1: 2017/04/05(水) 00:09:07.08 ID:CAP_USER
モルヒネに似た毒持つ熱帯魚、鎮痛剤開発に応用も 論文
2017年04月01日 08:09 発信地:ワシントンD.C./米国

【4月1日 AFP】太平洋(Pacific Ocean)のサンゴ礁に生息する牙を持った小魚に、かみついた天敵をまひさせる珍しい毒があることが分かったとの論文が今週、英国とオーストラリアの研究チームによって発表された。
新しい鎮痛剤の開発につながり得る研究結果という。

この魚は「ファングブレニー」と呼ばれるイソギンポの仲間。
体長4~7センチで、観賞魚としても人気だ。
米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に掲載された論文によると、ファングブレニーの毒には天敵に痛みを与えるのではなく、体をまひさせる働きがあるという。

続きはソースで

▽引用元:AFPBBNews 2017年04月01日 08:09
http://www.afpbb.com/articles/-/3123556
 
フィリピン沖で撮影されたファングブレニーの一種。ROBERT HARDING提供。(c)ROBERTHARDING/ROBERT HARDING PREMIUM/LISA COLLINS
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/3/4/500x400/img_3465a05cd579d520fe59db26e79bba01225078.jpg
images


引用元: 【生物】サンゴ礁に生息する牙を持った小魚「ファングブレニー」 かみついた天敵をまひさせるモルヒネに似た毒 鎮痛剤開発に応用も©2ch.net

スポンサーリンク
4: 2017/04/05(水) 00:47:44.54 ID:6mugJ0tX
ギンポって分類名なんかやだな

5: 2017/04/05(水) 00:47:50.13 ID:mIN+s4Fd
サンゴ礁のギンポだと他の魚の寄生虫を食べて共生するとされるホンソメワケベラに似た
ニセクロスジギンポというのがいるな

ギンポの仲間は高緯度の方が大きくなるが、今では分類群としては多岐にわたるものの総称って扱いだな
オオカミウオとかは普通のギンポとは縁遠いらいしい

8: 2017/04/05(水) 02:26:20.31 ID:+u4fZxY+
>>1
> ファングブレニーの毒には天敵に痛みを与えるのではなく、体をまひさせる働きがあるという。

怯ませるじゃないじゃん
麻痺なら珍しいものでもないと思うが

10: 2017/04/05(水) 10:34:21.49 ID:y/TdNEFB
これ飼ってるやつ麻薬所持でひっぱれ

12: 2017/04/05(水) 12:52:07.00 ID:QylZVtmz
医療用イソギンポ論者が現れる予感・・

13: 2017/04/05(水) 13:04:16.57 ID:LqRylWG4
毒の出どころはどこなん
毒ヘビなら唾液が変化したらしいが

14: 2017/04/05(水) 16:06:31.30 ID:vCGX10In
すっっっっっげえチ◯コみてえな形してんな!

15: 2017/04/05(水) 17:24:09.99 ID:LqRylWG4
>>14
名前も似てるし

16: 2017/04/05(水) 19:27:44.76 ID:YksD5naa
浅瀬のサンゴが壊滅してこいつらが絶滅する前に発見してよかったな。

7: 2017/04/05(水) 01:42:06.68 ID:j4tphyel
海棲生物の毒って面白いな。進化も多様だし
怖いけど