1: 2017/03/15(水) 20:02:40.76 ID:CAP_USER9
忍者を生み出した地として双璧をなす「甲賀」と「伊賀」。両地(現在の滋賀県甲賀市と三重県伊賀市の一帯)に伝わる忍術をまとめた“集大成”の書とされるのが「万川集海(まんせんしゅうかい)」だ。江戸期の作とみられるこの秘伝書について現代語訳、読み下し文、原文を収めた750ページ近い大作「完本 万川集海」(国書刊行会)が近年刊行された。
著者は、古文書を収集し忍者を研究している山口県の医師、中島篤巳さん(72)で、忍者が水面を移動する際に使う道具「水蜘蛛(ぐも)」の使い方など、通説とは異なる興味深い“真実”も明らかにしている。中島さんは「江戸時代でも、甲賀と伊賀の忍者は公権力に不可欠な『誇るべき存在』だったことがわかる」と話す。

■「水蜘蛛」はこうやって使う
 中島さんが完本のもとにした国立公文書館内閣文庫の蔵本の万川集海は、忍術を伝える22巻と兵法書である「万川集海 軍用秘記」からなる。22巻の中には、「家忍之事」(第13巻、家の中に忍び込むこと)や「忍夜討」(第15巻、夜襲すること)といった特殊任務から、「登器」(第18巻、壁などを登る道具)や「火器」(第21、22巻、火薬や火を使った道具)などの忍器まで広く紹介している。

 万川集海に記された特殊な道具やさまざまな忍術は、現代の研究者だけでなく、忍者に関心のある人にとってもまさに「宝の箱」で、詳しく知れば新しい発見も。

続きはソースで

産経
http://www.sankei.com/west/news/170315/wst1703150002-n1.html
画像
http://www.sankei.com/images/news/170315/wst1703150002-p1.jpg
images


引用元: 【研究】忍者の「水蜘蛛」、水面を歩く道具ではなく、浮き輪のように使っていた可能性©2ch.net

スポンサーリンク
3: 2017/03/15(水) 20:03:55.99 ID:7M/Q3Qn90
え??

4: 2017/03/15(水) 20:04:09.82 ID:xmxuL6Jn0
せやろな

5: 2017/03/15(水) 20:04:48.21 ID:vFT6SSjx0
ずいぶん前に解明されてなかったか?

6: 2017/03/15(水) 20:06:10.16 ID:vtx5tHBn0
サイズが分かればどっちかが明確になるだろ

10: 2017/03/15(水) 20:12:21.46 ID:PLMM5JaT0
確認も何もされてねーじゃねーかよ。
マニアの医者の妄言でしかねーじゃねーか。

121: 2017/03/15(水) 22:22:17.51 ID:pIfRj7Cw0
>>10
そもそもあれ履いて歩く姿が妄想の産物なんだが。

11: 2017/03/15(水) 20:15:45.22 ID:9IH2/sYx0
そうかも知れない
そうじゃないかも知れない

解明されたとは言い難い
面白いとは思うよ(笑)

12: 2017/03/15(水) 20:17:09.42 ID:eTPDEMjd0
そもそも忍者の道具の殆どは
現代人が 考えた使い方なんだから間違ってて当たり前

13: 2017/03/15(水) 20:17:20.97 ID:nwsL5GTY0
>>1
何回もテレビで観させられて不思議に
思ってたわ。
器用というより物理的に両足じゃ無理だろ
って、そういう風に使い方も明記されてて
鍛錬してるんだとばっかり思ってたww

14: 2017/03/15(水) 20:18:43.99 ID:K/qJn+bQ0
なんだ、忍者カッコ悪www

15: 2017/03/15(水) 20:19:07.41 ID:Pc1og5oT0
一気に現実的になったなw

16: 2017/03/15(水) 20:20:57.33 ID:M0tY27jV0
水上歩くメリットなんて無いからなあ。

60: 2017/03/15(水) 21:22:12.74 ID:UROjgxxe0
>>16
衣服があまり濡れないのは忍び込む際に重要じゃね?
頭にのせて縛ってるなら泳ぐのとほとんど変わらんな

70: 2017/03/15(水) 21:29:08.73 ID:UcUT4YYI0
>>60
竹筒で息しながら潜行してたろ

84: 2017/03/15(水) 21:42:54.30 ID:9IH2/sYx0
>>60
速攻で敵に見つかって撃沈されそう

201: 2017/03/16(木) 06:24:11.81 ID:zRP776660
>>60
水上に居るところをもし敵に捕捉されたらその時点でゲームオーバー。
竹筒で潜って潜むという概念と相反してるし、目的地まで水辺を迂回するルートが存在しないケースとかそうそうないし、
水辺の近くは葦が群生しているなど身を隠すのに適してる地形が多い。

19: 2017/03/15(水) 20:22:04.87 ID:KGyIXn5rO
浮き輪代わりにするのは、大型の別物じゃないかな?
水の上を歩くのは、刀やクナイ、火薬を濡らさない為だと思っている。

22: 2017/03/15(水) 20:26:42.35 ID:M0iBtLZ50
>>19
油紙で濡れては駄目なものは包む

216: 2017/03/16(木) 12:11:30.21 ID:Wrny3WN7O
>>22
油でぺたつく

105: 2017/03/15(水) 21:53:50.26 ID:14BXypDT0
>>19
ジップロックがあるやん

107: 2017/03/15(水) 21:59:24.13 ID:UcUT4YYI0
>>105
そんなオーバーテクノロジーが当時にあってたまるか

202: 2017/03/16(木) 06:44:24.50 ID:swlfa5Iv0
>>105
想像して吹いたw

23: 2017/03/15(水) 20:27:28.05 ID:qq4pVxq70
下駄部分が2個無いのが気になる。実は両面なのか?

26: 2017/03/15(水) 20:31:59.87 ID:sOrUCt1Q0
確かに水面を歩くにはあの2つはぶつかり合ってうるさいし歩きにくすぎるな

30: 2017/03/15(水) 20:34:14.99 ID:ifDj1F720
ちょと待て!どうしてアレで歩けると思った?

34: 2017/03/15(水) 20:36:56.61 ID:M0iBtLZ50
サスケ的には、川の両岸に糸を結び
その上に置いて術者が水面を移動するように見える
実際には向こう岸にいる協力者が糸を引っ張るという手品だったのだ

43: 2017/03/15(水) 20:46:31.18 ID:3Z11fQHP0
あんまり事実を広めるなよ
FBIとかCIAとかが嗅ぎつけるぞ

50: 2017/03/15(水) 20:57:05.41 ID:KiSCz/2OO
アホか。
あれは泥堀を渡るための一種のカンジキだ。
現代でさえ雪道歩く時にはカンジキつかうだろが。
単位面積あたりの荷重を軽くすれば泥や雪には沈まんのだ。
水だったら泳げば済むこと。

79: 2017/03/15(水) 21:37:15.10 ID:13uV3K9e0
むしろ黒装束で駆け回るよりも
農民とかに変装して情報収集とかの方が多かったようで。