1: 2017/03/23(木) 03:39:52.35 ID:CAP_USER
日本の科学研究は「失速」
論文数、5年で8%減少
2017/3/23 03:00
 英科学誌ネイチャーは23日、日本の著者による論文数が過去5年間で8%減少し、日本の科学研究は失速していると発表した。日本政府が研究開発への支出を手控えた状況が反映されたという。

 同誌は「日本は長年にわたって世界の第一線で活躍してきた。

続きはソースで

https://this.kiji.is/217342253709379067?c=39546741839462401
ダウンロード (1)


引用元: 日本の科学研究は「失速」 論文数、5年で8%減少 [無断転載禁止]©2ch.net

スポンサーリンク
3: 2017/03/23(木) 03:45:34.88 ID:xu0hKqKm
  ζ:::ミミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ζ:::::::::::ミWVr:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 {:::::::r`       ヽ::::::::::::::::::}
  {::::f          ヽ:::::::::::::::} 
  ヽ:l'``‐- ,, ,,-‐"´` ヽ:::::::::/  1位になる必要はあるんですか?
  l:|<◎>   <◎>  l::::/l  2位じゃだめなんでしょうか
   y    |       イ/ノ/
   l` /、__, )\ / レ_ノ
   ヽ { ___ }   l::/
    入 ヽLLLLレ ノ  ,仆、
  /  \ ""   / l  ヽ 
/      T''‐‐''´  /|   ヽ

4: 2017/03/23(木) 03:51:14.80 ID:I8WmKe+K
もともと質が低かったからいいんじゃないの?

有効な論文の数が確保できていれば。

6: 2017/03/23(木) 04:08:23.11 ID:PBaxvQAK
>>4
それも一緒に減るよ

14: 2017/03/23(木) 05:36:19.14 ID:epgZcmsG
>>4
そもそも、戦前から日本には北里柴三郎や野口英世や志賀潔や鈴木梅太郎や長岡半太郎や本多光太郎や
人工癌実験の山極勝三郎博士みたいなノーベル賞候補がわんさかいたが、

白人による人種差別で受賞できなかった。

湯川秀樹も1939年には物理学賞受賞候補にノミネートされてる。

33: 2017/03/23(木) 09:24:25.67 ID:6PyeiGod
>>4
提出前に誰が有効か決めるんだね

5: 2017/03/23(木) 03:51:27.55 ID:vPe2i3kv
『生産性』は高くなったらしい

7: 2017/03/23(木) 04:11:21.34 ID:3pjmUglX
たいていこういうスレでは、そんな無駄遣いするなつう奴がいる
減ったところでお前の小遣いは増えないよ、と

8: 2017/03/23(木) 04:21:07.43 ID:0NJmKtc5
少子化w

9: 2017/03/23(木) 04:24:01.71 ID:hceJLykx
ピラミッドは土台が広くがっしりこそ高く立てることが出来る
論文も同じで、上質な論文だけを増やすという姿勢では先細りを避けられない
一見役に立た無さそうな裾野を広げることが競争力の源になる

30: 2017/03/23(木) 08:31:05.65 ID:7smR4meE
>>9
同意する。
それに加えて、山の頂上を高くしないといけない。
裾野だけを広げても意味がない。

10: 2017/03/23(木) 04:51:45.07 ID:wzzMhKdY
論文を英文になおす費用が高い

一回50万円、予算が出ないと出せないよう

12: 2017/03/23(木) 05:18:03.49 ID:fwy4U9Ro
日本の伝統的な価値観だけでは勢いが維持できない
気付くの遅い
やっぱり市場原理必要なのかなあ

13: 2017/03/23(木) 05:36:13.38 ID:zxLiYlEa
01年といえば小泉改革
国公立大の独立法人化の弊害ではないの?

15: 2017/03/23(木) 05:56:09.07 ID:QieYkAEt
役に立たない論文ばかり増やしたって

意味ないことにやっと気がついたか?

16: 2017/03/23(木) 06:07:39.44 ID:3zFL1w5x
>>1

絶対数で語るのに最も不適切な分野だよね!?w

17: 2017/03/23(木) 06:16:34.89 ID:1bDrvVoY
学術研究というか大学が世界的競争力を持つ産業として成り立っているのはアメリカとイギリスくらいのもんだ。
まあ、しょうがなかろう

20: 2017/03/23(木) 06:54:48.27 ID:8voVYhQM
流行もんばかりに金が流れて基礎研究ないがしろだからなあ

21: 2017/03/23(木) 06:56:23.33 ID:rEY9JhMz
理由はざっと考えるだけで三つある。

小泉竹中改革以来、外国人研究者を大量に受け入れ優遇してきたが、
彼らが、どこで発表するかは最終的には、彼らの判断にゆだねられる
同時期にはじまった成果主義のせいで、一見、無駄な研究が根こそぎ淘汰された。

リーマンショックのころ、民間企業から減らされた予算に対応した
麻生政権の補正予算が鳩山にバッサリ切られた。
(若手研究者の進路変更と大量国外流出)

あとは小保方事件の余波と、研究職の不遇(ノーベル賞級研究でも、その研究員は、一時雇い)

25: 2017/03/23(木) 07:34:54.60 ID:z+qasBBC
>>21
>研究員は、一時雇い
それな
アメリカを見習ったみたいなんだが
次の研究職を得るためには数年で成果を出さねばならないから必死になるでしょ、的発想なんだろうが
じっくり腰を据えた研究は出来なくなった上、
それは元々職業が流動的なアメリカだから出来る話で、日本じゃ単に将来への不安要素になるだけ
これから先研究者になりたいと思う人がさらに減る要素にしかなり得ない
給料も高い訳じゃないし

23: 2017/03/23(木) 07:17:21.48 ID:byOUtwCP
米国も減ってるじゃん。
論文数競ってゴミな研究増やすよりはいいだろう。
中国の論文とかしょうもないのばっかりだし。

26: 2017/03/23(木) 07:55:16.36 ID:mZt7FrFu
過度の競争原理の導入によって、優秀な人材が逃げ出したから

27: 2017/03/23(木) 08:09:48.50 ID:x302YtLv
競争原理なんてのは魅力のある職場と失敗しても次がある状態じゃなきゃな
競争に勝っても大して待遇が良いわけでもない失敗したら非正規の負け犬扱いじゃ
みんな逃げ出すに決まってるわ

29: 2017/03/23(木) 08:27:57.33 ID:9aYAsazn
ノーベル賞級の研究は、目先の成果を追いかける仕事からは出てこない

ところが短期的研究ができないとポストも予算も取れない仕組み

日本の科学は成果主義で沈没だな。

35: 2017/03/23(木) 09:37:58.24 ID:Gp8EpB5D
若手にとっては本当に政治のせいで自己の能力を活かせない時代が続く
生活も辛いし、中堅は糞業務に追い回される
アホな政治家どもが意識改革しないと日本の科学技術は死に体だよ

36: 2017/03/23(木) 09:38:09.77 ID:32csRxTm
そりゃ当たり前だろ

雑用ばっかりで研究時間が減ってるんだから



日本終了だね

37: 2017/03/23(木) 09:56:16.90 ID:U5YD3Moh
漫画と一緒だろ。ネタギレなんじゃね?
どこかの有能な編集担当送ってみたらどうだろう。

39: 2017/03/23(木) 11:12:29.88 ID:EmnbabFg
日本はこの分野、企業頼りじゃなかったけ
景気が悪くなったから落ちたってことじゃないの

38: 2017/03/23(木) 10:18:49.09 ID:MWuwhjm0
事業仕分けの効果は100年続くっての、マジなんだな