1: 2017/03/11(土) 00:36:49.47 ID:CAP_USER
「 がんが生体内で治療抵抗性を獲得するメカニズムを解明 」 ― 薬剤耐性肝がんの新たな治療法開発への期待 ―

【ポイント】
・抗血管新生剤によるがん治療は、初期には有効であっても、やがて治療抵抗性を獲得し 再発・進行することが問題となっています。
・本研究では、生体内で肝がん薬剤耐性株を作成することに成功し、抗血管新生剤の治療抵抗性にエピゲノム変化が関与することを世界で初めて明らかにしました。
・本研究の成果により、肝がんの薬剤耐性を克服する新規治療法開発への応用が期待されます。


東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 分子腫瘍医学分野の田中真二教授、島田周助教、秋山好光講師、大畠慶映大学院生の研究グループは、同肝胆膵外科学分野の田邉稔教授との共同研究で、肝細胞がん(肝がん)において生体内で抗血管新生剤の耐性株を作成することに成功し、治療抵抗性を獲得する分子メカニズムを世界で初めて明らかにしました。
この研究は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)「次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム」(P-DIRECT)および「次世代がん医療創生研究事業」(P-CREATE)、高松宮妃癌研究基金研究助成金ならびに文部科学省科学研究費補助金のもとにおこなわれたもので、その研究成果は、米国癌学会雑誌 Molecular Cancer Therapeutics(モレキュラー キャンサー セラピューティクス)に 2017 年 2 月 28 日午前 10 時(米国東部時間)にオンライン版で発表されます

続きはソースで

▽引用元:東京医科歯科大学 プレス通知資料 平成29年2月28日
http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20170301.pdf
ダウンロード (1)


引用元: 【医学】がんが生体内で治療抵抗性を獲得するメカニズムを解明 薬剤耐性肝がんの新たな治療法開発への期待/東京医科歯科大©2ch.net

スポンサーリンク
3: 2017/03/11(土) 00:42:07.31 ID:yhQ8zFBg
実用性が10年後の話ね(笑)

7: 2017/03/13(月) 10:04:31.01 ID:8AAhBpNA
>>3
いるよなーこういうヤツ…

5: 2017/03/11(土) 19:19:06.16 ID:vlW+sjoh
いちいち実用性突っ込むとか科学に関わってる人間なんだろうか
素人なら口を出すなと

8: 2017/03/13(月) 10:09:33.13 ID:RiNOPT/D
何かが遺伝子を操作してるってこと?

9: 2017/03/14(火) 20:43:43.45 ID:uB6hQnog
そんな事よりイタリアの医者が言ってる癌は真菌が原因で重曹で癌が治るとか言うの本当っぽいから日本でも検証してよ

11: 2017/03/15(水) 23:23:38.68 ID:cMBgerJc
>>9
日本でやろうとしたが、圧力で断念したよ

4: 2017/03/11(土) 00:50:54.81 ID:5NrW1C8C
早く開発を