1: 2017/04/07(金) 00:27:30.19 ID:CAP_USER
オニヒトデのゲノム解読

研究成果のポイント

・沖縄とオーストラリア・グレートバリアリーフの二箇所から、サンゴを食い荒らすオニヒトデのゲノムを解読(オニヒトデの全ゲノム解読は世界初)。
・5,000キロも離れた二つのゲノムが極めて似通っていることから、オニヒトデがごく短期間で広範囲に大量発生していることを示唆。
・オニヒトデは、別のオニヒトデが発する誘引物質に反応し集まることを確認。
・オニヒトデに特異なコミュニケーションの誘引物質候補を同定。
・誘引物質を受け取る側の受容体が「臭い」に関わるものであることを確認。
・生物科学に基づいた、有効なオニヒトデ駆除方法の開発に期待。
 
概要 

沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、オーストラリアの研究者と共同で、オニヒトデのゲノムを解読し、オニヒトデ同士が種に特異的なコミュニケーションに使っていると思われるタンパク質の候補の同定に成功しました。

オニヒトデは沖縄やグレートバリアリーフの海でサンゴを食い荒らし、サンゴ礁保全の観点から甚大な被害を及ぼしています。特に沖縄では、この40年以上に渡り、年平均10万匹を人の手により一匹ずつ取り除くなど、オニヒトデの駆除に取組んできていますが、こうした活動では全ての海域を守ることは困難です。
こうした中、本研究の成果により、オニヒトデの駆除及び制御に向けた生物科学的な第一歩が踏み出されたと言えます。
 
本研究成果は、英国の科学誌Natureに掲載されます。

続きはソースで

▽引用元:沖縄科学技術大学院大学 2017-04-06 ニュース
https://www.oist.jp/ja/news-center/press-releases/29805

左:オニヒトデ(COTS)右:サンゴを捕食しているオニヒトデ。捕食後、手前のサンゴのように白化が生じる。
(写真提供:左:沖縄県環境科学センター 右:オーストラリア海洋研究所(AIMS))
https://oist-prod-www.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/s3fs-public/styles/large/public/photos/COTS_fig1.jpg

▽関連
Nature (2017) doi:10.1038/nature22033
Received 21 June 2016 Accepted 05 March 2017 Published online 05 April 2017
The crown-of-thorns starfish genome as a guide for biocontrol of this coral reef pest
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature22033.html
ダウンロード


引用元: 【遺伝子学】オニヒトデのゲノム解読 別のオニヒトデが発する誘引物質に反応し集まることを確認 駆除方法の開発に期待/OIST©2ch.net

スポンサーリンク
3: 2017/04/07(金) 01:21:42.28 ID:ce6SkmWL
生殖巣が発達する時期に捕まえてたっぷりの湯で茹でて何度も茹でこぼして
サポニンを抜くと生殖巣を食えなくもない、とか言ってる人もいるが
全くお薦めできないw

サポニンならアルカリの方がよく抜けるというが生殖巣も溶けちゃうね

4: 2017/04/07(金) 01:55:36.14 ID:We60TRJh
だとしたら密度環境でオスメスが切り替わるのかな。

5: 2017/04/07(金) 08:59:22.08 ID:YXYBu1WD
このひとでなし!

6: 2017/04/07(金) 15:35:14.34 ID:Vf/tWh5m
オニヒトデって食える?

8: 2017/04/08(土) 16:34:03.99 ID:RfM0tr6y
>>6
毒があるしまずそう
肥料にはなるかな

10: 2017/04/08(土) 18:00:56.62 ID:wWLOmds3
鼻があるんだな、、、

12: 2017/04/08(土) 21:59:45.89 ID:9PHrnHgu
樹木の名前か?

13: 2017/04/09(日) 20:38:13.38 ID:QnrIrDva
オニヒトデを駆除したとしてオニヒトデを食べていた生物はなんとか生き残るのかな?
その生物が生き残れなくて珊瑚は生きていけるのかな?

9: 2017/04/08(土) 17:00:15.52 ID:PDFc1kAj
海のゴキブリほいほい。オニヒトデほいほい。