学院工学系研究科の酒井崇匡准教授(バイオエンジニアリング専攻)と筑波大学医学医療系の岡本史樹講師(眼科学)は、JST課題達成型基礎研究(さきがけ)の一環として行った共同研究により、長期埋め込み可能な人工の硝子体の開発に世界で初めて成功しました。

網膜のさまざまな疾患に対して行われる硝子体手術では、硝子体置換材料が必須です。
従来の材料であるガスやシリコンオイルなどは疎水性であるため生体適合性が低く、長期の使用には適さないことから、長期的かつ安全に置換可能な人工硝子体材料の開発が望まれていました。

また、眼の透明組織としては、水晶体と角膜は人工物が開発されていましたが,人工硝子体は未だ開発されていませんでした。

本研究グループは、新たな分子設計により、生体内に直接注入可能な、含水率のきわめて高い高分子ゲル材料を作製し、人工硝子体として有用であるという結果を得ました。

今後、網膜疾患を含む眼科系疾患の治療に役立つことが期待されます。
将来的には、癒着防止剤、止血剤、再生医療用足場材料等への応用も期待されます。

続きはソースで

▽引用元:筑波大学 2017/03/10
http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201703101400.html

図 ウサギを用いた動物モデルにおいて、硝子体を切除した後に本ゲルを眼内に充填し、1年以上にわたる安全性を確認した。
充填後、既存のゲルでは眼内が混濁するが、新たなゲルは透明のまま。
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/170310-1.png
images


引用元: 【医学/眼科】世界で初めて長期埋め込み可能な人工硝子体を開発 新たな分子設計により含水率の高い高分子ゲル材料で作製/筑波大など©2ch.net

スポンサーリンク
2: 2017/03/11(土) 00:31:24.14 ID:RnLDFKHH
中にコンピュータを埋め込もう

5: 2017/03/11(土) 01:02:20.52 ID:rKD1u7Sy
これで近視が治りますか?
教えてエ◯い人

7: 2017/03/11(土) 01:24:37.28 ID:mVbHXQw3
>>5
眼の屈折は角膜と水晶体でほとんど決まるから、硝子体をいじってもダメだろう

6: 2017/03/11(土) 01:12:48.36 ID:0Ih00jcj
画像素子と8Kグラフィックエンジンを眼球に埋め込み

8: 2017/03/11(土) 02:15:00.86 ID:3HZDd2bi
これ目に入れてんのか
人体実験とちゃうの?

14: 2017/03/12(日) 04:16:50.09 ID:xXttOVg9
>>8
ウサギだろ

10: 2017/03/11(土) 06:15:27.31 ID:BEBISQDG
飛蚊症が治るってこと?

13: 2017/03/12(日) 00:57:27.03 ID:zfqBGaBX
>>10
人工硝子体など使わなくても、硝子体切除して眼灌流液に置換すれば飛蚊症は治る
でも病気でもない生理的な飛蚊症のために、ふつう手術はしない
肌に小さなシミがあっても、いちいち手術なんかしないのと同じ

11: 2017/03/11(土) 19:47:34.32 ID:DswN39Oy
>角膜は人工物が開発されていましたが

マジで!!

12: 2017/03/12(日) 00:12:38.95 ID:3ptSjYMi
>>11
人工角膜は手術中に使うだけ
長期留置は無理だから語弊があるね

9: 2017/03/11(土) 02:32:21.57 ID:BTUxjfIk
ほーんすごいな